トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿刀田高

阿刀田高

阿刀田高さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 - )は日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。
東京生まれ。両親は共に宮城県仙台市の出身だった。父方の伯父の阿刀田令造は西洋史学者で第二高等学校第9代校長を務め、名校長と謳われた。令造の父の阿刀田義潮(よしとも)は宮城県名取郡下増田村(後の名取町・現:名取市)の初代村長だった。
本籍は東京・西荻窪で、戦時中は宮城県の名取に疎開し、増田小学校に通学する。16歳のとき、長岡市で鋳物工場を経営していたエンジニアの父を亡くし、貧しい母子家庭で苦労して育つ。長岡市立南中学校、新潟県立長岡高等学校を経て東京都立西高等学校に転校、長岡空襲で被災する。少年時代から科学が好きで、海軍技師、医師、薬剤師と志望を変えた。
1954年、早稲田大学第一文学部フランス文学科に入学する。もっぱら奨学金と家庭教師のアルバイトで自活していた。
早稲田大学に入学した当時は新聞記者を志望していたが、1955年に結核を病んで休学し、16か月間の療養生活を送る、このため志望変更を余儀なくされ、1960年に大学を卒業した後、文部省図書館職員養成所に入学する。1961年から国立国会図書館に司書として勤務する。このころ、恩師が出版した日本語関係の小冊子に、古今東西の殺し文句に関する随筆を発表したところ、思いがけず『朝日新聞』の文化欄に取り上げられて喜ぶ。1964年9月、池田書店からの依頼で『ころし文句』(長崎寛との共著)を上梓する。引き続き、池田書店から『笑いのころし文句』『ユーモア一日一言』などの随筆集を刊行する。1969年、著書『ブラックユーモア入門』(KKベストセラーズ)がベストセラーとなったことに勇気を得て、1972年に退職し、筆一本の生活に入る。コント、翻訳、広告文案などを手がける。
1978年、短編集『冷蔵庫より愛をこめて』が直木賞候補となる。1979年、短編『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞を受賞。1979年、短編集『ナポレオン狂』で第81回直木賞を受賞。1995年、『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞を受賞。2003年、紫綬褒章。2007年より日本ペンクラブ会長。現在は新田次郎文学賞、直木賞、小説すばる新人賞選考委員、講談社『小説現代』のショートショート・コンテスト選考者を務めている。2012年4月に山梨県立図書館館長に就任した。

受賞歴

阿刀田高関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿刀田高関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

SLDLMKサクッと読めるのなら星新一とか阿刀田高のショートショートがベストでは?ってオススメしたけど「後味悪いじゃん……」って言われてなるほど……となった
noraguron@jimusyonohito1 @tanikabun 阿刀田高のエッセイで知っただけだが設定なんかはすごいなあとw
MaKo_20200219『陰陽師 瀧夜叉姫』を読み終えたらなにを読もうか…と悩むふりをする。村上重良の『日本宗教事典』というやたら高くて険しい壁があるから、勇気を出して登攀してみようかしらん。でも筒井康隆と阿刀田高の短編集が怪しげに手招き… https://t.co/q59aPybyUo
bot03463637阿刀田高(あとうだたかし、日本の小説家、カメリアンコンプレックスを提唱、代表作に『冷蔵庫より愛をこめて』がある、日本の代表的な「奇妙な味」の小説を書き、第15代日本ペンクラブ会長を務めた)
1924DADA古本 最近の入荷より阿刀田高さんの本。文庫本でまとめて入荷いたしました。ミステリー、短編の名手。「読者に時間をとらせず負担をかけない短編は礼儀正しい文学である」読むものに困ったら、阿刀田さんで間違いなしでしょう。… https://t.co/FIYoPWAu4C
a_ranking_newsBOOK☆WALKER期間限定セール(9/24まで) 阿刀田高『恋する「小倉百人一首」』 330円https://t.co/8fy29lRBU1
knichark遠い連想。阿刀田高さんだったと思うが、「悪戯は、仕掛けたあとは引っ掛かった人の顔を思い浮かべてニヤニヤするものであって、顛末を確認しなきゃ気が済まないのは程度が低い」に類することを書いていらしたのを思い出しました。 https://t.co/iGwaaOBrdw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿刀田高さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)