トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東野圭吾

東野圭吾

東野圭吾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。
=
1958年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された『白夜行』や『浪花少年探偵団』シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身のエッセイ『あの頃僕らはアホでした』などによると、成績は「オール3」であり、また読書少年でもなかった。
その後大阪府立阪南高等学校に入学し、2年生になった1974年、偶然手に取った小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌る。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始める。処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在まで内容は公開されていない。
また、『アンドロイドは警告する』を書き終えた後、『スフィンクスの積木』という犯人当て小説を書き始めるが、さほど熱中できず、1978年にやっと完成した。しかし友人などに見せ、不評を買った、と語っている。
卒業後は1年間の浪人を経て、大阪府立大学工学部電気工学科に進学。大学在学中はアーチェリー部の主将を務め、デビュー作『放課後』では題材として使われている。

受賞歴

東野圭吾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東野圭吾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Honnomori_bot「くだらないことで拗ねるな。大人が隠していることを知ったって、君の人生にとって大してプラスにはならない」真夏の方程式/東野圭吾
Aristoteles5050東野圭吾だと新参者シリーズが特に好き
lieuso_botあなたは俺の太陽だった。まがい物の太陽だった。だけど明日へと上ることをやめない、俺のたった一つの希望だった。(東野圭吾『白夜行』)
s_kondohTwitterで話題の妻が小学生になる漫画、東野圭吾さんの『秘密』とプロットが同じなんだけど、そこは偶然なのか。
ka28833真保裕一さんの「奪取」吉田修一さんの「悪人」東野圭吾さんの「白夜行」本棚見ててパッと面白かったー!この本ってのを3冊チョイスしました
uyamu_yaちなみにですが、死んだはずの妻が自分の娘になるお話は、東野圭吾さんの「秘密」という作品があります。物語の最後の2ページで、タイトルである「秘密」の本当の意味が分かるシーンは必見です
shukatsu_meigen「もし世の中を甘く見ているのなら安心だ。どこにも光がないと絶望しているほうが、余程心配です。」東野圭吾『麒麟の翼』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東野圭吾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)