トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 鳥羽亮

鳥羽亮

鳥羽亮さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鳥羽 亮|とば りょう|1946年8月31日 - は、日本の小説家・作家。埼玉県出身。本名、鳥羽 貴徳(とりば たかのり)
1946年、埼玉県秩父郡野上町(現・長瀞町)に生まれる。埼玉大学教育学部卒業。1968年、埼玉県越谷市立増林小学校に教師として赴任。同小学校の同僚と結婚。1990年『剣の道殺人事件』で第36回江戸川乱歩賞を受賞(阿部陽一の『フェニックスの弔鐘』と2作同時受賞)。応募前は小学校教員と教育関連の仕事についていた(1996年の時点では教頭であった)。その後、サスペンス・推理小説として『警視庁捜査一課南平班』(講談社刊)シリーズなどがある。剣豪小説にミステリーの要素を加えた『三鬼の剣』から時代小説を書き始めた。宮本武蔵や柳生十兵衛などの実在の剣豪を描いた作品のほか、狩谷唐十郎(『鬼哭の剣』シリーズ)、島田宗五郎(『天保剣鬼伝』シリーズ)、蓮見宗二郎(『深川群狼伝』シリーズ)、毬谷直二郎(『三鬼の剣』、『隠猿の剣』等)などの架空の剣豪ヒーローを多数生み出しており、近年では『剣客春秋』シリーズ、『闇の用心棒』シリーズ、『八丁堀剣客同心』シリーズ、『まろほし銀次捕物帳』シリーズ、『はぐれ長屋の用心棒』シリーズ、『首売り長屋日月譚』シリーズ、『剣客同心 鬼隼人』シリーズ、『流想十郎蝴蝶剣』シリーズ、『御助宿控帳』シリーズ、『隠目付江戸日記』シリーズ、『影与力嵐八九郎』シリーズ、『剣客旗本奮闘記』シリーズ、『影目付仕置帳』シリーズ、『火盗改鬼与力』シリーズ、『子連れ侍平十郎』シリーズ、『わけあり円十朗江戸暦』シリーズ、『さむらい』シリーズ、『八丁堀吟味帳』(鬼彦組)シリーズなど、剣術(秘剣)ミステリーや、江戸時代の絆と人情の厚さ(町人の長屋、武士の組屋敷などの生活環境のつながりによる人情)を描いた作品も書いている。また、時代推理小説として『波之助推理日記』シリーズがある。2007年6月には、著書100冊突破を記念して、『剣豪たちの関ヶ原』を出版した。2012年に第1回歴史時代作家クラブ賞のシリーズ賞を受賞。2017年2月下旬の時点で、著作数は300冊を超えている。

受賞歴

鳥羽亮関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鳥羽亮関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_jidaigeki_bNo.20 (スロ)「直心影流 毬谷直次郎」や「覇剣 武蔵と柳生兵庫助」などの時代小説で知られる江戸川乱歩賞も受賞した作家は?⇒鳥羽亮
ShonanSk・ガルシアへの手紙/エルバートハバード・剣狼の掟/鳥羽亮・刀伊入寇/葉室麟・菅江真澄図絵の旅/菅江真澄・科学する心/池澤夏樹・スパイ教室(9)/竹町
hit4boy鳥羽亮『絆―山田浅右衛門斬日譚』 実在した死刑執行人 山田浅右衛門吉利が主役の連作短編集です。死に値する罪を犯した人々を中心に、物語がつづられていきます。吉利が彼らの人生に終止符を打つ時にみせる、慈愛、苦悩、怒りが胸にせまります。https://t.co/4XwXVNVtgQ
rekishikouro鳥羽亮『新まろほし銀次捕物帳』「〜読みどころであるチャンバラも充実。特殊武器〝まろほし〟を駆使する銀次や、剣の達者である藤三郎の剣戟が、たっぷりと楽しめた〜」https://t.co/yrPecAz1bJ達眼老練の四〇〇字 #書評【書物目利所】― 細谷正充
nanshutsu漢字書き取りの練習両国橋東西の袂には、大小の見世物小屋が《シッピ》し、無数の幟が川風にはためいていた。<鳥羽亮:怪談岩淵屋敷>⇒ 櫛比*比ぶ「なら-ぶ」
rekishi_jidai鳥羽亮『剣狼の掟』(角川文庫)書影出ました。 https://t.co/w8WdemzCzV
jidairekishi鳥羽亮の「はぐれ長屋の用心棒 第11巻 雛の仇討」を読んだ感想とあらすじ https://t.co/ks75Zm6fXC
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    鳥羽亮さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)