トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤比呂美

伊藤比呂美

伊藤比呂美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 比呂美(いとう ひろみ、1955年9月13日 - )は、日本の詩人。東京都板橋区出身。東京都立竹早高等学校、青山学院大学文学部日本文学科卒業。ポーランド文学者の西成彦は元夫。
1975年、大学在学中より新日本文学会の文学学校にて阿部岩夫に学ぶ。同年、詩人の岩崎迪子らと詩誌『らんだむ』を創刊。1976年から『現代詩手帖』に投稿をはじめる。1978年、第一詩集『草木の空』でデビューする。同年に第16回現代詩手帖賞を受賞。性と生殖、そして死に関する言葉を多用し、『姫』『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで80年代にかけての女性詩ブームを井坂洋子とともにリードし、女性による詩のイメージを革新した。
1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓する。のちに詩をやめて小説に移行し、1999年『ラニーニャ』などで一定の評価を得るが、2005年『河原荒草』で、また詩に復帰し、2007年『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で、説経節と現代詩を融合した独自の語りものの世界を確立する。音韻に敏感な表現スタイルもオリジナルなものとして評価を得る。
1984年より熊本市在住、1997年よりカリフォルニア州に在住しつつ、熊本とカリフォルニア間を往復する。2008年、熊本文学隊を旗揚げ。2011年10月1日より熊本学園大学招聘教授。2018年4月1日から2021年3月まで早稲田大学文学学術院(文化構想学部)教授[1]。2021年4月より法政大学大学院講師。

受賞歴

伊藤比呂美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤比呂美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

IwXw5谷川俊太郎さんと伊藤比呂美さんとの対談記事(婦人公論.jp)をたまたま読む。谷川さんの言うことにすごく共感
aIz6SNG4SKZpKBz@margueriteduval 先日伊藤比呂美さんの本に「もっとできるのに(してない)という後ろめたさがイイの、そうすれば自分を失わずに済む」「助けてくれる人や社会を頼ること」とあって、心に刻んだところです。うちも明日からショートです。
hirakawamaru以前、小倉で伊藤比呂美さん、岡野雄一さんと鼎談した時(司会は関川夏央さん)、ここを見学させてもらった。アナログの映写機を大切に保存していた。映画のロケで、立ち寄った高倉健さんの自筆の礼状が展示されていた。全てにおいて、残ってほしい… https://t.co/1aY711nt8e
sayusha【連載更新】詩人の伊藤比呂美さん @itoseisakusho の連載第4回。『エルマーのぼうけん』とともに「私」の記憶に蘇ったのは『ドリトル先生アフリカゆき』のこと。井伏鱒二に導かれ、父の声で思い出すこの物語のたくみな「ことば」… https://t.co/ThCENcqyR8
BlueSky3n小沼丹「埴輪の馬」読了。難しい漢字を使う人だと気が付く。最初の数頁でも、眼障・面喰・頗る・矢鱈・忽然・洵に、とたくさんあって、考えると旧字体のためと分かる。すると若い人に読んでもらえなくならないかと、著者のことを心配する。今は、伊藤比呂美「とげ抜き新巣鴨地蔵縁起」読書中。
man_woman_meigeよその男と思いきりセックスしたかったから離婚したの。あたし潔癖症だから、不倫っていやなの。 伊藤比呂美 (詩人)
crossroadofwordよいおっぱいから悪いおっぱいへ悪いおっぱいに赤ん坊達は復讐を企てている伊藤比呂美「悪いおっぱい」より。全文はこちら->https://t.co/9yJ3hwbano
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤比呂美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)