トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 立松和平

立松和平

立松和平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

立松 和平(たてまつ わへい、1947年12月15日 - 2010年2月8日)は日本の小説家である。日本ペンクラブ会員。本名:横松 和夫(よこまつ ・かずお)。筆名は本名の「横松」のもじりで「立松」にした。
栃木県宇都宮市生まれ。栃木県立宇都宮高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部へ進学。
1966年大学入学時は学生運動で騒然としていた。早稲田キャンパス新聞会に入会するが政治的対立のため、除名。文章表現研究会に入会し、現代文学に親しむ。また日本各地や沖縄、韓国、東南アジアなどを流浪する。また、大学にもどるとデモに参加していた。
那覇のナイトクラブでバイトした経験を処女作「途方にくれて」として執筆し、雑誌『早稲田文学』に投稿。当時、「早稲田文学」の編集長だった有馬頼義が主宰する若手作家のサロン「石の会」に参加し三浦哲郎、高井有一、後藤明生、色川武大らと知り合う。
1970年、集英社の内定を得ていたが『早稲田文学』に「途方にくれて」が掲載されたため就職せず留年。「自転車」で第1回早稲田文学新人賞を受賞する。翌1971年、結婚。妻は『早稲田文学』編集部に勤務していて和平と知り合った。流浪の生活が2年間続く。土木作業員、運転手、魚市場の荷役、病院の看護助手など職を転々。この頃、伝説的な新宿の喫茶店「風月堂」で中上健次と出会う。
1972年には妊娠した妻を実家に帰し、3ヶ月のインド旅行に出かける。同年、テレビ・ディレクターだった田原総一朗が1969年に企画した山下洋輔がバリケードの中でピアノを演奏したイベントを「今も時だ」として小説化。新潮新人賞候補となり、商業誌デビュー。
1973年、経済的理由から帰郷し宇都宮市役所に就職。栃木を題材にした小説を書き続ける。1979年退職し、文筆活動に専念。同年に発表した「閉じる家」「村雨」2度、芥川賞候補となる。1980年、『遠雷』で野間文芸新人賞を受賞。1981年にはATGにより『遠雷』が映画化される。
1984年、宇都宮の家にある本を全部売り払い東京に移住。取材でレバノンを訪れる。福島泰樹に薦められて、ボクシングを始める。ボクシング体験は著書『ボクシングは人生の御飯です』にまとめている。また映画『蜜月』(1984年)では脚本を担当。
1985年には、香港-北京ラリーにナビゲーターとして参加。『地上の翼 香港-北京ラリー優勝記』に執筆。1989年12月 ~ 1990年1月には写真家・小川義文がチーム監督をつとめたチームによる、パリ・ダカールラリーに1号車ナビゲーターとして出場。『パリ・ダカ 砂の水平線』に執筆。
1986年からテレビ番組『ニュースステーション』のコーナー「こころと感動の旅」に出演し、その独特のトークで注目される。その旅の内容は『雲を友として こころと感動の旅』にまとめている。1993年の『光の雨』で「盗作事件」を起こし、社会問題となる。事件以後、テレビ出演等が急減した。
1997年、『毒 - 風聞・田中正造』で毎日出版文化賞受賞。
2002年3月、歌舞伎座上演『道元の月』の台本を手がけ第31回大谷竹次郎賞受賞。2007年、『道元禅師』で第35回泉鏡花文学賞受賞。
行動派作家として知られ自然環境保護問題にも積極的に取り組み、徳島県で川の学校の講師を務めたこともある。小説のほか紀行文、絵本、戯曲、など純文学作家としては異例なほど著書が多い。また近年は仏教への関心を深めており(インドへの関心は若い頃からのもの)、その方面のエッセイ類も多数ある。
2010年2月8日、東京都内の病院にて多臓器不全で死去。1月には体調を崩して入院していた。大法輪連載中だった『良寛』と、書き下ろしの小説『白い河 風聞・田中正造』が未完の絶筆となった。

立松和平新刊

  • 発売日
    2014年8月29日
  • 書名
    救世 (立松和平全小説 28)
  • 発売日
    2014年6月25日
  • 書名
    晩年へ (立松和平全小説〈第27巻〉)
  • 発売日
    2014年5月9日
  • 書名
    生きていく「私」 (立松和平全小説〈第26巻〉)

受賞歴

立松和平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.6.6 部落解放文学賞:妻へ三十五年目の手紙 中学夜間学級に通う西畑保さん入選、76歳「学ぶことは楽しい」 /奈良

    奈良市立春日中学校夜間学級(春日夜中)に通う西畑保さん(76)=奈良市東九条町=が書いた作文「三十五年目の手紙」が、部落解放同盟などが運営する「第38回部落解放文学賞」の記録文学部門で入選した。400字詰め原稿用紙で40枚を超える力作で、原稿用紙を埋めた文字の一つ一つが夜間中学で取り戻した大切な「文字と言葉」だ。

  • 2001.6.30 作家の読書道:第5回 北方 謙三さん

    「WEB本の雑誌」の自称注目コーナー「作家の読書道」第五回目に登場するのは近著「水滸伝」シリーズがベストセラーの北方謙三さん。我々「WEB本の雑誌」編集部員は、北方さんを第2の住まい?都内某ホテルに訪ねました。そこでは、ハードボイルドな小説の世界とはまた一味違う、"じょう舌"な北方さんとの本の話が繰り広げられて・・・。

立松和平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

meganago『流れる水は先を争わない』立松和平
Ikuya_yasyu小学生のときに立松和平の海のいのちを読んで別に感銘は受けなかったけれどふたつの太陽ではぐっと心をつかまれた。
nanamibiaヤフオク!:アフリカ■【悲しみの地平線 ナミビア紀行】立松和平: 現在価格:3,500 円,入札数:-,終了日時:2014/07/21 22:51 http://t.co/g0MgSZu3OA #namibia #yauc
ForProfessional【立松和平】「役所を辞め、腹をくくって書いた小説が賞を取った。やっぱり人生は、覚悟を決めないとダメなんだね」『プロ論 才能開花編』
yqutaq自分の魂にうそをついたら、いい人生は送れない  立松和平
konpisan【過去に読んだ本からの抜粋集】by http://t.co/zHWhe8K0F5ぼくの仏教入門 立松和平すべての世界が人の一念の中にあります。心さえ変われば三千世界のすべては変わるということです。
UCHUunoKOTOBAつまらない世間体やプライドは、あまりにむなしいし、寂しいものだしね。 立松和平
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
立松和平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)