トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内悠介

宮内悠介

宮内悠介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 悠介(みやうち ゆうすけ、1979年1月18日 - )は、日本の小説家・SF作家。日本SF作家クラブ会員。日本推理作家協会会員。
東京都生まれ。1992年までニューヨークに在住。早稲田大学高等学院、早稲田大学第一文学部英文科卒業。在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後はインド、アフガニスタンを放浪。麻雀プロの試験に補欠合格するもプログラマになる。
その一方、ワセダミステリクラブOBで構成する創作同人誌「清龍」に参加、創作活動をつづける。
2010年、囲碁を題材とした短編「盤上の夜」にて、第1回創元SF短編賞で選考委員特別賞(山田正紀賞)を受賞。各種盤上ゲームを題材とした短編を連作として書きつぎ、2012年に連作短編集『盤上の夜』として刊行し単行本デビュー。
SFと純文学をジャンル横断的に活動する作家として評価されており、史上初めて芥川賞、直木賞、三島賞、山本賞全ての候補作に挙がった。

宮内悠介新刊

  • 発売日
    2019年11月14日
  • 書名
    宮辻薬東宮 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年9月11日
  • 書名
    遠い他国でひょんと死ぬるや
  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    月と太陽の盤: 碁盤師・吉井利仙の事件簿 (光文社文庫)

受賞歴

宮内悠介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮内悠介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

xyukihanax「鍵の掛かった男」(有栖川有栖)「リセット」(北村薫)「孤狼の血」(柚月裕子)「スペース金融道」(宮内悠介)「きつねのはなし」(森見登美彦)「砂漠」(伊坂幸太郎)「まほろ駅前」シリーズ(三浦しをん)「プシュケの涙」(… https://t.co/aowmgXs6Kz
audiobookPR盤上の夜 (著:宮内悠介 朗読:下山吉光,兼高美雪) 声優が小説を朗読するオーディオブックストア♪耳で聴く本 kikubon(キクボン) https://t.co/z9A7nffbLz #聞く本 #書籍 #オーディオブック
zazaragi宮内悠介『遠い他国でひょんと死ぬるや』。竹内浩三の詩に、その死地である『遠い他国」フィリピンの独立運動の英雄、ホセ・リサールの詩が対置される。象徴的。フィクションと云う形式の中で、竹内について書かれた他のノンフィクションや評論とは違った「読み」を提示された、とも思った。
psychicsorcerer小説家、宮内悠介。まだここではっきり影響を受けたという感覚の手前ですが。『盤上の夜』という作品を読んで、ある意味私の活動の「先」を垣間見た気がしました。宮内悠介の感性の中で、自分のものととても近いものがあると思っていますし、同時に尖った部分は見習いたいなとも思っています。
wooowwwx宮田珠己と宮内悠介を読んでいるので旅行に行きたくてウズウズしてしまう。
honnohamumushi誇ることはかまわない。が、誇りというものは、誰かに教えてもらわずとも自らのうちに芽生え、はじめて誇りといえる。宮内悠介『遠い他国でひょんと死ぬるや』
cece_mu旅行にハードカバーを2冊持ってくる愚行。ほんとはもう1冊宮内悠介の新刊入れたかったけど重すぎた。 https://t.co/dqPeKBnANw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮内悠介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)