トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2019年8月8日
  • 書名
    なかなか暮れない夏の夕暮れ (ハルキ文庫)
  • 発売日
    2019年7月1日
  • 書名
    旅ドロップ
  • 発売日
    2019年5月2日
  • 書名
    彼女たちの場合は

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

csjj22DAY23 9/20『じにょんさんにオススメしたい本』じにょんさんに本を薦めるなんておこがましいですが… 読んでてくれたら嬉しいなあ…と思う本は、江國香織さんの「きらきらひかる」です。私の人生の一冊。"どうしていつもこうな… https://t.co/mrWuOSrjxN
ynz2727#推し作家のベスト3○江國香織○きらきらひかるすいかの匂い落下する夕方○瀬尾まいこ○あと少し、もう少し卵の緒天国はまだ遠く○小川洋子○凍りついた香り薬指の標本海(敬称略)
kogu_bear@an1wo3V8lTNy4Zw 江國香織さんのデュークというお話を思い出しました。チェリーちゃん、ゆきママさんのお家の子できっと幸せだったと思います
ich_ichroman江國香織ではなく、敢えてサガン
IlIlllIsどうしてだろう。私は大人なのに、ときどき子供の時間に閉じ込められているような気がする。 /江國香織『ウエハースの椅子』
Rcosun江國香織「流しのしたの骨」高校時代から大好きで繰り返し読んでる作品。ちょっと変わってる家族のひと冬の物語。淡々とした日常のなかに小さく事件とも呼べないような出来事があって、それを丁寧に綴られてる作品なところが好きです。
5qu5DBfUbQ7fImE装丁デザインは自分でやります。フォントとかも自分で作れますので。PhotoshopもIllustratorも使えます。今どきだれでも使えるとおもうけど。それで多少お安くなるのかならないのか。 自費。江國香織の短編に出てくる駄目(… https://t.co/Of6fCd9AdU
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)