トップページ > 作家名一覧 > そから始まる作家名一覧 > 曽根圭介

曽根圭介

曽根圭介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

曽根 圭介(そね けいすけ、1967年 - )は、日本の小説家。
静岡県生まれ。静岡県立沼津東高等学校在学中には空手道部に所属し、NHKアナウンサーの佐々木彩は部の後輩であった。25歳になった時にいよいよまずいと思い始め、池袋のホテルに正社員として就職。36歳で無職になるが、貯金があったため毎日図書館で本を読むという生活を1年続ける。しかし読むだけの日々にも飽きがきたため、一度書いてみるかと執筆を決意。完成に5か月かかった初めての作品「蟷螂之斧」を江戸川乱歩賞に応募したところ、1次審査を通過する。
その後「沈底魚」を執筆し、完成するもストーリー展開が気に入らず鬱々とした日々を過ごす。気分転換にと別の短編作品「鼻」を書いたところ、2007年の第14回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞、同年、第53回江戸川乱歩賞を受賞した。受賞時のペンネームは曽根狷介(けんすけ)。2009年、「熱帯夜」で第62回日本推理作家協会賞短編賞を受賞。
趣味は山登り。

曽根圭介新刊

  • 発売日
    2019年8月21日
  • 書名
    腸詰小僧(ちょうづめこぞう) 曽根圭介短編集

受賞歴

曽根圭介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

曽根圭介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy曽根圭介『沈底魚』国会議員に紛れ込んだ中国のスパイを炙り出そうとする公安の刑事を描いた謀略小説。二転三転するためしっかりと読み進めるべきですが、そのわりに見返りが少ないのが残念。登場人物の魅力が乏しくてさらに残念です。【乱歩賞】https://t.co/ClTaqrjpRD
honey_dofu馳星周と曽根圭介の本全部読み終わったら生きる意味無くすから読み終わりたくない
masaki_kd曽根圭介さんの小説「藁にもすがる獣たち」を初映像化した同名韓国映画が、来週19日より韓国で公開されます。18日にはプレミアム試写が開催され、週末には舞台挨拶も予定されています。
NakagawaSuzuno#名刺代わりの小説10選ドグラ・マグラ /夢野久作傀儡后 /牧野 修天使の囀り /貴志 祐介鼻 /曽根 圭介火星人ゴーホーム /フレドリック・ブラウン盗まれた街 /ジャック・フィニイダーク・ハーフ/スティーブン・キ… https://t.co/9YxTAEp6C4
yunakaito【腸詰小僧(ちょうづめこぞう) 曽根圭介短編集/曽根 圭介】を積読本に追加 → https://t.co/7KiaR7VsMn #bookmeter
NeelYanagi曽根圭介の鼻って短編集の1本目、人の価値が株みたいに決まる社会で主人公の価値が落ちていって名前をインキンタムシにインキンバスターってして人の多いところで毎日ノルマうん回呼ばれるって仕事してたんですけど、アレに近いものを
tsujigiri1 #録音図書 『腸詰小僧』曽根圭介。どれもがイヤな内容のお話であるにもかかわらず、そのオチの切れ味の鋭さゆえにある種の爽快感すら覚えてしまう短編集。おもしろかった。おすすめ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
曽根圭介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)