トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小島信夫

小島信夫

小島信夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小島 信夫(こじま のぶお、1915年〈大正4年〉2月28日 - 2006年〈平成18年〉10月26日)は、日本の小説家。中国から復員後、教師を経て『小銃』で文壇に登場。「第三の新人」の一人と目されるも、抽象表現を帯びた前衛的手法の作品に独自の道を拓いた。日本芸術院会員。文化功労者。
岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。
1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。
2006年10月26日、肺炎のため91歳で死去した。

受賞歴

小島信夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小島信夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

inthewall81小島信夫の文芸文庫、当然当時の単行本より高い。400超の文庫で2530円か。文庫は紙の使い方の問題で小さくても安く作れる訳ではないんだっけか。大量生産だから安価なだけで。https://t.co/LdbgNqcoxm
osmnkih小島信夫の「馬」、かなりよい雰囲気獣姦なのでその手のものをお探しの方にはオススメです
atsumi_yuichi小島信夫なら、どうかそんなに美味しそうにプリンを食べないでいただけますか?とか、書くのだろうか?
kaorubunko絶対耄碌して晩年の武者小路実篤とか、小島信夫みたいな文章書きそうだけど。
describegravity僕はいつのまにか僕がトキ子という女にかわり、あそこにいるのが僕という男性ではないかと、目を疑うばかりだが、僕が僕であることにまちがいないのは、僕の枕もとに紙片がおいてあって、「食事をして早くお勤めに出なさい。トキ子」と書き認めてあることを見ても分る。『馬』小島信夫
learning_chick第三の新人…第二次世界大戦後に登場した戦後派に続き1952、1953年頃から活躍し始めた作家たちの総称。安岡章太郎、吉行淳之介、小島信夫、遠藤周作、庄野潤三など
iki_bungaku彼は実はその靴を同僚から借りてきたのだ。彼にちょうどいい大きさと思えたのに、ちょっとのちがいが次第に彼の足を痛めつけてきたのだ。彼はその同僚が、にわかに油断のならない存在のようにかんじられさえし、山田の企みであるようにさえ思われるのだった。-「アメリカン・スクール」小島信夫
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    小島信夫さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)