トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。 
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    あの映画みた?
  • 発売日
    2018年3月20日
  • 書名
    物語のなかとそと 江國香織散文集

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yuka_aizawa_欲を言えば、江國香織の『きらきらひかる』みたいな恋愛したい。
kougezaisinasd3安っぽい色のものはみんな寛大だ。こんぺいとう、かき氷のシロップ、おもちゃの指輪。昔二十円で売っていた、にごったゼリーのような消しゴム。安っぽい色は、春に似ている。 by 江國香織
bookbook_botたとえいやなことがあっても、いやなことはいやなこととして置いておき、次のごはんは幸福に食べる。(江國香織/泣く大人)
misaluna_51江國香織さんのお名前もある
of_the_novelあのひとがかつてたしかにこの世に存在し、私を愛してくれたということを、示す証拠は何一つない。ー江國香織『神様のボート』
w92fn4kqfktza1安っぽい色のものはみんな寛大だ。こんぺいとう、かき氷のシロップ、おもちゃの指輪。昔二十円で売っていた、にごったゼリーのような消しゴム。安っぽい色は、春に似ている。 by 江國香織
slept404それはほとんどゆるやかな自殺のようだ。彼は私を愛している。私はそれを知っている。私は彼を愛している。彼はそれを知っている。私たちはそれ以上になにも望むことがない。終点。そこは荒野だ。 【ウエハースの椅子/江國香織】
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)