トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤瀬川隼

赤瀬川隼

赤瀬川隼さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川隼彦、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家。三重県生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。
住友銀行に勤務。のち外国語教育機関(ラボ教育センターの運営会社のテックに勤務『潮もかなひぬ』(文春文庫)著者紹介、のちに言語交流研究所(テックから、榊原陽らが独立して作ったヒッポファミリークラブの関連組織)に勤務した『宝石』1986年6月号「宝石図書館」)、書店などに勤務。
1983年に『球は転々宇宙間』で第4回吉川英治文学新人賞を受賞。
1983年、「捕手はまだか」で第88回直木賞候補。1984年、「潮もかなひぬ」で 第90回直木賞候補。1985年、「影のプレーヤー」第92回直木賞候補。1988年、「オールド・ルーキー」「梶川一行の犯罪」「それぞれの球譜」で第98回直木賞候補。
『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代4番目に高齢である。
『一塁手の生還』等野球をテーマにした小説が多い。
2015年1月26日、肺炎のため死去。1931|11|5|2015|1|26。
帽子作家の赤瀬川晴子は妹。2014年に死去した芥川賞作家で芸術家の赤瀬川原平(尾辻克彦)は弟。長女は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人。
言語交流研究所の中野矢尾(ヒッポファミリークラブ創設以来のフェロウで、トランスナショナル・カレッジ・オブ・レックス発足と同時にシニア・フェロウ)の研究を参考に、赤瀬川は『人麻呂の暗号』に先行して、「万葉集は朝鮮語で読解できる」というアイディアをもとにした短編ミステリ「潮もかなひぬ」を1983年に発表、1985年に長編『潮もかなひぬ』として刊行した『潮もかなひぬ』(文春文庫)後書き
『人麻呂の暗号』などの藤村由加の著書の研究についても、中野矢尾の支援をうけており、中野は作中に「アガサ」という名前で登場する[https://www.lexhippo.gr.jp/what/supporter_detail013.php アガサを偲んで]
弟の赤瀬川原平も、言語交流研究所(ヒッポファミリークラブ)の理事でもあり、またヒッポ創設者の榊原陽とは、前身のラボ教育センター時代からの交流があった。

受賞歴

赤瀬川隼関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.2.14 『白球残映』直木賞作家、赤瀬川隼さん…野球に人生重ね合わせた"7番打者"

    昭和57年、近未来野球小説『球は転々宇宙間』でデビューし、吉川英治文学新人賞を受賞する。51歳になっていた。6歳下の弟、赤瀬川原平(尾辻克彦)はその2年前に『父が消えた』で芥川賞を受賞している。

  • 2015.1.27 直木賞作家の赤瀬川隼さんが死去

    野球に題材をとった小説で知られる直木賞作家の赤瀬川隼(あかせがわ・しゅん、本名・赤瀬川隼彦=はやひこ)さんが26日、肺炎のため神奈川県内の病院で亡くなった。83歳だった。葬儀・告別式は近親者で行う。

赤瀬川隼関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bibun_n_botNo.125 (タイ)小説「父が消えた」で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですがその兄で、小説「白球残映」で1995年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?⇒あかせがわ(赤瀬川)
watertowerUC赤瀬川隼の本は中学生くらいから何冊か読んでいたけど、赤瀬川原平については割と長らく「父親の本棚にある『オブジェを持った無産者』の著者は赤瀬川隼の弟らしい」という認識しかなかった(もっと早く読めばよかった)。 https://t.co/RNqpS2FBaw
kirihiko_親子だと岸田國士と岸田今日子谷崎潤一郎と観世栄夫(観世栄夫は娘婿)唐十郎と大鶴義丹兄弟だと吉行淳之介と和子秋元不死男と松代尾辻克彦と赤瀬川隼なんかもいる。 https://t.co/z67aYyDMiL
kokugokyokasyo僕はまた母と二人きりになり、また、土蔵の明かり窓の下で過ごす時間が長くなった。新たな大きい「喪失」――死んだはずの一範兄が生きて帰っての死――形見の、つやがなくなって干からびたファースト・ミットは、土蔵の僕の机の上に飾ってある。(一塁手の生還/赤瀬川隼/中三)
mototakiryu@todateyoshiyuki @igaigaguri キャッチャーが主役の野球小説なら、赤瀬川隼さんの「キャッチャーはまだか」ですかね。
kirieworldstarThe original artwork can’t be sold yet.Total No131(Book Cover No82)•1988年8月1日 潮もかなひぬ 赤瀬川隼著 文春文庫 https://t.co/NgCOtX60Ym
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤瀬川隼さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)