トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中光二

田中光二

田中光二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 光二|たなか こうじ|1941年2月14日 - は、日本の小説家。SF作家、推理作家、冒険小説作家。日本の「SF作家第二世代」を代表する作家の一人。
日本統治下の朝鮮・京城(ソウル)生まれ。父親は漕艇のオリンピック選手であり作家でもあった田中英光。私小説的作品『オリンポスの黄昏』で、父との葛藤を描いている。父の自殺に伴い、父方の祖母に引き取られ、厳格な躾に反撥して育つ。
高校生の時、養家を出て実母のもとに引き取られる。NHKに入局し、教養番組のプロデューサーを務める。勤務のかたわら、6年がかりで早稲田大学第二文学部英文科を卒業する。
1971年にNHKを退社。『宇宙塵』1972年2月号から4回連載した『幻覚の地平線』。また、1974年には初の長編『大滅亡(ダイ・オフ)』を刊行する。
初期には海洋やジャングルを舞台とした冒険SFを得意としたが、後にアクション物、架空戦記物などにジャンルを広げ、人気を博す。
1974年、『幻覚の地平線』で第2回泉鏡花文学賞候補。1975年、『大いなる逃亡』で第74回直木賞候補。1977年、『幻魚の島』で第5回泉鏡花文学賞候補。1980年、『黄金の罠』で第1回吉川英治文学新人賞を受賞。同年、『血と黄金』で第6回角川小説賞を受賞。『黄金の罠』では第33回日本推理作家協会賞長編部門候補作ともなった。1991年、『樹―審判の日』で第19回泉鏡花文学賞候補。1992年、『オリンポスの黄昏』で第20回泉鏡花文学賞候補。
1983年、日本冒険作家クラブの創設の発起人の一人となる。1988年から1991年の間、日本SF作家クラブの6代目会長を務めた。
2012年2月には著作が300冊となった。2月1日に日本SF作家クラブが主催で「田中光二さん300冊記念パーティ」が催された。同年3月29日、青山霊園の先祖の墓前で自殺を図ったが、軽傷であった。
2013年、他のベテラン作家らとともに日本SF作家クラブ名誉会員となった。

受賞歴

田中光二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中光二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dogs_tw田中光二先生の『エデンの戦士』に、人類が滅びてから2000年後の、樹木に覆われ島と見紛う原子力空母が出てきていて、それを思い出しました。あっちは沈んでいなくて海を漂い続けていたと記憶していますが。
RoudbusterAHP3視聴完了しました第二部の魔海を見てて、SF作家の田中光二氏の『怒りの大洋(わだつみ)』シリーズの第二部大海神だったかを思い出した海水の1部が意思を持ち海洋汚染する人類に報復するっていう感じのお話しでした
kurotuki_3田中光二スフィンクスを殺せ 我が赴くは蒼き大地 幻覚の地平線 https://t.co/Nkll2yiSfh
bunkenandrock【連続TV映画SFドラマシリーズ『猿の軍団』/台本/No.13/決定稿】原作=小松左京、田中光二、豊田有恒/脚本=若槻文三/監督=深沢清澄/製作=円谷プロ、TBS|文献書院 &ブンケンロックサイドにて出品中… https://t.co/5VV1awXESH
8getter星新一『きまぐれフレンドシップ PART2』集英社文庫 230-B 225p / 新潮文庫 ほ-4-42 226p よりかんべむさし、田中光二ともに現代では忘れ去られた作家である(両者とも存命だが…)当時のあのSF作家で生き… https://t.co/lxuLkPApQO
kurotuki_2田中光二- わが赴くは蒼き大地堀晃 - 太陽風交差点梶尾真治- つばき、時跳び https://t.co/CFTvi52eB5
chokomaronn【雑誌】SFマガジン 1978年2月号 創刊18周年記念特大号 田中光二/眉村卓/星新一/手塚治虫/光瀬龍/ほか https://t.co/CKmzGcvVMx #ヤフオク
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中光二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)