トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 帚木蓬生

帚木蓬生

帚木蓬生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい、1947年1月22日 - )は、日本の小説家、精神科医。福岡県小郡市生まれ。
東京大学文学部仏文科卒、九州大学医学部卒。ペンネームは、『源氏物語』五十四帖の巻名「帚木(ははきぎ)」と「蓬生(よもぎう)」から。本名、森山 成彬(もりやま なりあきら)。
東京大学仏文科時代は剣道部員、卒業後TBSに勤務。2年後に退職し。開業医として活動しながら、執筆活動を続けている。
医学に関わる作品が多く、また自身(精神科医)の立場から『ギャンブル依存とたたかう』を上梓している。
2008年、短編「終診」(『風花病棟』に収録)を執筆後にたまたま受けた定期検査で急性骨髄性白血病に罹っていることが判明。半年間の入院生活の後、復帰した。

受賞歴

帚木蓬生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.3.1 吉川英治文学賞に帚木蓬生氏

    第52回吉川英治文学賞は帚木蓬生氏の「守教(上・下)」(新潮社)に決まったと、吉川英治国民文化振興会が1日発表した。

  • 2013.5.14 北原亞以子さんに歴史時代作家クラブ特別功労賞

    第2回歴史時代作家クラブ賞(同クラブ主催)が13日発表され、作品賞に伊東潤さんの「義烈千秋 天狗党西へ」(新潮社)と帚木蓬生さんの「日御子」(講談社)が決まった。

  • 2012.7.15 【書評】『日御子』帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)著

    人間と国家の在り方を問う ミステリーから軍記小説まで、多彩なジャンルを横断する作者の新刊は、古代日本と中国を舞台とした歴史小説である。使譯(しえき)(通訳)の一族の生き方を通じて、人間と国家の在り方を問いかけた、堂々たる大作だ。

帚木蓬生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

FranzCampanella帚木蓬生さん『臓器農場』看護師一年生の天岸規子。山の上に立つ聖礼病院に大好きなケーブルカーで通勤している。ある日山頂のレストランで勤務先の病院名と【無脳症】という言葉を耳にする。これがこの病院の抱える秘密を白日の下に晒す第一歩にな… https://t.co/xPU9T7EH7p
YouNa_Pam2020@TatsuyaKitani もう一冊レコメンさせてください。帚木蓬生著『閉鎖病棟』九州の精神科病棟を舞台にした殺人事件の長編サスペンスです。ホラーではありませんがメンタルをヤラれてる時に読んだらカタルシスが得られましたw… https://t.co/d7WljJKEUg
JQ0mAkK50ZIgzY1@oba52050983 強制徴用でなく求人募集に応じただけ監督者の朝鮮人が給与管理をしていて搾取が酷かった。帚木蓬生先生の小説で炭鉱労働環境は描かれてます。今、騒いでいるのは総連系団体です。文在寅は赤ですから、民団組織が… https://t.co/NnmMYjmbKq
tengen999アメブロを投稿しました。『小説 閉鎖病棟 帚木蓬生』#アメブロ #てんつぶ https://t.co/LdCcfutuXN
mos___night医療系の作品は仕事の目線で見てしまうのであまり読みたくないけど、帚木蓬生と石黒達昌は美しくて倫理にもかなっていて勉強になるのですきです
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
帚木蓬生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)