トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 有明夏夫

有明夏夫

有明夏夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

有明 夏夫(ありあけ なつお、1936年5月11日 - 2002年12月17日)は大阪府出身の作家。
本名は斎藤義和。1945年福井県に疎開し、勝山精華高等学校(現福井県立勝山南高等学校)を卒業。同志社大学工学部中退後、工員や会社員を経て1972年に作家としてデビューした。1978年、『大浪花諸人往来』で第80回直木賞を受賞。 2002年、肝不全のため死去。1936|5|11|2002|12|17。
*1972年『FL無宿のテーマ』で第18回小説現代新人賞。
*1978年『大浪花諸人往来』で第80回直木賞。
**「大浪花諸人往来」はNHKドラマ『なにわの源蔵事件帳』の原作となった。

受賞歴

有明夏夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

有明夏夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

a_ranking_newsBOOK☆WALKER期間限定セール(7/09まで) 有明夏夫『大浪花諸人往来』 416円https://t.co/FtmKRjaOEy
swCIQMHJ9jR5jte文明開化期の捕物帳といえば安吾捕物帖が有名ですが、既刊の有明夏夫「浪花の源蔵」の他にも、島田一男「開化探偵帳」、秋永芳郎「明治捕物帖」、楠田稔「浜野晋介捕物控」など多々あるのです。そんな中で今日は、ありふれた錦絵ではなく明治らしい… https://t.co/6bTGSHT4dw
Arabiq_owner@2023sebas 有明夏夫という小説家の『なにわの源蔵事件帖』というシリーズ作品が好きなのですが、源蔵親方が天満でじゃこ天を食べる場面が多いんですよ笑 明治時代に江戸の岡っ引きと同心の関係を引き摺っている侠客が主人公なんです。
b_effect_botQ700.直木賞作家・有明夏夫の歴史小説です【夜明け】A.ダイブレーキ(キーがカタカナなので推測も何もない。これはこう覚えてください)
neko_haruno_1@B4Tf90j4WRknuz6 この一句は有明夏夫さんの「俺たちの行進曲」に出てくるんですよ。男子用が不足気味の高校のトイレに貼ってあるってくだりが笑
lumCIniNGnBDurw先輩から教わった句。「頭のいい男らしく、こちらがぶつける質問に、あらかじめ答えを用意していたような手まわしの良さが、どうにも気に食わぬ。誠実そうに振る舞ってはいたが、あの裏側にはしたたかな打算があるに違いない」(有明夏夫『京街道を走る』)まさに昨今の会見だね。
koukakunoko確か、有明夏夫の大浪花諸人往来に軽業一座に紛れてアメリカに渡ったスリが出てくる話があったような覚えが。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
有明夏夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)