トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。 
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2018年12月14日
  • 書名
    100万分の1回のねこ (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    絵本のこと話そうか —対談集
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

be_word_bot「でもスカートの方がほら、裾をさばかなくちゃならないぶん、歩いている実感があるでしょう?」‐神様のボート(江國香織)
kotobacyo_bot「過不足ないわ」私は言った。 「あなたといると、何の過不足もない」恋人は微笑み「それはいい」と、こたえた。私の中に、説明のつかない違和感が生まれ、私はあやうく笑いだしそうになる。何の過不足もない、ということは、それ自体何かが欠落しているのだ。(江國香織/ウエハースの椅子)
sworliteary俺のそばにいたかったわけじゃないんだなってさ」江國香織 / 落下する夕方
booktitle_bot『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國香織
yasya_kouduki春休みの課題になるのであろう国語のワークを先読みしてやってたんだけど小説読解のお話めちゃくちゃ感動した…江國香織さんのデュークってやつ。3ページで余裕で泣ける
a_word_z雨の日は淋(さび)しい。[江國香織/流しの下の骨]
_ha_to_ri_江國香織は綿菓子という短編小説が好きかもしれない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)