トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田辺聖子

田辺聖子

田辺聖子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田辺 聖子(たなべ せいこ、本名:田邉 聖子、1928年3月27日 - 2019年6月6日)は、日本の小説家、随筆家。
大阪府大阪市生まれ。淀之水高等女学校を経て樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大学)国文科卒。恋愛小説などを中心に活動し、第50回芥川龍之介賞などの受賞歴がある。文化勲章受章者。
1928年3月27日、大阪府大阪市に生まれる。父方は広島県福山市の出身で祖父の代から写真館を経営していた。大阪市内に生まれ、大阪の風俗文化に深く親しみながら育ったことが、のちの作風に影響を与えている。因みに北摂の新興都市については風俗文化が乏しいと評している。
幼少時は古典文学に親しみ、多くの少女小説を愛読した。戦時中は愛国心にあふれた軍国少女としての時代を過ごし、戦争で死ぬことを本望としていた。1943年『少女の友』の作文欄で川端康成の選により掲載された「さら」が最初の活字作品。敗戦後はその反動と喪失感から複雑な思いを抱く中で古典文学の世界に癒しを見出した。大阪の金物問屋に勤めながら文芸同人の『文芸首都』『大阪文学』に参加し、『花狩』はラジオドラマに採用され放送作家となった時期もある。1955年から1957年にかけて、半年間ずつ2度、大阪文学学校の夜間部に在籍。
1956年に上梓した『虹』で大阪市民文芸賞を受賞してからは本格的な作家活動に入り、恋愛をテーマにした小説や大阪弁を用いた一種の方言文学の制作に取り組んだ。1964年に「感傷旅行」で第50回芥川賞に選出され、若手女流作家の寵児となる。以降は人気作家として多くの執筆依頼を受けていくが、純文学の賞である芥川賞の受賞者としての立場を枷に感じ、後年に「直木賞の方が欲しかった」と冗談含みで語っている。1987年の第97回直木賞から2004年第132回まで直木賞の選考委員を務めた。
次第に大衆小説へと軸足を移し、より身近な設定で恋愛小説や社会風刺的なエッセイなどを精力的に執筆する。また古典文学の流れから歴史小説にも活躍の場を広げ、同じ大阪出身の歴史小説家である司馬遼太郎とも親睦を結んでいるほか、自身も江戸時代の俳諧師・小林一茶の生涯を描いた『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞している。小松左京や筒井康隆ら関西SF作家たちとの交際も長く、『おせいさんの落語』は彼らも顔負けの奔放なイマジネーションを駆使した奇想小説集であり、連作短編集『お聖どん・アドベンチャー』の題は筒井のアイディアである。1995年に紫綬褒章を受章する(67歳)。2000年に文化功労者。
2006年にはエッセイなどをもとにした朝の連続テレビ小説『芋たこなんきん』(NHK大阪放送局制作)が作られた。2007年に母校の大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス図書館内に田辺聖子文学館が開館。長年の執筆活動を称えて、2008年に文化勲章を授与された。2009年には著作をもとにした朗読劇「田辺聖子の世界」が公開され、3月30日と31日には銀座博品館劇場で、同年5月9日には兵庫県立芸術文化センターで、いずれも萬田久子主演で上演された。
2019年6月6日、総胆管結石による胆管炎で神戸市内の病院において死去。91歳だった。死没日をもって従三位に叙される。

受賞歴

田辺聖子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.6.8 田辺聖子さんの学生時代の日記見つかる 終戦の日の心境克明に

    人生の機微を軽妙に語る小説やエッセーなどを数多く残し、おととし91歳で亡くなった作家の田辺聖子さんが、終戦の日を迎えた心境などを克明につづった学生時代の日記が見つかりました。「軍国少女」の一面がうかがえる一方で、戦争に振り回される境遇に対する率直な思いも記されています。

  • 2019.6.10 作家の田辺聖子さん死去、91歳=小説、エッセーなど多彩な作品

    人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

  • 2019.2.20 小説部門で青森高生優秀賞/田辺聖子文学賞

    大阪樟蔭女子大学田辺聖子文学館は19日、第11回田辺聖子文学館ジュニア文学賞の受賞者を発表した。

田辺聖子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

isaoiori@akisumitomo 住友先生 いつも貴重なご意見、情報をありがとうございます。田辺聖子さんの場合は現在放送中の「いもたこなんきん」でもある程度たどれますが、野村昭子さんの証言は初めて知りました。後期の留学生対象の近現代史の授業で紹介したいと思います。
kohikuramasuta#芋たこなんきん今朝は朝から喫茶店で町子先生 ならぬ田辺聖子先生の御本を読んでます。昭和49年発売の「求婚旅行」生意気にも私が13歳の時に買ったやつでそれを50年ぶりに読み返してます。 https://t.co/xZPX20LCNS
kotobamemo_bot「いつかまた」という言葉ほど、人生で残酷な言葉はないと思う。人はその言葉にだまされ、はかない思いをかけて、その人生を終るのだ。/田辺聖子「雪のめぐりあい」
bDSyut8Imekxc7kせっかく大阪に行ったのでいろいろ行きたかったけど(田辺聖子さん実家のあたりとか)暑さに負けた。でも前から行ってみたかった堂島のティールームには行った。ステキなところで紅茶も美味しい。ご馳走様でした
drawingcover@nobu_max あと、3️⃣の方で言うと…今BSで「芋たこなんきん」という田辺聖子の自伝的朝ドラを再放送してるのでWiki調べてたら、「田辺は必殺のファンとしても知られ、中でも仕事人Ⅲについては方向性について苦言を呈し…」み… https://t.co/FtffbHCUNB
toohbon@guruguru_gould 丁寧さがすごく出てる作品ですよね……。会話が普段から面白いのは大前提なんですが、登場人物みんなの思考や感情の描写がすごく丁寧なんですよね。やはり原作者の田辺聖子さんの筆致でしょうか。
kennenji田辺聖子が、10代で書いた戦中・敗戦日記。「家事と戦争が縦糸と横糸のようにかっちり噛み合い、ある種の強靭さを生み出しているような気がする」と。 https://t.co/Ibgxh8AXNN
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田辺聖子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)