トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本格ミステリ大賞小説部門

本格ミステリ大賞小説部門

本格ミステリ大賞小説部門 の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第12回2012年

第11回2011年

受賞

候補

候補

候補

第10回2010年

受賞

候補

候補

候補

以前のデータ(全データ一括表示

本格ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.4.27 作家の読書道 第205回:今村昌弘さん

    2017年に鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』でデビューした今村昌弘さん。意表を突くクローズドサークルの設定が話題となり、年末の各ミステリランキングで1位になり、本格ミステリ大賞も受賞。第2作となる『魔眼の匣の殺人』も期待を裏切らない内容で、今後の活躍が楽しみな新鋭です。でも意外にも、昔からミステリ作家を目指していたわけではなかったのだとか。ではどんな本が好きだったのか、そして作家を目指したきっかけは?

  • 2017.7.15 暗号小説で本格ミステリ大賞 相生出身・竹本健治さん

    暗号ミステリーの大作「涙香(るいこう)迷宮」で第17回本格ミステリ大賞に輝いた兵庫県相生市出身の作家竹本健治さん(62)=佐賀県武雄市。

  • 2016.5.25 本格ミステリ大賞決まる 小説部門は鳥飼否宇さんの『死と砂時計』

    第16回本格ミステリ大賞(本格ミステリ作家クラブ主催)は、小説部門が鳥飼否宇さんの『死と砂時計』(東京創元社)、評論・研究部門は浅木原忍さんの『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド 増補改訂版』(Rhythm Five)に決まった。

本格ミステリ大賞小説部門 関連つぶやき

y_m_sunadokei先週の本格ミステリ大賞イベントに続き今週も芳林堂書店高田馬場店へ今日の購入本『一日署長』は「お宛名入りサイン本キャンペーン」に申し込んでいたもの https://t.co/2c40YSUcNx
rasuyoko@ikuo190IQO @KY46646724 Gに「GOTH」はどうでしょうか?本格ミステリ大賞獲ってるんでミステリに入れていいと思いますよ。
kunikikuni私も空手から戻ったらプール入るぞっ! 先日の本格ミステリ大賞贈呈式の日も空手で、パーティー前に道場へ。後悔するくらいキツかった(画像参照)。今日のメニューはどうなのかしら(由) https://t.co/aAbWUbqQYn https://t.co/do8iP6eMc3
pISjSc4NqzmCAsrいまさらですが、25(日)は芳林堂書店高田馬場店本格ミステリ大賞受賞記念トークショー&サイン会に行ってまいりました。トークショーめちゃめちゃおもしろかった…!私のような零細ライターに気づいてくださった先生・編集者の方もいらしてあり… https://t.co/wN8ZZnL2jJ
bungakkanビビる大木が読み解く、幕末ミステリ『刀と傘』の魅力 「江藤新平にフィーチャーする切り口に驚いた」|2019年に第19回本格ミステリ大賞を受賞した伊吹亜門の小説『刀と傘』が、2023年4月に創元推理文...(Real Sound ブ… https://t.co/BFJGp57kaG
ryusei8035 #龍聖の感想 『教室がひとりになるまで』読了。うーん、浅倉先生らしい文章で楽しめました。後から知ったんですが、本格ミステリ大賞と日本推理作家協会賞Wノミネートされていたんですね。話の構成とか内容は面白かったですが、ミス… https://t.co/cWItBQeRVf
origamikyoyaそういえば私、今年から、本格ミステリ大賞の予選委員を担当することになったんですよ……今年こそちゃんと読まなければ、ミステリを
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)