トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木下古栗

木下古栗

木下古栗さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木下 古栗(きのした ふるくり、1981年 - )は、日本の小説家。埼玉県出身。男性。ナンセンスな下ネタやシュールな展開、独特の言語センスからエロ・バイオレンス・パロディを多用する異色の作風が特徴。
2006年、『群像』2006年6月号収録の『無限のしもべ』が第49回群像新人文学賞を受賞しデビュー。2009年、大量の書き下ろし短編を含んだ初の単行本『ポジティヴシンキングの末裔』を刊行。2010年、『いい女vs.いい女』が絲山賞に選ばれ、2015年には『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』でTwitter文学賞国内編1位に輝くなど、決して高くない知名度に反して、業界内外にコアなファンを持つ。

受賞歴

木下古栗関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木下古栗関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

uraq_たった一人で木下古栗と戦っとるひとがおる。
kalashnikovreadUOMOの連載、キムタクや篠山紀信氏などが連ねる中、菊地成孔氏は、まあまあわかるんだけれど、掟ポルシェ氏や木下古栗氏がいる事に驚いてるし、(良い意味で)どうかしてるぜ!と思う。男性向けファッション誌だよね!? https://t.co/8k5XM45g3l
kurimatsu_ina本書で示されるサリンジャーの病的なまでの巧緻に、(方向性は全く異なるが)僕は木下古栗氏の作品群を重ねてしまいました。
tak_bluetear【kaze no tanbun 夕暮れの草の冠/西崎 憲他】布張りで素敵な装丁!帯には「世にも精緻な文の祝祭ー華麗なる《短文》アンソロジー」とある。テーマ等はなさそう。小山田浩子、木下古栗、斎藤… → https://t.co/xgFvU92KuE #bookmeter
mugita0215@salmon_butter 木下古栗の「虹色ノート」ですね
rusbum02ぅう…………はやくリアル京フェスの文体舵ワークショップ木下古栗篇で、SFのオタクたち渾身の下劣文章朗読が…………聞" き" た" い"
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木下古栗さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)