トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上龍

村上龍

村上龍さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村上 龍(むらかみ りゅう、本名は龍之助。1952年〈昭和27年〉2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。血液型はO型
長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、福生の米軍キャンプで麻薬とセックスに溺れる退廃的な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。同作は100万部を売り上げた。ベストセラー作家として、村上春樹とともに時代を代表する作家と目された。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『69 sixty nine 』『トパーズ』『五分後の世界』『半島を出よ』などがある。
作家活動以外にも、『トパーズ』『KYOKO』など自作による映画の製作・監督を行なう、TV番組 『Ryu's Bar 気ままにいい夜』『日経スペシャル カンブリア宮殿』のホストを務める、一時期入れ込んでいたキューバ音楽のCDのプロデュースを行う、などマルチに才能を発揮した。
エッセイやメールマガジンを通して政治経済や社会問題に対して積極的にコメントしている。
2000年より、約18年間芥川賞選考委員を務めていたが第158回を以て退任した。
=
1952年(昭和27年)2月、アメリカ海軍基地の街である長崎県佐世保市に生まれる。本名は村上龍之助である。一家が佐世保に家を建てて暮らし始めたのは、海軍工廠で栄えた佐世保の街に帝国海軍砲術兵曹長として赴任した祖父の代からである。高校在学中はロック・バンド「シーラカンス」を結成し、ドラムを担当した。3年生の夏、高校の屋上をバリケード封鎖し、無期謹慎処分となる。1970年佐世保北高校を卒業、それに前後して再びロック・バンドを結成し、8ミリ映画を撮り、劇団を組織、市の文化会館を借りてロック・フェスティバルを行なった。同年10月から1972年2月まで、アメリカ軍横田基地に近い福生市に住んだ。
1972年、武蔵野美術大学に入学する。この頃より、福生での体験を元に小説を書き始める。1976年、アメリカ軍基地の町・福生で麻薬と乱交に明け暮れる若者の姿を描いた『限りなく透明に近いブルー』で第19回群像新人文学賞、第75回芥川龍之介賞を受賞し、デビューする。ショッキングな内容からジャーナリズムにセンセーションを巻き起こした。批評は、新世代の表現であるという絶賛と、サブカルチャーにすぎないという批判の賛否真っ二つにわかれ、作品の解釈においても、ある者はアメリカ迎合であるとし、別の意見は「ヤンキー・ゴー・ホーム」であるとし、見解がわかれた。本作は100万部を売り上げた。1978年、本作を映画化し、自ら監督を務めた。

受賞歴

村上龍関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上龍関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jRMAPNぼくのそれらの原点、中学の時に読んだコインロッカー・ベイビーズ(村上龍)かもしれへんくて、今更わろてる
giKVTWoUuC56Aay村上龍が1981年に書いた小説「コインロッカー・ベイビーズ」は産んだばかりの息子を捨てようとする母親がその性器を口に含む場面から始まる。みく的には40年前にもこんな風習があったか否かより冒頭にこの場面を置いた作家の真意に興味があ… https://t.co/liS4QyGXtV
voidrex___これを見て村上龍のコインロッカーベイビーズのイントロを思い出した村上龍の小説みたいなのがそんなにちょいちょいあるわけないだろ…って思うけど、息子は小さい彼氏みたいなことを言ってる人にはよくあることなのかな…
LS_slot_bot鈴原冬二と相田剣介を主人公とした村上龍の小説は「愛と幻想の○○○○○」?→ファシズム[同一リール:(希望の国の)エクソダス、(コインロッカー)べイビーズ、(インザ・)ミソスープ]
KenKenta0753#名刺代わりの小説10選太宰治/人間失格太宰治/富嶽百景坂口安吾/私は海を抱きしめていたい島崎藤村/破戒三島由紀夫/春の雪(豊饒の海)阿部公房/R62号の発明・鉛の卵谷崎潤一郎/痴人の愛村上龍/コインロッカー・ベイビーズカミュ/異邦人向田邦子/ベスト・エッセイ
murakamibot女のことを忘れさせてくれるもの、それが必要なのだ。女以上に興奮させてくれるもの、それを持ってないともうアウトだ。村上龍BOT
sena_09_04小説家の村上龍さんは言った。「お金で幸せは買えないが、不幸を避けることはできる」納得。"お金があれば幸せ"なのではなく"お金があれば不幸にならない"という発想がなんともおもしろい。たしかに大抵のことはお金で対処できるし、選択肢や可能性を広げることもできる。やっぱりお金って大事
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    村上龍さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)