トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 泡坂妻夫

泡坂妻夫

泡坂妻夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

泡坂 妻夫|あわさか つまお|本名:厚川 昌男(あつかわ まさお)、1933年5月9日 - 2009年2月3日は、日本の推理作家、小説家。東京府・東京市神田区(現・東京都千代田区)出身。東京都立九段高等学校卒。
筆名の"泡"の旁は正しくは"己"ではなく"巳"。筆名は本名のアナグラムである。
東京・神田で「松葉屋」の屋号を持つ紋章上絵師(もんしょううわえし・和服に家紋を描き入れる専門の絵師)の家に生まれる。定時制で高校に通いながら約5年の会社勤めを経て、家業を継いで上絵師として働く。家業の傍ら幻影城新人賞に応募した短篇『DL2号機事件』が佳作入選して1976年に43歳で作家デビューした。なお、デビュー当初は、筆名の由来について質問されると、本名のアナグラムであることが恥ずかしくて説明できず、「家の近くは元、鈴木阿波守の下屋敷があったところで、その前の坂を阿波坂といいます、姓はその阿波坂をとり名の方は妻の姓「妻野」の一字をもらいました」という嘘の説明をしていたという。
その逆説を多用する作風から「日本のチェスタトン」と呼ばれた。また、劇中で用いられているトリックのタネを書籍自体に施した『しあわせの書』や、袋綴じされているページを切り開くと内容が変化する『生者と死者』など、紙媒体でしか成立しない仕掛けを施した、遊び心と技巧が一体となった作品がある。
文章中に繰り返し符号「々」を使用しないことが知られている。
作中で活躍する探偵役としては、亜愛一郎、曾我佳城、ヨギ ガンジー等。作品世界はすべて繋がっているらしく、ある作品の登場人物が別シリーズの作品にチラリと登場したり、時代小説にも先祖らしき人物が現れたりする。シリーズを終了させる際にパーティ場面を設定して、これまでの全主要人物が一堂に会する恒例のパターンなど、こまかな遊びがファンを喜ばせている。
また、泉鏡花文学賞を受賞した『折鶴』、直木賞を受賞した『蔭桔梗』などは、職人の世界を舞台にした「人情もの」小説である。このころになると、初期のオフビートな、ユーモラスな文体は、しっとりと情趣の濃いものに変化している。
奇術愛好家兼奇術師としても有名であり、1968年に第2回石田天海賞を受賞している。また、自身の名を冠した奇術の賞に厚川昌男賞がある。
作家活動と並行して家業の紋章上絵師の仕事も続け、その経験・知識から、家紋についての本も著している。
2009年2月3日、急性大動脈解離のため東京都内の病院で75歳で他界した。15年ぶりのシリーズ再開で、死の前日まで執筆した『ヨギ ガンジー、最後の妖術』が絶筆となった。

受賞歴

泡坂妻夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.3.16 『人間じゃない』綾辻行人

    1987年9月5日。

  • 2016.2.8 雑誌「幻影城」に短編3本 謎の大型新人、実はあの作家

    超大作ファンタジー「グイン・サーガ」などで知られる作家の栗本薫(1953~2009)が、江戸川乱歩賞を受賞して小説家デビューした1978年に、別の名前で小説を発表していたことがわかった。

  • 2015.4.14 ミステリー作家 泡坂妻夫を総特集

    和服に家紋を描き入れる紋章上絵師とアマチュアマジシャンの顔を持ちながら、小説を書けば奇想天外なトリックで読者を煙に巻く――『文芸別冊 泡坂妻夫(あわさかつまお)』(河出書房新社)は、2009年の没後も根強い人気を持つミステリー作家を総特集。

泡坂妻夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ottama709「東西ミステリーベスト100」(1985年度版)東西戦 ◎第16位泡坂妻夫『11枚のとらんぷ』(昭和51年)vs ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』(1907年)勝者『11枚のとらんぷ』→両作とも2012年度版東西戦… https://t.co/gayMGL5IQH
moooomaaaaaxxxこんな文学館があるんだとかも思って、行きてえと思ったりしたんだけど、そこでやっている展覧会とかも乱歩はもちろん小栗虫太郎展、鮎川哲也展、泡坂妻夫展とか見た過ぎる。こういう情報はもっとチェックしたいな。文フリに行ったなんてコラムもあったりして。興味あるが行ったことないんだよな。
_AilingPuniあーこれ袋とじのやつ!?聞いたことある 泡坂妻夫どうしてそんなことばかりできる…………? こういうのってもし図書館で借りたらどうなってんだろ
montetsutsu【夜光亭の一夜 (宝引の辰捕者帳ミステリ傑作選) (創元推理文庫)/泡坂 妻夫】久しぶりに読む泡坂妻夫の作品。捕物帳ものとのことだけど、自分がイメージする捕物帳とは違い、普通にミステリとして楽し… → https://t.co/wv4bTSpsRR #bookmeter
tanteisanbot探偵図鑑を作った場合、一番最初のページに乗る探偵は間違いなく、泡坂妻夫が生み出した、亜愛一郎という探偵だ。彼は一言で表すなら、残念なイケメン、だな。一巻は「亜愛一郎の狼狽」だから、気になるなら読んでみるといいよ
5959kurota今日12/3「奇術の日」にお勧め1◆奇術探偵曾我佳城全集/泡坂妻夫/2000◆蜃気楼博士/都筑道夫/1975◆怪奇大作戦「壁抜け男」1969◆刑事コロンボ「魔術師の幻想」1976◆medium 霊媒探偵城塚翡翠/相沢沙… https://t.co/TEJgkGNVxR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    泡坂妻夫さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)