トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川上弘美

川上弘美

川上弘美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。
幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とする。作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれ、内田百閒の影響を受けた独特のものである。その他の主な作品に『溺レる』、『センセイの鞄』、『真鶴』、『水声』など。
俳人でもあり、小澤實主宰の『澤』に投句しているほか、長嶋有らとともに句誌『恒信風』で句作活動をしている。
date=2016年10月
東京都に生まれる。父親は生物学の研究者。3歳のときに杉並区に移る。5歳から7歳までを父親の赴任先であるアメリカ合衆国で過ごす。公立小学校3年生のときに1学期間を休む病気にかかり、このときに家で児童文学を読み始めたことから読書家になる。5年生のときに雙葉小学校の編入試験を受け入学。雙葉中学校・高等学校を卒業後、お茶の水女子大学理学部生物学科に入学し、SF研究会に所属、のちの漫画家湯田伸子がメンバーにいた。
1980年、大学在学中に山野浩一発行・山田和子編集のニュー・ウェーブSF雑誌『季刊NW-SF』第15号にて、「小川項」名義の短編「累累」を掲載。次号第16号で旧姓「山田弘美」名義の短編「双翅目」を発表、また「女は自ら女を語る」という座談会にも編集者として加わっていた。
1980年に大学を卒業し、NW-SF社で働くが1982年『季刊NW-SF』が第18号で休刊。そのため、同1982年に田園調布雙葉中学校・高等学校で生物の教員となる。1986年までの4年間を勤め、退職。結婚・出産ののち主婦を経て、1994年に「神様」でパソコン通信を利用したASAHIネット主催の第1回パスカル短篇文学新人賞を受賞。この回の選考委員は、井上ひさし、小林恭二、筒井康隆。なお、2009年に離婚している。
次いで1995年に「婆」が第113回芥川龍之介賞候補作品となり、翌1996年に「蛇を踏む」で第115回芥川龍之介賞を受賞。1999年、『神様』で第9回紫式部文学賞、第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞(審査員久世光彦)。2000年、『溺レる』で第11回伊藤整文学賞、第39回女流文学賞を受賞。
2001年に第37回谷崎潤一郎賞を受賞した『センセイの鞄』では、中年女性と初老の男性との淡い恋愛を描きベストセラーとなった。同作品はWOWOWのオリジナルドラマ制作プロジェクト「ドラマW」により、久世光彦監督の演出、小泉今日子・柄本明の共演でテレビドラマ化されている[https://web.archive.org/web/20080913232255/http://www.wowow.co.jp/drama_anime/sensei/]。2007年、『真鶴(まなづる)』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
2013年発表の2012年マン・アジア文学賞(Man Asian Literary Prize)において『センセイの鞄』の英訳(''The Briefcase'')が、ノーベル文学賞受賞者のオルハン・パムクの''Silent House''など4作品と共に最終候補に残ったが、受賞は逃した。
2007年の第137回芥川賞選考会から、選考委員として参加。2015年現在は谷崎潤一郎賞と三島由紀夫賞の選考委員も務めている。
2015年、「水声」で第66回読売文学賞を受賞。2016年、「大きな鳥にさらわれないよう」で第44回泉鏡花文学賞を受賞。
2019年、紫綬褒章受章。

受賞歴

川上弘美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川上弘美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_9ood.私の消滅 / 中村文則何もかも憂鬱な夜に / 中村文則教団X / 中村文則最後の命 / 中村文則ジュージュー / よしもとばなな神様が殺してくれる / 森博嗣人形式モナリザ / 森博嗣センセイの鞄 / 川上弘美… https://t.co/dbW3TDJy4h
cchellehccさっき読んでた川上弘美さんの書評の中の、『いくらでも文章の中の時間は伸び縮みする。むろんマンガの中の時間も』というくだり思わず曲も、歌詞も、6月のライブの瞬間瞬間もそうなのねなんて思うひいては暮らしの全てもかとか(そして彗星に戻る)
nantenmoku2021川上弘美…恐るべし……「蛇を踏む」途中で寝落ちし…小笠原高気圧の夢を見た。都会を壊し森に変える工事を進める中ケガして立てない歩けない高気圧を持ち運ぶが持ち帰らず仲間に手渡し礼を云われる…夢。高気圧… https://t.co/wL7EhwVlVY
r1cac1r『感じて。息づかいを。』(川上弘美さん選)#読了 野坂昭如さんの「花のお遍路」が凄まじい。兄は妹を想いつつも学徒動員され、残された妹は身体で稼ぐしか生活する手立てはない。戻った兄のためパンパンを続ける妹「お兄ちゃまがいっとう好き… https://t.co/iWi4HcG5s6
kitaya_misomisoこのごろ、そういえばセンセイはおりにふれてわたしの頭を撫でるようになっている。『センセイの鞄』/川上弘美
maru_library溺レる 川上弘美がらくた 江國香織娼年 石田衣良猫のお告げは樹の下で 青山美智子ぷくぷく 森沢明夫また、同じ夢を見ていた 住野よるめぐり逢いサンドイッチ 谷瑞恵森崎書店の日々 八木沢里志ライオンのおやつ 小川糸流… https://t.co/LAmATQTBwu
ringotuushinセンセイの鞄 川上弘美私が以前通っていた飲み屋さんに、いつもきちんとした身なりの、年季が入った鞄を持った初老のおじさんが来ていました。同じ時間にやって来て、同じ席に座り、ビールとまぐろの山かけを注文し、姿勢正しく読書をしていました。この題名を見ると何故かその人を思い出します
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川上弘美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)