トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上龍

村上龍

村上龍さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。血液型はO型
長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、福生の米軍キャンプで麻薬とセックスに溺れる退廃的な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。同作は100万部を売り上げた。ベストセラー作家として、村上春樹とともに時代を代表する作家と目された。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『69 sixty nine 』『トパーズ』『五分後の世界』『半島を出よ』などがある。
作家活動以外にも、『トパーズ』『KYOKO』など自作による映画の製作・監督を行なう、TV番組 『Ryu's Bar 気ままにいい夜』『日経スペシャル カンブリア宮殿』のホストを務める、一時期入れ込んでいたキューバ音楽のCDのプロデュースを行う、などマルチに才能を発揮した。
エッセイやメールマガジンを通して政治経済や社会問題に対して積極的にコメントしている。
2000年より、約18年間芥川賞選考委員を務めていたが第158回を以て退任した。
=
1952年2月、アメリカ海軍基地の街である長崎県佐世保市に生まれる。本名は村上龍之助である。父は美術教師、母は数学教師であった。佐世保市立御船小学校、佐世保市立光海中学校を経て、1967年長崎県立佐世保北高等学校に入学する。ラグビー部に入部するも半年で退部、その後新聞部に籍を置く。高校在学中はロック・バンド「シーラカンス」を結成し、ドラムを担当した。3年生の夏、高校の屋上をバリケード封鎖し、無期謹慎処分となる。1970年佐世保北高校を卒業、それに前後して再びロック・バンドを結成し、8ミリ映画を撮り、劇団を組織、市の文化会館を借りてロック・フェスティバルを行なった。この年の春に上京し、現代思潮社の主宰する美学校のシルクスクリーン科に入学するも、半年で除籍となる。同年10月から1972年2月まで、アメリカ軍横田基地に近い福生市に住んだ。
1972年、武蔵野美術大学に入学する。この頃より、福生での体験を元に小説を書き始める。1976年、アメリカ軍基地の町・福生で麻薬と乱交に明け暮れる若者の姿を描いた『限りなく透明に近いブルー』で第19回群像新人文学賞、第75回芥川龍之介賞を受賞し、デビューする。ショッキングな内容からジャーナリズムにセンセーションを巻き起こした。批評は、新世代の表現であるという絶賛と、サブカルチャーにすぎないという批判の賛否真っ二つにわかれ、作品の解釈においても、ある者はアメリカ迎合であるとし、別の意見は「ヤンキー・ゴー・ホーム」であるとし、見解がわかれた。本作は100万部を売り上げた。1978年、本作を映画化し、自ら監督を務めた。

受賞歴

村上龍関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上龍関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kt_chocolat_bot限りなく透明に近いブルーは、村上龍。限りなく公明に近いグループは、創価。限りなく温泉に近いプールは、温水プール。限りなく欧米に近いペルーは、アグアリコ村。限りなく童貞に近いグループは、素人童貞。限りなく能面に近いブスは、可哀相。
Hana86256887「日本人は大人も子供も、有史以来誰も経験した事のない寂しさに覆われている」村上龍世界で一番孤独な日本人https://t.co/4F08XUD70Jhttps://t.co/KSvvbDHimI
murakamibot輝いていないものは、一緒にいるものを意気消沈させるのである。村上龍BOT
newbussiness成功ではなくサバイバル by 村上龍 #newbusiness
okomeoicyooo今週もありがとうございました☺️♥️DOTAMAさんの書く歌詞のもうひとつの意味を込める書き方は純文学に近いものがあるんじゃないでしょうか
LemontoLimetoどーしてもこういうテイストのものを選びがち大和守安定が好きなのも。村上龍の「白鳥」が好きなのも。嵐が丘を好む気持ちと似ている。
kuneyellow芥川賞の人は元自衛官で直木賞の人は元ダンスの先生か。村上龍の「作家は最後の職業」という言葉を思い出す。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    村上龍さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)