トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 平田俊子

平田俊子

平田俊子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

平田 俊子(ひらた としこ、1955年6月30日 - )は、日本の詩人、小説家、劇作家。ブラックユーモアを多用した乾いた作風。
島根県隠岐島生まれ。父親が海上保安官であったことから、鳥取県境港市、福岡県北九州市、山口県徳山市などを転々とした。山口県立徳山高等学校、立命館大学文学部日本文学科卒業。大阪文学学校に学ぶ。1982年、「鼻茸」で第1回現代詩新人賞受賞。1998年、『ターミナル』で第39回晩翠賞受賞。1999年、「詩のボクシング 第3回世界ライト級王座決定戦」で白石かずこを破り第3代チャンピオン。2000年、舞台芸術創作奨励賞(現代演劇部門)。2001年、「甘い傷」で第45回岸田國士戯曲賞候補。2004年、『詩七日』で第12回萩原朔太郎賞受賞。2005年、『二人乗り』で第27回野間文芸新人賞受賞。2012年、立教大学文学部特任教授に就任。2015年、長田弘の後を受け、読売新聞「こどもの詩」担当者に就任。2016年、『戯れ言の自由』で第26回紫式部文学賞受賞。バスファンであり、バスについてのエッセイも執筆した。

受賞歴

平田俊子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

平田俊子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kakitutei平田俊子さんの詩「うさぎ」、久しぶりに読んでみて色っぽいなと思う。(*´Д`)❤(ググってみてください)
crossroadofword「ラッキョウは苦手なんです」「そうかい 僕は好きだよ」こんなたわいない会話を誰かが聞いていたのだろうか次の日からラッキョウに悩まされることになった平田俊子「ラッキョウの恩返し」より。全文はこちら->https://t.co/VGmJKoWOeV
NUD_Association平田俊子詩集、良かった。
shichoshaアンケート◎谷川俊太郎、高橋睦郎、井川博年、杉山平一、新井豊美、平田俊子、白石かずこ、田口犬男、山本哲也、田中庸介、高貝弘也、東直子、出口裕弘、吉田文憲、天沢退二郎、高橋順子、福間健二、安川奈緒、キキダダマママキキ、野村喜和夫、コマガネトモオ、手塚敦史 資料◎略年譜(加藤邦彦編)
shitecho◎エッセイ[声から言葉へ]井坂洋子、平田俊子、坪井秀人、くぼたのぞみ、斎藤真理子、柴田千晶、中村和恵、菊地利奈、小磯洋光、奥間埜乃、カニエ・ナハ、文月悠光、小島日和、赤司琴梨、アサノタカオ、伊藤幸太、松尾亜紀子、寺島さやか、劉靈均、堀田季何、青本柚紀、青本瑞季→#現代詩手帖
nakano_books#本棚紹介「ピアノ・サンド」平田俊子著詩人である著者が書く、小説2篇と短い1篇   表題作じゃ無い方のお話が特に読むのが苦しかった表題作は、100年前のピアノを預かりたい離婚後に不倫する女の話芸術家が苦しみから何かを作り… https://t.co/h93aDHyOTt
nonono09090うさぎ    平田俊子あなたはキツネになってわたしを食らえ。雪のなかでぴょんぴょんはねるわたしを見つけ、血走った目で追ってこい。わたしは逃げる。あなたに追いかけられるため。時々ふりむき、あなたの姿を確め、ぴょんとはねる、ぴょんとはねる。心臓が高鳴る。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
平田俊子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)