トップページ > 作家名一覧 > せから始まる作家名一覧 > 瀬尾まいこ

瀬尾まいこ

瀬尾まいこさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

瀬尾 まいこ(せお まいこ、1974年1月16日sakuya - )は、日本の小説家。本名は瀬尾麻衣子。
大阪府大阪市生まれsakuya。奈良県奈良市在住奈良。大谷女子大学文学部国文学科卒業sakuya。中学校の国語講師を9年務めた後、2004年、30歳のときに京都府の中学校教員採用試験に合格2011年に退職するまでは中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行なっていた子どもバン。また、35歳のときに体を壊して退職した際に執筆活動を2年間中断し保育士免許を取得。(保育士としての勤務経験はない。)保育士免許取得については「手術を伴う婦人科系の病気だったため自身の出産が難しいかもしれないと感じたが、子供が好きで子供と関わる仕事をしたかったため」と語っている。
2014年、39歳のときに女児を出産。自身の中学校勤務をもとにしたエッセイ『ありがとう、さようなら』も執筆している。
2001年(平成13年)、『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞するバン。同作を書いて応募したきっかけは「教員採用試験に落ち続けていたとき、何か自分のアピールポイントが欲しかった」と明かしている。
2001年旧・宮津市立日置中学校(閉校)に臨時講師で赴任し4年間勤務する。2002年(平成14年)11月、単行本『卵の緒』を上梓する。2005年(平成17年)、『幸福な食卓』で第26回吉川英治文学新人賞を受賞するバン。同年4月1日、京丹後市立久美浜中学校着任久美。2008年(平成20年)、『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞するバン。2010年(平成22年)4月1日、相楽東部広域連合立和束中学校に転勤。2011年(平成23年)3月31日、退職するバン。
2013年(平成25年)、咲くやこの花賞文芸その他部門受賞sakuya。2018年(平成30年)、『そして、バトンは渡された』で第31回山本周五郎賞で候補となる産経。2019年(平成31年)、『そして、バトンは渡された』で第16回本屋大賞受賞オリ。

受賞歴

瀬尾まいこ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

瀬尾まいこ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

orivertaisho読了主人公は自分は何者でもないと訴えていたけど、そんなことはないと励ましてくれる仲間がいる大切さを覚えた外からみた自分の内側って自分がみている自分の内側とは違うんだなと少々クセのある登場人物が意外と良かった益々瀬尾まいこ… https://t.co/d1iCExj9VV
sekiseiword「文学なんてみんなが好き勝手にやれば言い。だけど、すごく面白いんだ。それは言っておきたい。だから、僕は三年間、ずっと夢中だった。毎日、図書室で僕はずっとどきどきしてた。ページを開くたび、文学について言葉を生み出すたび、僕はいつも幸せだった」/瀬尾まいこ「図書館の神様」
8et7rPpbEQvDuiP@EvS8k0r8DqNLun2 はじめまして。まずはご挨拶代わりにマイ本棚から5冊。①ウェブスター「あしながおじさん」②田辺聖子「私の大阪八景」③山本文緒「パイナップルの彼方」④瀬尾まいこ「卵の緒」⑤東野圭吾「11文字の殺人」
EvS8k0r8DqNLun2おはようございます。ドラマティックな朝焼けとともに。今朝は産直市に行く予定です
brat0528ナイス 【そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ】いやいや、こんな出来すぎた話ないよ~!とは思ったけどおもしろかった。最後の結婚式で実の父親とやっと再会するシーンには涙。一人の女性の身勝手なふるま… → https://t.co/oUO628XtmP #bookmeter
sarawolf_805私が瀬尾まいこさん好きになるきっかけになった中1の国語の教科書当時は「花曇りの向こう」って話が載ってたんだけど、今は「あと少し、もう少し」が載ってるのね、でも25行しか載ってないの!こんなんじゃ良さ伝わらないから!!!!!!!… https://t.co/yxNPRhFNyg
_neuaq何十年かけても変わらないこともあるけど、きっかけさえあれば、気持ちも身体もいとも簡単に変化する。それにもっと敏感に対応していかないといけない。そう思った。- 天国はまだ遠く / 瀬尾まいこ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
瀬尾まいこさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)