トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』で第1回フェミナ賞(学習研究社『季刊フェミナ』による)受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

YumepiCh今日話した本の話・ラーゲリより愛をこめて主題歌のsoranjiと一緒にどうぞ・天久鷹央の推理カルテシリーズ/知念実希人読みやすい医療ミステリー・満月珈琲店の星詠み美味しそうで綺麗なご飯・きらきらひかる/江國香織今読んでる・天国への49日気になってる本
bono19860118#穴が空くほど読みまくった小説10選塩の街 有川浩星の王子様 テグジュペリねじまき鳥クロニクル 村上春樹人間失格 太宰治神様のボート 江國香織正しくない人、櫻井さん 滝田愛美河童 芥川龍之介玩具修理者 小林泰三師匠シリーズ uni紫のスカートの女 今村夏子
kotonoha0127まるで水の檻だ。やさしいのに動けない。睦月には私の気持ちが、私には睦月の気持ちが、こんなにくっきりわかってしまう。……どうしていつもお互いをおいつめてしまうのだろう。(『きらきらひかる』江國香織)
sumire_book解説が読みたくて、単行本しか持っていない江國香織を借りてます。『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』山田詠美の解説、めちゃくちゃよかった、買います。単行本にも載ってるあとがきは、ずっと心に刻んでる瞬間の集積が時間であり、時間… https://t.co/tHUjvLcDw4
alterluceそういえば今日江國香織さんの本買えました短編集「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」
of_the_novel「私たちに言葉なんか必要なかった」「言葉なんてまるで役に立たなかった」ー江國香織『神様のボート』
livebookbot人生は恋愛の敵よ『号泣する準備はできていた』江國香織
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    江國香織さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)