トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 三枝和子

三枝和子

三枝和子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三枝和子(さえぐさ かずこ、1929年3月31日 - 2003年4月24日)は日本の小説家。兵庫県神戸市出身。夫は文芸評論家の森川達也。『葬送の朝』で注目されて以来、反リアリズム的手法を用いた実験的作品を書き続けた。日本ペンクラブ女性作家委員会初代委員長。
旧姓四本。1948年兵庫師範学校女子部(明石分校)卒、旧制関西学院大学文学部哲学科に入学、50年卒業、同大学院文学研究科修士課程に進学、武市健人にヘーゲルを学ぶ。51年中退、森川(本名三枝)と結婚。中学校教師をしながら、森川らと同人雑誌『文藝人』を創刊。63年、森川が兵庫県の実家の寺を継いだため、東京に仕事場をもち、東西往復生活が始まる。68年、『鏡のなかの闇』を刊行、69年、『処刑が行われている』を出版し、田村俊子賞を受賞する。
その後も多くの作品を発表したが、1988年以降は、平安朝の女性文学者、古代の女性などを主人公とする歴史小説を多く書いた。ほかに「響子」シリーズがある。また1991年刊行の『恋愛小説の陥穽』では、まだあまり例がなかったフェミニズム文学批評を実践した。

受賞歴

三枝和子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

三枝和子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

robertbloch0886高橋たか子の幻想小説ってまとまりゃいいのにな『骨の城』とか三枝和子と並んでなんか扱い地味になった
kuroko_mode兵庫県多可郡加美町(当時)ご出身の越川さんは、かつての加美町、多可郡の様子もお話くださいました。さらに、多可郡中町(現・中区)ゆかりの小説『月の飛ぶ村/三枝和子』にも言及!そのくだりは、ラジオ後半で ――… https://t.co/dwLZnjvUsX
_George1218_その波にはだを休めて、菊治は征服者が居眠りながら奴隷に足を洗わせているような満足三枝和子『恋愛小説の陥穽』
kichosha436 三枝和子「月の飛ぶ村」昭和54年 新潮社 初版   揺れる村  風は間隔をおいて時折強く吹いた。その度に鶏小舎の臭気は川の方へ素早く運ばれた。鶏小舎の臭気は運ばれていくとき幅広い気層を形成した。その部分の空気は着色… https://t.co/zyA21mbfZ7
shantii_books令和に三枝和子という何とも言えない渋みがありますが、反リアリズム的手法ってワードが思い浮かぶんですけど、タイトルからして??って感じるのが多いです。初期タイトル多目 https://t.co/67B9qynhNw
QM28397615瀬戸内寂聴三枝和子東野圭吾伊予原新(いよはらしん) https://t.co/vnVhr7AfKl
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三枝和子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)