トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。 
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    絵本のこと話そうか —対談集
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pooo__o0o0今ね、江國香織の『号泣する準備はできていた』読んでるんだけどね、あれ短編集になってるのよ。ひとつひとつのお話が深くて、読み終わるごとにすっっごい考えさせられるから「はぁ、、ほぉ、」みたいに初めて自動改札を利用する人みたいになってる(?)
minna_dansyu「たとえどんなに荒涼とした灰色の土地でも、そこにお家があるなら、ちゃんと血のかよった私たち人間は、そこに住みたいと思うものなの。どんなに美しい土地に住むよりもね。お家みたいな場所は、ほかにないんだもの」『オズの魔法使い』江國香織・訳
onomichieigakan「きみの鳥はうたえる」曖昧なものが曖昧なままそこにあり、光と影が美しく、登場人物の一人ずつが確かに生気を放っていて、これは、ひっそり心に残り続ける映画だと思った。江國香織(小説家)シネマ尾道にて11月17日より上映… https://t.co/9AHnmtTby0
kotonohasara2おれさまトカゲとあのことはガラスいちまいがへだててるどちらもりっぱなひとりぼっちだ(おれさまトカゲにいわせれば『パンプルムース』江國香織)
kataomoi_bいちばんなりたくない女に、いちばん好きな人の前でなってしまう。≫江國香織
y_Novel_bot以前には、自分に対する愛情の一種なのだからと思えた瑠璃子の嫉妬が、最近徐々に息苦しくなっていた。たとえば会社からの電話。会社から電話をかけて、遅くなる、と告げた途端のあの沈黙は、百の言葉より饒舌だと聡は思う。(スイートリトルライズ/江國香織)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)