トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 本谷有希子

本谷有希子

本谷有希子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

本谷 有希子(もとや ゆきこ、1979年7月14日 - )は、日本の劇作家、小説家。演出家、女優、声優なども兼ねる。石川県白山市出身。「劇団、本谷有希子」主宰。夫は詩人・作詞家の御徒町凧。
date=2018年2月
1979年、石川県松任市(当時)に生まれる。松任市立松任中学校 在学時代はソフトテニス部に所属し部長を務める。石川県立金沢錦丘高等学校時代に演劇部に所属。上京後、ENBUゼミナール演劇科に入学、松尾スズキのクラスに在籍する。在学中より主に舞台において女優活動を開始。
1998年、アニメ『彼氏彼女の事情』で声優デビュー。ENBUゼミを見学に来ていた監督の庵野秀明が、庵野を見て騒ぐ生徒たちの中で一人我関せずの態度を取っていた本谷を気に入ったためのオファーであった。このときの役は、「文化祭で上演する劇の台本を書く」少女の役であった。
2000年9月、「劇団、本谷有希子」を創立。劇作家・演出家としての活動を開始する。
2002年、『群像増刊エクスタス』に「江利子と絶対」を発表し小説家デビュー。サイトで連載していた小説を読んだ編集者が声をかけたことがきっかけとなった。
2005年4月から2006年3月までの1年間、ラジオ番組『本谷有希子のオールナイトニッポン』のパーソナリティを務めた。この番組がきっかけで彼女を知った人も多い。同年に、小説『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が第18回三島由紀夫賞候補となる。
2006年、小説『生きてるだけで、愛。』で第135回芥川龍之介賞候補となる。
2007年、『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を史上最年少で受賞、小説『生きてるだけで、愛。』が第20回三島由紀夫賞候補となる。同年『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が佐藤江梨子主演で映画化された。
2008年、小説『遭難、』で第21回三島由紀夫賞候補となる。
2009年、「幸せ最高ありがとうマジで!」で第53回岸田國士戯曲賞(白水社主催)を受賞。同年、「あの子の考えることは変」で第141回芥川賞候補となる。同年10月には雑誌『VOGUE』により、日本を代表する女性10人を選ぶ『ヴォーグ ニッポン ウィメン・オブ・ザ・イヤー2009』を受賞。
2011年、小説『ぬるい毒』で第24回三島由紀夫賞候補、第145回芥川賞候補、第33回野間文芸新人賞受賞。
2013年、小説『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞受賞。5月7日、シンガーソングライターで映画監督の御徒町凧と入籍。
2014年、小説『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞受賞。
2015年10月、第1子女児を出産。
2016年、小説『異類婚姻譚』で第154回芥川龍之介賞受賞。笙野頼子、鹿島田真希に続いて3人目の純文学新人賞三冠作家となる。

受賞歴

本谷有希子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

本谷有希子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

orisawa30321@G_R_Hocke 確かに気になる…最近『庭』が文庫化しましたし、そこから選ぶのが良いですかね?私が気になっているのは、戌井昭人、津村記久子、金原ひとみ、本谷有希子、筒井康隆、三浦哲郎などです。
madeyamatsuゆりあが映画で観たって言ってた生きてるだけで、愛。自分は本谷有希子さんの小説にがっつりハマってた世代だから、世代の離れたゆりあが同じ作品に興味を持ってくれるのは本当に嬉しい。トップランナーってNHKの番組に本谷さん出た時に、この一説朗読してたのをふと思い出した。
benymd_bot@sake___ikura さんの特徴語。茶漬け,餃子,鮭,パッタイ,キルラキル,マジで,チバ,ウォー,カステラ,チェンソーマン,寿司,酒,ウレ,いくら,虎,リアコ,本谷有希子,月,シロップ,シカマル,はちどり,ラギー,卵,セブン,サブロー,ブックスマート,当て字,赤身,フォー
AkbFdas【AKB演劇部始動! 宮本亜門 ケラ 長塚圭史 本谷有希子】(ほのぼのAKB48にゅーす)https://t.co/zduJOXFyUZ
OhYeah48004694かみにえともじ/本谷有希子、榎本俊二エッセイ?日記?とりあえず面白いのでヨシ!モーニングで連載されていたもの。学生時代と無職時代に無心で読んでた。エピソードとイラストがやけにマッチしてて笑っちゃうし、本谷さんは本谷さんなんだなぁと思った
kuran_novel本谷有希子『異類婚姻譚』(講談社文庫)読了。第154回芥川賞受賞作(表題作)含めて四つの短編が収録された、表紙の猫とカエルが可愛い短編集。以下、それぞれの作品の感想です。→#えびまよ読了異類婚姻譚 (講談社文庫)… https://t.co/9qSQDVG5Fh
hit4boy本谷有希子『生きてるだけで、愛。』いわゆるメンヘラ女子の奇行炸裂な恋愛小説。過眠症(?)の引きこもり女子と、同棲する男性の鬱々とした日々が描かれます。露悪的とも言うべき主人公のぶちきれた態度には、読みながらついつい笑ってしまいました。https://t.co/OO8gQpcmSu
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
本谷有希子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)