トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木下古栗

木下古栗

木下古栗さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木下 古栗(きのした ふるくり、1981年 - )は、日本の小説家。埼玉県出身。男性。ナンセンスな下ネタやシュールな展開、独特の言語センスからエロ・バイオレンス・パロディを多用する異色の作風が特徴。
2006年、『群像』2006年6月号収録の『無限のしもべ』が第49回群像新人文学賞を受賞しデビュー。2009年、大量の書き下ろし短編を含んだ初の単行本『ポジティヴシンキングの末裔』を刊行。2010年、『いい女vs.いい女』が絲山賞に選ばれ、2015年には『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』でTwitter文学賞国内編1位に輝くなど、決して高くない知名度に反して、業界内外にコアなファンを持つ。

受賞歴

木下古栗関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木下古栗関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MasafumiOhyagi木下古栗『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』
iiimiiizm@ebi_10nigiri金を払うから素手で殴らせてくれないか? / 木下古栗 https://t.co/7DXjHkq35w
makotosaino木下古栗といえば単行本にまとまっていない話が結構あるので、電子書籍でまとめるとかしてほしいところ。そのうち都立中央図書館か雑誌の所蔵が多い図書館に行ってまとめるかな。6年前のリストにはおそらく漏れはないが、当時も文芸誌を6年分くら… https://t.co/NI8oGhrfBK
siteXmwcohanのナイトパンツが欲しいけれど絶対的にサイズが合わないと思う今夜この頃エロ・バイオレンス・パロディを多用した過激な作風が特徴の小説家、木下古栗(きのした・ふるくり)さんに、その創作について話を聞きました。 https://t.co/vMKw4m8Rh3
krd_yzm木下古栗、知らないところで新刊出してたりしないかな。しないかー
8demekin8なんの脈略もなく思い出したけど木下古栗「金を払うから素手で殴らせてくれないか?」は文庫化しないの?ずっと待ってる気持ちだったんだけどAmazon見たらもしかして単行本ももうない?
book_tsukatsu木下古栗『グローバライズ』#読了12篇の短編集。エロ・グロ・ナンセンス文学の傑作。文章の途中で謎のフランス人のジェロームが羊とやるシーンが挿入されたり、ひどい名前のNGO団体が出たり、死体が気球となって空を飛んだりする。木下… https://t.co/xsKeRcEhBy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木下古栗さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)