トップページ > 作家名一覧 > りから始まる作家名一覧 > リービ英雄

リービ英雄

リービ英雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

リービ 英雄(リービ ひでお、Ian Hideo Levy, 1950年11月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー生まれの小説家・日本文学者。本名、リービ・ヒデオ・イアン。日本語を母語とせずに日本語で創作を続けている作家の一人。現在、法政大学国際文化学部教授。ユダヤ系アメリカ人。
父は外交官で、日米、台湾・香港に移住。『万葉集』の英訳で評価される。その後小説に転じ、『星条旗の聞こえない部屋』(1992年)で認められる。作品に『天安門』(1996年)、『国民のうた』(1998年)など。
東欧系ユダヤ人の父と、ポーランド人移民の母親をもつ。父親は外交官で、英雄は少年時代から台湾、香港、アメリカ、日本と移住を繰り返す。“ヒデオ”は父の友人で第二次世界大戦中に敵性民間人としてアメリカ内陸部に抑留された日系人に因んで付けられたもので、幼少時からの本名である。
プリンストン大学東洋学専攻卒業、同大学院に学び、1978年、柿本人麻呂論で文学博士。同大学で、中西進に『万葉集』を学んでいる。プリンストン大学助教授ののち、スタンフォード大学准教授(テニュア付)を辞して、日本に渡る。
小説を書き始めたのは、中上健次の示唆がきっかけだった。また、司馬遼太郎とコロンビア大学(日本学専門)のポール・アンドラー教授(カトリックドイツ系/フィラデルフィア出身)と交流を持っていた。

受賞歴

リービ英雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

リービ英雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Lee0048698159評論の本文に哲学用語の「エロス」といった言葉が出てきた時、他の先生はどんな感じで授業を進めているのだろうか。今日の自分は我ながらキモかった。「あのね、これは違うんだよ、違うんだよ、フフフ」みたいな感じで喋ってしまった。作者のせいだ。おのれリービ英雄め。
uchisoto_books『延安』リービ英雄 「……中国大陸のノンフィクションを連載で書かないかという依頼がきたとき、ぼくはすぐに「延安を書こう」と思いたった。北京や上海から遠く離れた、あの過酷な風土は、はたして日本語で書けるのか──延安は、ぼくにとって、… https://t.co/IQHpm2wvp6
yukikonosu1月朝日新聞時評で紹介言及したのは、リービ英雄『日本語の勝利』より高遠弘美編『欧米の隅々 市河晴子寄稿文集』素粒社ミシェル・レリス『闘牛鑑』現代思潮社リチャード・ライト/上岡伸雄訳『ネイティヴ・サン』新潮文庫佐藤厚志『… https://t.co/E6TYwF5Udz
TempoRubatoSing@Rikurinpa 将来の芥川賞作家誕生ですね、漢字を操る。リービ英雄みたいな、カズオ・イシグロみたいな
ShiraishiShuリービ英雄が台湾や日本での幼少期の風景を中国内陸部に求めたように、『開墾地』でラッセルは言語と言語のあいだで自由を求める。彼には父の、理解できないペルシャ語に自由を感じた。容赦なく脳に届けられる英語とちがって。かつ、サウスカロライナの片田舎で父が歌うペルシャ語は、懐かしくもある。
May_Roma@scotchandrain @tag_hauer 日本語がわからないからでしょう。専攻も日本文化や政治学ではないから知識が浅いです。中国語専攻を日本特派員にしています。ドナルド・キーン先生は戦中の諜報員ですから深みが違いました。リービ英雄先生の様な学識もないです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    リービ英雄さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)