トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 白石一文

白石一文

白石一文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

白石 一文(しらいし かずふみ、1958年8月27日 - )は、日本の小説家。父は直木賞作家の白石一郎。双子の弟は小説家の白石文郎。2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞。初の親子二代での受賞となった。
*福岡県福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。その後、文藝春秋に入社、週刊誌記者、文芸誌編集などを経る。
*1992年、瀧口明の名で投稿した『惑う朝』(応募時タイトルは『鶴』)で第16回すばる文学賞佳作。1994年、滝口明の名で『第二の世界』を上梓。2000年、白石名義での「一瞬の光」で再デビューする。
*パニック障害を患い、一時休職。現場復帰するも、退社、作家専業となる。
*「どれくらいの愛情」が第136回直木賞候補作となる。
*2009年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で第22回山本周五郎賞を受賞する。
*2010年「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞する。date=2014年9月22日 (月) 12:09 (UTC)|父の一郎が同賞に6回(7作)も候補に挙がりながらも落選し続ける姿を見てこういう賞がなければいいとまで思っていた。そんな大嫌いな賞だった直木賞を受賞したことに対し「変わらざるを得ない。大好きとは言えないが、好きぐらいは言いたい」と語っている。
*date=2014年9月22日 (月) 12:09 (UTC)|直木賞授賞後に発表したエッセイで、父・一郎の唯一のSF作品である『黒い炎の戦士』シリーズ(未完結)が、自身が原案を担当した「共著」であり、またその続巻を発表するつもりであることを、明かした。
*思想的にショーペンハウアー、トルストイなどの影響を受けている。
*date=2014年9月22日 (月) 12:09 (UTC)|ロッキングオンの編集者、山崎洋一郎や社会学者の宮台真司に支持される。

白石一文新刊

  • 発売日
    2019年2月7日
  • 書名
    プラスチックの祈り
  • 発売日
    2019年1月24日
  • 書名
    記憶の渚にて (角川文庫)
  • 発売日
    2019年1月24日
  • 書名
    記憶の渚にて (角川文庫)

受賞歴

白石一文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

白石一文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Dokusyo_Ruiゆったりと流れる時間だけがきっと本物の時間なんだと思うよ。(私という運命について - 白石一文)
mfmfbooks[僕のなかの壊れていない部分/白石一文] 編集者の青年と彼の家を出入りする人間たちとの関係性から、死生観、恋愛観を掘り下げ突き付けてくる物語。小説というより思考実験に近いと個人的に思う。村上春樹のアフターダークと同様に読後にモヤモヤ感あり。読みやすいが好き嫌いが分かれそうだ。
kidplanea生きてたらいろいろあるよ。 でもね、何年か経ったら どんなことでも 大したことじゃなかったって 分かるから。 人間はさ、そうやって毎回 自分に裏切られながら 生きていくしかないんだよ。 by ほかならぬ人へ、白石一文https://t.co/fq7gaWp4QX
aimflighta生きてたらいろいろあるよ。 でもね、何年か経ったら どんなことでも 大したことじゃなかったって 分かるから。 人間はさ、そうやって毎回 自分に裏切られながら 生きていくしかないんだよ。 by ほかならぬ人へ、白石一文https://t.co/2iidRckYSz
Pondumemo≪142≫白石一文の直木賞受賞作は『ほかならぬ人へ』ですが、その父である白石一郎の直木賞受賞作は何でしょう?
arama_akko「プラスチックの祈り」白石一文作家姫野と同齢の私。忘れてしまっていることが多いのは同じだなましてや飲んだくれててはね…と軽く読み始めて…まさに迷宮入り。読み進めては戻り、でも更に先が読みたくて、噛みしめるように読んだあと再読しま… https://t.co/2GzRgE1WXx
manomiya37「小説を通じて、僕はこの世界の全体像を、つまりすべての現象を包みこんだ完璧な世界像を構築したいんだ」白石一文は小説のテーマを絶対に『運命』に置いてる。僕は作家の本源を突き詰めていけばその人の作品群は大きなテーマで括られてると… https://t.co/4pe8TcpsDz
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
白石一文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)