トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐々木譲

佐々木譲

佐々木譲さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐々木 譲(ささき じょう、1950年3月16日 - )は、日本の作家。本名は同じ漢字で、ささき ゆずると読む。東京農業大学客員教授。
北海道夕張市生まれ。北海道中標津町在住。北海道札幌月寒高等学校卒業。美術系大学への進学を断念したのち、京都や東京などで溶接工、自動車組立て工などのアルバイト生活を続ける。その後広告代理店や本田技研で広告関連の仕事に従事、1979年「鉄騎兵、跳んだ」で文藝春秋「オール讀物新人賞」を受賞し、作家デビュー。同作は映画化もされ評判となった。歴史や犯罪を主に題材に採り、ジュブナイル小説も手がけている。近年は電子絵本の制作や自作の舞台化にも積極的である。また、直木賞をはじめ数々の文学賞を受賞している。
1979年 『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞し、作家デビュー。
1989年 『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞長篇部門・日本冒険小説協会大賞・山本周五郎賞を受賞。
1994年 『ストックホルムの密使』で日本冒険小説協会大賞を受賞。
2002年 『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。
2008年版『このミステリーがすごい!』で、『警官の血』が1位となる。
2010年『廃墟に乞う』で第142回直木賞受賞。高卒の作家としては6年ぶりの快挙であった。また、デビュー30年目の大ベテランによる受賞は32年目の白石一郎(第94回)に次ぐ記録であった。
2016年 第20回日本ミステリー文学大賞を受賞。

佐々木譲新刊

  • 発売日
    2019年12月13日
  • 書名
    抵抗都市

受賞歴

佐々木譲関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐々木譲関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

takamori_j⑧影響を受けた作家佐々木譲の第二次大戦、逢坂剛のスペイン内戦を描いた諸作品は好きです。あと、帚木蓬生の歴史系の作品も。彼らのように、映画を見るような感覚で読める小説を書ければ…と常々思っています。
area298DAY 2「好きな作家のお気に入りの本」 ①森沢明夫「海を抱いたビー玉」②司馬遼太郎「峠」③佐々木譲「疾駆する夢」④ジャック・ヒギンズ「鷲は舞い降りた」 ①森沢さんデュー作②私の河井継之助マニアの入り口③佐々木… https://t.co/IdAXP7yBbS
ibahachiro_bot遊撃隊一同、命さえあればいつでも、何度でも、先鋒で戦う覚悟はできております。明朝の再出陣に異存はございませぬ。ただ、洋式調練を続けていたはずの、伝習隊はどこにあるのです?伝習歩兵隊と連携して作戦にあたるべき砲兵隊はどこにいったのです?騎兵隊は?  (佐々木譲『武揚伝』)
qma_LSmoji_bot2008年度版の『このミステリーがすごい!』で第1位に輝いた佐々木譲の長編小説は?→警官の血
AriharaMasaaki日本のマチュピチュこと竹田城石垣と言えば石工集団・穴太衆の歴史を知るとさらに楽しめます。お薦めは佐々木譲の天下城、獅子の城塞軍師の夢を絶たれた戸波市郎太が近江の穴太衆として身を立てていく物語、欧州へ渡った息子次郎左が稜堡型… https://t.co/8npZ2rmMgz
idebuchi4950佐々木譲「防雪圏」を読み終える。爆弾低気圧に覆われた北海道東部を豚にした長編群像ハードボイルド。閉塞感と緊迫感、緊張感と不穏さが充満しているものの読後感は抜群にいい。ああ面白かった。これ冒頭に地図があれば、いいのにな。連作短編「制… https://t.co/Vz4HkGacrl
shikiyoshi_sora佐々木譲さん原作の「警官の血」のドラマが時々 見たくなることがあるのよ 再放送してくれないかしらね 地上波で
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐々木譲さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)