トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤瀬川隼

赤瀬川隼

赤瀬川隼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川 隼彦(あかせがわ はやひこ)、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家。
三重県四日市市生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。
住友銀行への16年の勤務『人は道草を食って生きる』P.97を経て、外国語教育機関(ラボ教育センターの運営会社のテックに勤務『潮もかなひぬ』(文春文庫)著者紹介し、のちに言語交流研究所(テックから、榊原陽らが独立して作ったヒッポファミリークラブの関連組織)に勤務し『宝石』1986年6月号「宝石図書館」主に広報の仕事に従事『人は道草を食って生きる』P.97、その後は全集物のセールスマンなどに従事『人は道草を食って生きる』P.134
1983年に『球は転々宇宙間』で第4回吉川英治文学新人賞を受賞し本格的に作家デビュー。
1983年、「捕手はまだか」で第88回直木賞候補。1984年、「潮もかなひぬ」で 第90回直木賞候補。1985年、「影のプレーヤー」第92回直木賞候補。1988年、「オールド・ルーキー」「梶川一行の犯罪」「それぞれの球譜」で第98回直木賞候補。
『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代4番目に高齢である。
中学校の国語教科書にも掲載されている『一塁手の生還』をはじめ、野球をテーマにした小説が多い。
2015年1月26日、肺炎のため死去。1931|11|5|2015|1|26。

受賞歴

赤瀬川隼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.2.14 『白球残映』直木賞作家、赤瀬川隼さん…野球に人生重ね合わせた"7番打者"

    昭和57年、近未来野球小説『球は転々宇宙間』でデビューし、吉川英治文学新人賞を受賞する。51歳になっていた。6歳下の弟、赤瀬川原平(尾辻克彦)はその2年前に『父が消えた』で芥川賞を受賞している。

  • 2015.1.27 直木賞作家の赤瀬川隼さんが死去

    野球に題材をとった小説で知られる直木賞作家の赤瀬川隼(あかせがわ・しゅん、本名・赤瀬川隼彦=はやひこ)さんが26日、肺炎のため神奈川県内の病院で亡くなった。83歳だった。葬儀・告別式は近親者で行う。

赤瀬川隼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kokugokyokasyo僕はまた母と二人きりになり、また、土蔵の明かり窓の下で過ごす時間が長くなった。新たな大きい「喪失」――死んだはずの一範兄が生きて帰っての死――形見の、つやがなくなって干からびたファースト・ミットは、土蔵の僕の机の上に飾ってある。(一塁手の生還/赤瀬川隼/中三)
bibun_n_botNo.125 (タイ)小説「父が消えた」で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですがその兄で、小説「白球残映」で1995年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?⇒あかせがわ(赤瀬川)
jun1sato全く根拠レスで言っているが、赤瀬川隼「深夜球場」の主人公のモデルは南村侑広だったんかな?
Bander_Muarタイトルが7文字の小説×12・前アカシヤの大連…清岡貞行ある日わたしは…石坂洋次郎海に生くる人々…葉山嘉樹オキナワの少年…東峰夫砂の上の植物群…吉行淳之介球は転々宇宙間…赤瀬川隼#文学
tatsuya10539163おはホイミン✨11月5日が誕生日
gtrunteku十一月五日……ヴィヴィアンリーさん、平良とみさん、赤瀬川隼さん、アイクターナーさん、ルイズルイス加部さん 生誕日。
buhikun赤瀬川隼流に言うと「ラッキーナイン」#日本シリーズ2022
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    赤瀬川隼さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)