トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿刀田高

阿刀田高

阿刀田高さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿刀田 高|あとうだ たかし|1935年1月13日 - は日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。1993年から1997年まで日本推理作家協会会長、2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。文化功労者。山梨県立図書館名誉館長。
東京生まれ。一人の兄と三人の姉の下で双子の兄として生まれるが、弟は1歳になる前に早世。両親は共に宮城県仙台市の出身だった。父方の伯父の阿刀田令造は西洋史学者で第二高等学校第9代校長を務め、名校長と謳われた。令造の父の阿刀田義潮(よしとも)は宮城県名取郡下増田村(後の名取町・現:名取市)の初代村長だった。遠縁には岸信介・佐藤栄作兄弟の実兄である佐藤市郎がいる。
本籍は東京・西荻窪。戦時中は父が経営していた鋳物工場があった長岡市に疎開するが、その地で長岡空襲に遭う。戦後も中学校(長岡市立南中学校)卒業まで同地で過ごす。高校進学を期に上京し東京都立西高等学校に入学する。高校2年生の秋に、父を脳溢血で亡くし、貧しい母子家庭で苦労して育つ。少年時代から科学が好きで、海軍技師、医師、薬剤師と変化しつつも理系の職業を志望しており、エンジニアであった父も理系への進学を強く望んでいたが、高校在学中にフランス文学に興味を持つ。父の死により進路に迷いが生じ、大学入試では文系と理系両方の学部を受験するも、合格したのは文系だけであった。
1954年、早稲田大学第一文学部フランス文学科に入学する。もっぱら奨学金と家庭教師のアルバイトで自活していた。
早稲田大学に入学した当時は新聞記者を志望していたが、1955年に結核を病んで休学し、16か月間の療養生活を送る、このため志望変更を余儀なくされ、1960年に大学を卒業した後、文部省図書館職員養成所に入学する。1961年から国立国会図書館に司書として勤務する。このころ、恩師が出版した日本語関係の小冊子に、古今東西の殺し文句に関する随筆を発表したところ、思いがけず『朝日新聞』の文化欄に取り上げられて喜ぶ。1964年9月、池田書店からの依頼で『ころし文句』(長崎寛との共著)を上梓する。引き続き、池田書店から『笑いのころし文句』『ユーモア一日一言』などの随筆集を刊行する。1969年、著書『ブラックユーモア入門』(KKベストセラーズ)がベストセラーとなったことに勇気を得て、1972年に退職し、筆一本の生活に入る。コント、翻訳、広告文案などを手がける。
1978年、短編集『冷蔵庫より愛をこめて』が直木賞候補となる。1979年、短編『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞を受賞。1979年、短編集『ナポレオン狂』で第81回直木賞を受賞。1995年、『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞を受賞。2003年、紫綬褒章。2007年より日本ペンクラブ会長。現在は新田次郎文学賞、直木賞、小説すばる新人賞選考委員、講談社『小説現代』のショートショート・コンテスト選考者を務めている。2012年4月に山梨県立図書館館長に就任した。

受賞歴

阿刀田高関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿刀田高関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MisakoKurosawa#あなたの本棚のあまがえるらりるれろは鬼門かな。るだけ旦那の本から拝借(笑あ:アルスラーン戦記・田中芳樹 ま:マッチ箱の人生・阿刀田高 が:巌窟王モンテ・クリスト伯・アレクサンドル・デュマ え:Aサイズ殺人事件・阿刀田高… https://t.co/mIrij9vsu7
ritsukizmついでにこっちもやってみた。一致指数で複数名前挙がってるのは太宰治と阿刀田高かあ、意識したことないけどそうなんだなあって感じ。AllAとか実在するんだと思ったけど個人的にはAllAのやつは読みにくいのでまあ参考程度だよね https://t.co/vQZfG2SWOj
YOUMEIZI888「源氏物語」… 読んでみたいと何度思った事か… でも登場人物多いし、何冊も有るし、途中で挫折する予感が。そんな私にピッタリな本を見つけた。阿刀田高さんの「源氏物語を知っていますか」。帰りの電車の中で読んでいます。 https://t.co/49s83pakpX
mututan_hatake日本人の結構な割合がキャベツ畑やコウノトリを信じている。なぜならセクースをすれば子供が出来る事を知らない輩が新聞を賑わせてるから。という阿刀田高の詭弁ジョークが笑えない時代が来そうですね
adjgptwmjgadjgj『文豪ナビ 芥川龍之介』芥川龍之介関連のなにかを読みたくなって本屋さんをフラフラしてたら見つけた。芥川龍之介の作品ナビや『評伝 芥川龍之介』、阿刀田高さんのエッセイと面白い。他にもシリーズあるみたいだから読もうかな
inubaraaaahttps://t.co/yRDpPsRH85今見たら別の文で鴎外85で更に面白くなってきた 私もしかして鴎外先生だったんですか。阿刀田高が高いのは前から自覚してたけどそうか…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿刀田高さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)