トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石牟礼道子

石牟礼道子

石牟礼道子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石牟礼 道子(いしむれ みちこ、1927年(昭和2年)3月11日 - 2018年(平成30年)2月10日)は、日本の小説家・詩人・環境運動家。
=
左|サムネイル|代用教師をしていたころ(1943年)右から2番目が石牟礼
石牟礼道子は1927年3月11日白石亀太郎(当時34歳)と吉田ハルノ(当時24歳)の長女として、熊本県天草郡河浦町(現・天草市)に生まれる。父や祖父は石工であり、道子という名は道路が完成することを予祝して、 家族全員が考えて、名付けられた。三か月後には、葦北郡水俣町へ帰り以後そこで育つ。1930年に水俣町栄町に引っ越す。1934年に水俣町第二小学校に入学。小学二年生の時に初めて小説を読む。その時に読んだのは、中里介山の『大菩薩峠』であった。二年生の終わりごろ、山を売っていた祖父が事業に失敗し、栄町の自宅が差し押さえられ、水俣川河口の荒神通称「とんとん村」に引っ越す。水俣町立第一小学校に転校、舟で学校に通う。1940年に小学校を卒業し、水俣実務学校(現 熊本県立水俣高等学校)に入学。このころから歌を作り始める。1943年に卒業し、佐敷町の代用教員錬成場に入る。二学期より、田浦小学校に勤務する。この頃、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を知り、深く感銘を受ける。 代用教員時代の19歳の時、小学校にあった亜ヒ酸で自殺を試み、未遂に終わる。

受賞歴

石牟礼道子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石牟礼道子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

inu_1984石牟礼道子さんの新作能「沖宮」を観に行けることになった!雨乞いの為に生け贄として海に流された少女と天草四郎の霊の物語…装束は糸から草木染で仕立てたものだそう。楽しみ✨ https://t.co/gLiLJm9plc
koike_youji石牟礼道子『椿の海の記』(河出文庫)は、私の読んできた範囲で言うなら、文学の文学性というものを体現した作品という観点で、日本語文学の最高傑作だと思います。人間のすべてがこの一冊に詰まっている。徹底した個別具体性こそが、普遍への回路… https://t.co/rJc12HcWPG
RIKIHISA1theater22-5/6「椿の海の記」(石牟礼道子原作、井上弘久演出・出演) https://t.co/KWYK4jA1TF
AlkanMuzeひと眠り。『西南役伝説』(石牟礼道子著)は読了。興味深かった。第四章は「天草島私記」。「天草栖本あたりはわたし自身の出自にもかかわる所である」とあり、『宇土半島私記』(久野啓介著)を思い出した。幕末に天草上島の栖本一帯から不知火海… https://t.co/9TvxWd0Uay
syukan_kinyobi『週刊金曜日』は1993年11月5日に船出しました。https://t.co/fyDf7zY74g創刊時の編集委員は次の方々です。石牟礼道子井上ひさし久野収椎名誠筑紫哲也本多勝一
snoowbaall石牟礼道子で結ぶことでその印象が強くなる。また、裏テーマとして通底してあるのは先の大戦が横たわっている。適切な言葉ではないかもしれんが、そこに「青春性」を感じてしまった。失われた何かとの向き合い方(向き合えてなさも含む)。
bluemizuwhite#名刺代わりの小説10選逃亡くそたわけ/絲山秋子苦海浄土/石牟礼道子沈黙/遠藤周作儀式/竹西寛子秋風記/太宰治鎮魂歌/原民喜人生と運命/グロスマンイワン・デニーソヴィチの一日/ソルジェニーツィンカラマーゾフの兄… https://t.co/yxmOgxo0eC
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    石牟礼道子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)