トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2019年8月8日
  • 書名
    なかなか暮れない夏の夕暮れ (ハルキ文庫)

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

boobookwordsたとえば悲しみを通過するとき、それがどんなにふいうちの悲しみであろうと、その人には、たぶん、号泣する準備ができていた。(『号泣する準備はできていた』江國香織p226)
KKK_sabamiso#私を読書沼に落とした小説10選新井素子『・・・・・絶句』森博嗣『すべてがFになる』京極夏彦『姑獲鳥の夏』綾辻行人『十角館の殺人』坂口安吾『不連続殺人事件』江國香織『きらきらひかる』長野まゆみ『少年アリス』三浦し… https://t.co/V0PACUlV1a
amachaehok0#名刺代わりの小説10選陽気なギャングが地球を回す/伊坂幸太郎博士の愛した数式/小川洋子神様のボート/江國香織塩狩峠/三浦綾子精霊の守り人/上橋菜穂子タラ・ダンカン粘膜蜥蜴/飴村行ホテルカクタス/小川洋子本好きの下剋上/香月美夜ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎
hitoridaishuki江國香織さんの「号泣する準備はできていた」も読んだんですけど なんか ハルキムラカミほどではないにしろ、わたしには理解できない生き物(おんな)たちの話だったなって 思う
mY1sd5LoxEBHOXW@mimomimomimosa ほかならぬ人へ 白石一文錦繍 宮本輝真昼なのに昏い部屋 江國香織
kama_ashこれ書いてて思い出したけど思えば中学生の頃に読んだ江國香織のきらきらひかるにはかなり影響受けてる気がする。「三人ともが他の二人を愛してる三角関係」とか「同じ一人の人間を愛する二人の関係」みたいなのを理想としてしまうのは間違いなくこれの影響だな。
kotobacyo_bot喪失するためには所有が必要で、すくなくとも確かにここにあったと 疑いもなく思える心持ちが必要です。(江國香織/号泣する準備はできていた)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)