トップページ > 作家名一覧 > れから始まる作家名一覧 > 連城三紀彦

連城三紀彦

連城三紀彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

連城 三紀彦|れんじょう みきひこ|1948年1月11日 - 2013年10月19日。
愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。
1977年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞(小説部門)を受賞し、同作が探偵小説専門誌『幻影城』1978年1月号に掲載されデビュー。大胆な仕掛けや叙情性溢れる美文体を用いたトリッキーな作風で評価を得る。その後ミステリ的筆致を心理の機微を表現することに応用した恋愛小説を著すようになり、直木賞を受賞した『恋文』以降は大衆小説に執筆の主軸を移した。しかしその後もフレンチミステリ的心理劇や謀略サスペンス、誘拐もの、叙情的な幻想ミステリ、メタミステリなど、多彩なミステリの執筆も行っている。
共同事務所「オフィス・レム」に関口苑生(評論家)、北澤和彦(翻訳家)、香山二三郎(コラムニスト)、上原ゼンジ(写真家)らと所属していた。
2002年には『白光』、『人間動物園』とミステリー作品を連続して発表し、話題となった。
若い頃からの映画好きで、大学在学中にシナリオの勉強のため、フランスへ留学した経験を持つ。
父の実家が浄土真宗の寺であったことから、1985年に東本願寺で得度している。法名は智順。名古屋市の同朋大学で修学するため1年間休筆し、田代俊孝教授に師事している。
2009年に胃がんが見つかり闘病生活を送る。2013年10月19日、胃がんのため名古屋市内の病院で死去した。1948|1|11|2013|10|19。

受賞歴

連城三紀彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

連城三紀彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chanmaruo9#2022年上半期の本ベスト約10冊1.灼眼のシャナ/高橋弥七郎2.誰も僕を裁けない/早坂吝3.魔眼の匣の殺人/今村昌弘4.電気じかけのクジラは歌う/逸木裕5.六人の嘘つきな大学生/浅倉秋成6.泥の銃弾/吉上亮7.戻り川心中/連城三紀彦8.十兵衛両断/荒山徹
utakatalobooks#2022年上半期の本ベスト約10冊スタープレーヤー/恒川光太郎赤い博物館/大山誠一郎戻り川心中/連城三紀彦ビブリア古書堂の事件手帖/三上延捜査線上の夕映え/有栖川有栖ガダラの豚/中島らもじんかん/今村翔吾スタッ… https://t.co/s8UCykGuYs
merurumaruru@hozuki_sosaku 連城三紀彦の文章、美しいよねえ。わかるう。
hozuki_sosakuとわさんにおすすめしてもらった連城三紀彦氏の『敗北への凱旋』を読み始めたのだけど、序章の時点であまりにも文章が美しくて思わず一旦閉じてしまった←文章が美しい………(語彙力がない)
ys19790106午後だけの島  連城三紀彦#午後だけの島#連城三紀彦https://t.co/pBFAQOtldp
mysterybot2俺は三階を見上げた。窓に灯が点っている。烈しくなった雨が、その灯を光の破片に砕いて下方へとばら撒いていた。(『代役』/連城三紀彦)
onessense『ただ一言で別れられるなら、やはり一言でやり直せるかもしれない。』連城三紀彦 ##kizuki
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
連城三紀彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)