トップページ > 作家名一覧 > れから始まる作家名一覧 > 連城三紀彦

連城三紀彦

連城三紀彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

連城 三紀彦|れんじょう みきひこ|1948年1月11日 - 2013年10月19日。
愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。
1977年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞(小説部門)を受賞し、同作が探偵小説専門誌『幻影城』1978年1月号に掲載されデビュー。大胆な仕掛けや叙情性溢れる美文体を用いたトリッキーな作風で評価を得る。その後ミステリ的筆致を心理の機微を表現することに応用した恋愛小説を著すようになり、直木賞を受賞した『恋文』以降は大衆小説に執筆の主軸を移した。しかしその後もフレンチミステリ的心理劇や謀略サスペンス、誘拐もの、叙情的な幻想ミステリ、メタミステリなど、多彩なミステリの執筆も行っている。
共同事務所「オフィス・レム」に関口苑生(評論家)、北澤和彦(翻訳家)、香山二三郎(コラムニスト)、上原ゼンジ(写真家)らと所属していた。
2002年には『白光』、『人間動物園』とミステリー作品を連続して発表し、話題となった。
若い頃からの映画好きで、大学在学中にシナリオの勉強のため、フランスへ留学した経験を持つ。
父の実家が浄土真宗の寺であったことから、1985年に東本願寺で得度している。法名は智順。名古屋市の同朋大学で修学するため1年間休筆し、田代俊孝教授に師事している。
2009年に胃がんが見つかり闘病生活を送る。2013年10月19日、胃がんのため名古屋市内の病院で死去した。1948|1|11|2013|10|19。

受賞歴

連城三紀彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

連城三紀彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

toranekotowa米澤穂信の満願よかったな......連城三紀彦短編に通ずるカタルシスがあったな......
hit4boy連城三紀彦『恋文』収録作品は、映画やテレビ、演劇で作品として取り上げられておりドラマとして優れています。どの物語も謎をはらんだ展開をするのは著者ならではでしょう。読者の年代によって様々な見方ができる、再読に耐えうる恋愛小説集です。https://t.co/Vg9Y4IeYuk
ys19790106紅き唇 連城三紀彦#紅き唇#連城三紀彦https://t.co/ePu3Jg3ZSj
mysterybot2女の手首から、血は小指を伝い、川へと流れ落ちていた。絶え間なく流れる血は、川面と、橋の欄干に崩れている女の手首とを一条の赤い糸で繋いでいる。もう大分以前に、女の愛した男の命が流れていった川である。(『花虐の賦』/連城三紀彦)
utakatalobooks米澤穂信さん『米澤屋書店』、読書中。タイトル通り本…とりわけミステリにまつわるエッセイ集です。直木賞作家の「#名刺代わりの小説10選」が知れるなんて贅沢。熱いお勧めのせいか、泡坂妻夫、山田風太郎、連城三紀彦がすごく読みたくなりました。#読書好きな人と繋がりたい
onessense『ただ一言で別れられるなら、やはり一言でやり直せるかもしれない。』連城三紀彦 ##kizuki
mini2888人間関係というのは、相手との距離さえ置けばうまくいく。もめるのはその距離を越えようとするからだ。─連城三紀彦(作家)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
連城三紀彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)