トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中光二

田中光二

田中光二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 光二|たなか こうじ|1941年2月14日 - は、日本の小説家。SF作家、推理作家、冒険小説作家。日本の「SF作家第二世代」を代表する作家の一人。
日本統治下の朝鮮・京城(ソウル)生まれ。父親は漕艇のオリンピック選手であり作家でもあった田中英光。私小説的作品『オリンポスの黄昏』で、父との葛藤を描いている。父の自殺に伴い、父方の祖母に引き取られ、厳格な躾に反撥して育つ。
高校生の時、養家を出て実母のもとに引き取られる。NHKに入局し、教養番組のプロデューサーを務める。勤務のかたわら、6年がかりで早稲田大学第二文学部英文科を卒業する。
1971年にNHKを退社。『宇宙塵』1972年2月号から4回連載した『幻覚の地平線』。また、1974年には初の長編『大滅亡(ダイ・オフ)』を刊行する。
初期には海洋やジャングルを舞台とした冒険SFを得意としたが、後にアクション物、架空戦記物などにジャンルを広げ、人気を博す。
1974年、『幻覚の地平線』で第2回泉鏡花文学賞候補。1975年、『大いなる逃亡』で第74回直木賞候補。1977年、『幻魚の島』で第5回泉鏡花文学賞候補。1980年、『黄金の罠』で第1回吉川英治文学新人賞を受賞。同年、『血と黄金』で第6回角川小説賞を受賞。『黄金の罠』では第33回日本推理作家協会賞長編部門候補作ともなった。1991年、『樹―審判の日』で第19回泉鏡花文学賞候補。1992年、『オリンポスの黄昏』で第20回泉鏡花文学賞候補。
1983年、日本冒険作家クラブの創設の発起人の一人となる。1988年から1991年の間、日本SF作家クラブの6代目会長を務めた。
2012年2月には著作が300冊となった。2月1日に日本SF作家クラブが主催で「田中光二さん300冊記念パーティ」が催された。同年3月29日、青山霊園の先祖の墓前で自殺を図ったが、軽傷であった。
2013年、他のベテラン作家らとともに日本SF作家クラブ名誉会員となった。

受賞歴

田中光二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中光二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rairen_bot1:日本のSF作家 2:わが赴くは蒼き大地 3:スフィンクスを殺せ 4:幻覚の地平線 A:田中光二
ultramanjoe@info_history1 京大の類人類研究者と仲の良かった小松左京が『猿の惑星』の猿描写のいい加減さに腹を立てて豊田有恒、田中光二とともに原作を手がけた隠れた名作ですので、機会があれば是非ご覧になって下さい
kurotuki_3田中光二スフィンクスを殺せ 我が赴くは蒼き大地 幻覚の地平線 https://t.co/Nkll2yiSfh
sugimura93922福野礼一郎『狂気撃走小説 バンザイラン』だと、主人公がフェラーリ365(ミドのGT4BBだったか)を苦心して入手したり、田中光二「白熱(デッドヒート)」だと、ケンメリを追うのにHKSターボのセリカLBとか。当時ならアルフ… https://t.co/XppS5inirK
natsufuyut更新しました。→『日本SF全集 2 1972~1977』のレビュー 田中光二 (たなかさん) - ブクログ https://t.co/EmGkllhILo
kajiken7田中光二先生の『灼熱の水平線』を久々に再読。いわゆる"日本SF第2世代"の作家さん達は"ド真ん中"で、特に田中光二先生の冒険SFにはハマりまくって、当時の作品はほぼ全て読んでいたのだが、本作もその一つ。洗練された文体と陰あるカッコ… https://t.co/6tvqQhes1e
woody_honpo大森一樹は、ポリティカルフィクションに思い入れがあり、『ゴジラVSビオランテ』もPFタッチを取り入れて作ったが、田中光二原作の『東京湾炎上』のリメイクを熱望していた。これは、ぜひ観たかった。時代が10年ズレていたら、実現してい… https://t.co/aRXnxvNXyV
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    田中光二さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)