トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 白石一文

白石一文

白石一文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

白石 一文(しらいし かずふみ、1958年8月27日 - )は、日本の小説家。父は直木賞作家の白石一郎。双子の弟は小説家の白石文郎。2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞。初の親子二代での受賞となった。
birth_date = 生年月日と年齢|1958|8|27
| birth_place = JPN 福岡県福岡市
| death_date =
| death_place =
| resting_place =
| occupation = 小説家
| language = ja
| nationality =
| education =
| alma_mater = 早稲田大学政治経済学部
| period = 1992年 -
| genre = 小説
| subject =
| movement =
| religion =
| notable_works = 『一瞬の光』(2000年)
『ほかならぬ人へ』(2009年)
| spouse =
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
| awards = 第16回すばる文学賞『惑う朝』(1992年)
第22回山本周五郎賞『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』(2009年)
第142回直木三十五賞『ほかならぬ人へ』(2010年)
| debut_works = 『惑う朝』(1992年)
| signature =
| website =

*福岡県福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校29期を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。その後、文藝春秋に入社、週刊誌記者、文芸誌編集などを経る。
*1992年、瀧口明の名で投稿した『惑う朝』(応募時タイトルは『鶴』)で第16回すばる文学賞佳作。1994年、滝口明の名で『第二の世界』を上梓。2000年、白石名義での「一瞬の光」で再デビューする。
*パニック障害を患い、一時休職。現場復帰するも、退社、作家専業となる。
*「どれくらいの愛情」が第136回直木賞候補作となる。
*2009年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で第22回山本周五郎賞を受賞する。
*2010年「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞する。date=2014年9月22日 (月) 12:09 (UTC)|父の一郎が同賞に6回(7作)も候補に挙がりながらも落選し続ける姿を見てこういう賞がなければいいとまで思っていた。そんな大嫌いな賞だった直木賞を受賞したことに対し「変わらざるを得ない。大好きとは言えないが、好きぐらいは言いたい」と語っている。
*date=2014年9月22日 (月) 12:09 (UTC)|直木賞授賞後に発表したエッセイで、父・一郎の唯一のSF作品である『黒い炎の戦士』シリーズ(未完結)が、自身が原案を担当した「共著」であり、またその続巻を発表するつもりであることを、明かした。
*思想的にショーペンハウアー、トルストイなどの影響を受けている。
*date=2014年9月22日 (月) 12:09 (UTC)|ロッキングオンの編集者、山崎洋一郎や社会学者の宮台真司に支持される。

白石一文新刊

  • 発売日
    2019年11月7日
  • 書名
    僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年9月1日
  • 書名
    ここは私たちのいない場所(新潮文庫)
  • 発売日
    2019年8月28日
  • 書名
    ここは私たちのいない場所 (新潮文庫)

受賞歴

白石一文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

白石一文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kidplanea生きてたらいろいろあるよ。 でもね、何年か経ったら どんなことでも 大したことじゃなかったって 分かるから。 人間はさ、そうやって毎回 自分に裏切られながら 生きていくしかないんだよ。 by ほかならぬ人へ、白石一文https://t.co/fq7gaWp4QX
aki49635362今は矢口敦子さんの『海より深く』を読み始めました。ミニマリストの本と、小川糸さんのエッセイと三冊読み。あと未読は原田マハさんの『フーテンのマハ』、次に下巻を借りようと白石一文さんの『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 上巻』を借りています。白石さんの本は退院してからかな。
vc3buf7vzvb生きてたらいろいろあるよ。 でもね、何年か経ったら どんなことでも 大したことじゃなかったって 分かるから。 人間はさ、そうやって毎回 自分に裏切られながら 生きていくしかないんだよ。 by ほかならぬ人へ、白石一文#共感してくれる人RT
20191111done短編集『草にすわる』白石一文著。 収録されている短編の中で特に『砂の城』が最高におもしろかった。また時期を置いて読み返したい。精神が荒廃し相手が分からなくなった妻に主人公が話しかける言葉に心が絆された。本当に愛おしい。 https://t.co/x7ogCuGcyx
Dokusyo_Rui誰かを「かわいそう」というとき、自分は高みに立ったまま、安全圏にいる。相手のことを慈しんでいるようで、実は、自分がつらさを見たくない、ということではないでしょうか。(この胸に深々と突き刺さる矢を抜け - 白石一文)
finalfrontierjp【DESIGN DIGEST】Webサイトバナー『横浜ハンマーヘッド』、ポスター『THE POWER OF CHRISTMAS -LUMINE CHRISTMAS 2019-』、書籍カバー『僕のなかの壊れていない部分/白石一文』(… https://t.co/S1hCsZjRNl
NickTheHoly白石一文「僕の中の壊れていない部分」、文春文庫に入るみたいでジャケが武田鉄平。https://t.co/NLQN7ZNZSn
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
白石一文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)