トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_3真昼なのに昏い部屋真昼 なのに 昏い 部屋 江國香織 中央公論文芸賞 https://t.co/gA9Iopcfmu
mm31078690江國香織の落下する夕方。衝撃的によかった
konomamazyadame江國香織の「落下する夕方」読了。深く濃密な失恋小説。僕が今まで味わったことのないタイプの、広義での百合を堪能することができた。僕に失恋経験がないゆえ、梨果の機微に心から寄り添うことはできなかった。本当に悔やまれる点。経験をつんだ後是非また読みたい一冊。
booktitle_bot『号泣する準備はできていた』江國香織
summeralbumbot街は日ざしで溢れていた。毎日毎日、私たちはそれぞれの場所をぬけだしては会った。くらくらするような暑さのなかで。一瞬とも永遠とも思える信じられない時間の堆積のなかで。江國香織/神様のボート
livebookbot人生は恋愛の敵よ『号泣する準備はできていた』江國香織
yone_qma_uraよしもとばなな。 山田詠美-やまだえいみ-はベッドタイムアイズ等。愛称はポンちゃん 林真理子-はやしまりこ-はルンルンを買っておうちに帰ろう等。 江國香織-えくにかおり-はきらきらひかる等。父はエッセイストの滋-しげる-pic.twitter.com/w7ZKlxJlem
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)