トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 陳舜臣

陳舜臣

陳舜臣さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

陳 舜臣|ちん しゅんしん|1924年2月18日 - 2015年1月21日は、推理小説、歴史小説作家、歴史著述家。代表作に『枯草の根』『阿片戦争』『太平天国』『秘本三国志』『小説十八史略』など。
神戸市出身。本籍は台湾台北だったが、1973年に中華人民共和国の国籍を取得し、その後、1989年の天安門事件への批判を機に、1990年に日本国籍を取得している。日本芸術院会員。従四位。長男は写真家の陳立人(1952年 - )。
神戸の元町に生まれる。神戸市立第一神港商業学校(後の神戸市立神港高等学校)を経て、1941年大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)印度語学科に入学、印度語(ヒンディー語)とペルシア語を専攻。一学年下に司馬遼太郎(蒙古語科)、俳人の赤尾兜子(中国語科)がおり、司馬遼太郎とは生涯親密な関係を持った。少年時代は江戸川乱歩に親しみ、大学時代はコナン・ドイルやチェスタトンを乱読し、専攻のペルシャ文学ではラシード『集史』を愛好していた。1943年同校を繰り上げ卒業、同校に附設の西南亜細亜語研究所の助手となりインド語辞典の編纂作業などに従事する。
終戦にともない日本国籍を喪失し、退職。家業の貿易業に従事。東洋史学者宮崎市定の門弟に師事、宮崎の孫弟子にも当たる。1948年に一時台湾に帰国し、台北県新荘中学英語教師、翌年神戸に戻り貿易業に従事。1950年に蔡錦墩と結婚。
1957年頃から小説の習作を始め、1961年に処女作である、神戸を舞台にした長編推理小説「枯草の根」で江戸川乱歩賞を受賞後、作家生活に入る。『宝石』『講談倶楽部』『小説中央公論』などで作品を発表。江戸川乱歩賞、1969年に「青玉獅子香炉」で直木賞、1970年に「玉嶺よふたたび」「孔雀の道」で日本推理作家協会賞を受賞し、ミステリ作家として初の三冠王となった。「枯草の根」の探偵役、神戸在住の華僑で中華料理店「桃源亭」の経営者陶展文は、「三色の家」「割れる」「虹の舞台」などでも活躍し、シリーズ作品となっている。
1967年『阿片戦争』の他、1972年の日中国交回復から中国各地、シルクロードなどを旅行し、中国の歴史を題材にした歴史小説、史伝、紀行文を多く書き、日本における「中国歴史小説」ジャンルを確立し、多くの読者を持っている。『中国任侠伝』『唐代伝奇』など、中国古典を翻案した物語作品も多い。また小説の他に『中国の歴史』をはじめとする一般向けの中国史も多数執筆している。中国における仏教、イスラム教、キリスト教などにも言及したものになっている。鄭芝龍や、鄭成功父子の活躍を描いた、海洋ロマンとも言うべき『風よ雲よ』(1973年)『旋風に告げよ』(1977年)もある。自伝的小説『青雲の軸』ではインドへの共感を語っており、インド独立運動家チャンドラ・ボースを題材にした『虹の舞台』や、ムガル帝国を舞台にした『インド三国志』なども執筆している。琉球史を扱った『琉球の風』は1993年NHK大河ドラマ原作となる。『ルバイヤート』の翻訳でも知られる。
1994年に脳内出血で倒れ、5ヶ月の入院ののち、神戸の自宅で阪神・淡路大震災に遭うが被害は小さく、1995年からは『チンギス・ハーンの一族』を連載。2014年、陳舜臣アジア文藝館が神戸市中央区に開館。
2015年1月21日午前5時46分、老衰のため、神戸市内の病院で死去。1924|2|18|2015|01|21。没後に従四位を追叙された。

受賞歴

陳舜臣関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.25 作家の読書道 第219回:今村翔吾さん

    2017年に『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』を刊行してデビュー、翌年『童神』(刊行時に『童の神』と改題)が角川春樹小説賞を受賞し、それが山田風太郎賞や直木賞の候補になり、そして2020年は『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞を受賞と、快進撃を続ける今村翔吾さん。新たな時代小説の書き手として注目される今村さんは、いつ時代小説に魅せられ、何を読んできたのか? 軽快な語り口調でたっぷり語ってくださいました。

  • 2015.7.16 芥川賞に羽田さんと又吉さん、直木賞は東山さん

    第153回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夜、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は羽田圭介さん(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)と又吉直樹さん(35)の「火花」(同2月号)、直木賞は東山彰良さん(46)の「流」(講談社)に決まった。

  • 2015.1.21 小説家の陳舜臣さん 死去

    中国を舞台にした歴史小説を数多く発表してきた小説家の陳舜臣さんが、21日朝、老衰のため神戸市内の病院で亡くなりました。90歳でした。

陳舜臣関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jiku_to_hou【主な出典】 正史三国志/三国演義/捜神記/拾遺記/水経注/三国志(吉川英治)/秘本三国志(陳舜臣)/三国志(北方謙三)/小説三国志(鄭飛石)/興亡三国志(三好徹)/私説三国志天の華・地の風(江森備)/三國志VIII/無双OROCHI/真・三國無双8/三国志パズル大戦 他
aWLNLY42UWPe7vq台湾有事を理解するには中国の近代史の理解が不可欠。陳舜臣の本が分かり易くお勧め。#台湾有事 #台湾危機 #中国共産党 #習近平 #米中戦争https://t.co/OVBmhdwpVJ
KingShoKei琉球の風(一)怒濤の巻 (講談社文庫) 陳 舜臣 https://t.co/7OmB0Urd84 AmazonJPさんから 大河ドラマにもなった薩摩侵入事件だぜ。さすが陳舜臣!
raisen_bot2_qmaNo.356 次の江戸川乱歩賞を受賞した推理小説と、それを書いた作家の正しい組み合わせを選びなさい⇒放課後―東野圭吾、猿丸幻視行―井沢元彦、枯草の根―陳舜臣
suganyan今、ふと、陳舜臣先生の、秘本三国志の最後のシーン、諸葛亮の、「孔明は、ながいあいだ軍隊を指揮した。老将に、昔の兵と、今のそれとの違いを聴いた。老将ちょっと考えて、「今の兵は、よく泣きますなー。敵の死骸見ても泣く。昔は、そんなに女々しくなかったんですがねー」。人間はよくなりつつある
mys_sus_bot【並べ替え】小説『枯草の根』で初めて登場した、作家・陳舜臣の推理小説で探偵役を務める料理人は?→陶展文
hit4boy陳舜臣『玉嶺よ ふたたび』玉嶺の磨崖仏にまつわる六世紀の故事=一人の女性をめぐる殺人事件と、25年前に日本人青年が起こした殺人事件の顛末。うまく組み立てられたパズルのようなミステリです。まさにロマンチック。知的好奇心を刺激される作… https://t.co/S3RWyAuvTp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    陳舜臣さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)