トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多岐川恭

多岐川恭

多岐川恭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多岐川 恭|たきがわ きょう|1920年1月7日 - 1994年12月31日は、日本の小説家・推理作家。本名、松尾 舜吉。福岡県八幡市(現・北九州市)生まれ。東京帝国大学経済学部卒業。
毎日新聞社西部本社に勤務する中、白家太郎|しらが たろうの筆名で小説を書く。1958年、『濡れた心』で江戸川乱歩賞、『落ちる』で直木賞を受賞。本格物からSF、時代ミステリーまで、多数の作品を発表した。また「ゆっくり雨太郎捕物控」などの時代小説もある。
1920年1月7日、福岡県八幡市に生れた。従兄に戸川幸夫がいる。旧制第七高等学校を卒業し、東京帝国大学経済学部在学中の1944年に召集を受ける。戦後、横浜正金銀行の東京本店(現在の東京銀行)に入行するが、食糧事情を理由に門司支店に転任。一時小説家を目指し退職するも、毎日新聞西部本社に再就職する。資料課の後に報道部に異動。激務のため転勤を願い出て、小説を書く時間を得た。
白家(しらが)太郎の筆名で『宝石』に応募し、1954年に「みかん山」が佳作入選し、デビュー。1956年に再び短編懸賞に応募し、「落ちる」「黄色い道しるべ」がそれぞれ2位と佳作に入選。1958年には河出書房の「探偵小説名作全集」の別巻として公募された新人の書き下ろし長編に「氷柱」を投じ、次席入選した。しかし同書房が破綻し、第一席入選の仁木悦子『猫は知っていた』は江戸川乱歩賞にまわされたが、「氷柱」の刊行は同書房の復活まで延期され、1958年に多岐川恭の筆名で刊行された。同年『濡れた心』で江戸川乱歩賞。さらに短編集『落ちる』で直木賞を受賞した(ただし実際に選考対象となったのは「落ちる」「ある脅迫」「笑う男」の3短編)。
また、代表となって若手探偵作家の親睦団体の「他殺クラブ」を結成した。メンバーには河野典生、樹下太郎、佐野洋、竹村直伸、星新一、水上勉、結城昌治らがいた。のちに、笹沢左保、大藪春彦、新章文子、都筑道夫、高橋泰邦、三好徹、生島治郎、梶山季之、戸川昌子、佐賀潜らが参加した。
1961年には『変身島風物誌』『お茶とプール』『人でなしの遍歴』など8長編を発表。出島を密室に見立てた時代ミステリー『異郷の帆』や、冷凍睡眠で未来にやってきた検事が活躍するSFミステリー『イブの時代』もこの年の作。また時代小説にも手を染め、1969年より「ゆっくり雨太郎捕物控」を連載( - 1975年)。その後も『墓場への持参金』(1965年)、『宿命と雷雨』(1967年)、『的の男』(1978年)、『おやじに捧げる葬送曲』(1984年)などの推理小説があるが、もっぱら時代小説が中心であった。1994年に「レトロ館の殺意」を連載、完結後に脳梗塞のため12月31日に死去した。
推理作家や推理小説の挿絵を描いていた画家によるゴルフ同好会「蟻這会」(アリバイかい)を主宰していた。

受賞歴

多岐川恭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

多岐川恭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hira66434538ツララを凶器に使ったミステリは、実はあまりないような気がする。有名な海外の短編でみんな知っているし、日本の短編にも一ついいものがあるし。使いづらくなったのかもしれない。多岐川恭に「氷柱」という作品があるけど、あれには凍った氷柱… https://t.co/zNlSGN1cmC
hit4boy多岐川恭『濡れた』ミステリとしてはイマイチですが、男女問わず愛の虜になっていく様が、日記という形態をとって、実に巧みに描かれています。純愛と情欲のはざまでゆれる主人公の心情が印象的です。破滅的ではあるものの、ドロドロした、嫌な感じ… https://t.co/yxXho6YMPK
cross_mite《笑の泉》に載っていた、木々・大下・多岐川恭・河太郎っていう不思議な座組の座談会がだいぶきわどく面白くって思わず複写とってしまった。
Shimaneko1985多岐川恭さんの小説、結構好きなのだが、今新刊本屋では全く見ない。たまたま古書で購入した昭和のミステリーアンソロジーに短編があると「あたり―」ってなるw復刻して欲しいなあ…
WasuiMatui2014多岐川恭『氷柱』#創元推理文庫復刊2023
robertbloch0886女面獅身/木々高太郎冷凍人間/井伏鱒二妖花イレーヌ/橘外男地底獣国/久生十蘭宇井氏の整然たる一日/多岐川恭前世/生島治郎エレクション・テスト/野坂昭如およね平吉時穴道行/半村良サン・ジェルマン伯爵考/阿刀田高結ぶ/皆川博子電信柱さん/山田詠美
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    多岐川恭さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)