トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 河野裕子

河野裕子

河野裕子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河野 裕子(かわの ゆうこ、1946年7月24日 - 2010年8月12日)は、日本の歌人。「塔」選者。夫は歌人の永田和宏。長男永田淳、長女永田紅も歌人。
熊本県上益城郡御船町に生まれ、滋賀県石部町(現湖南市)に育つ。京都女子高等学校を経て京都女子大学文学部国文科卒業。高校時代より作歌を始め、大学4回生(23歳)のときに角川短歌賞受賞。宮柊二に師事。みずみずしい青春の恋愛歌を収め、新鮮な言葉で女性の心をのびやかにうたった第1歌集『森のやうに獣のやうに』でデビュー。感覚と身体性を総動員して生の実感を表現する作風で、戦後の女性短歌のトップランナーであった。毎日新聞歌壇、NHK短歌の選者や織田作之助賞の選考委員のほか、夫永田和宏と共に「宮中歌会始」選者も務めた。
晩年は乳がんと闘病し、その境涯を多く歌に詠んだ。また、木村敏のカウンセリングを受けていた。2010年8月12日に死去。

受賞歴

河野裕子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.11.22 第2回河野裕子短歌賞 最優秀賞の沢辺さん 親子で連続受賞「うれしい」

    戦後生まれを代表する女性歌人、河野裕子(かわの・ゆうこ)さんを顕彰する第2回河野裕子短歌賞(産経新聞社主催、京都女子大学共催)の表彰式が24日、京都市東山区の京都女子大で行われる。

  • 2013.5.23 木南さんに最高賞 与謝野晶子短歌文学賞

    第19回与謝野晶子短歌文学賞(産経新聞社主催、兵庫県、豊岡市、城崎温泉観光協会共催、高松建設特別協賛)の選考が22日までに終わり、最優秀の文部科学大臣賞に、兵庫県たつの市の木南圭子さん(80)の「ひとり用惣菜さわにならべたる明るきストアのこの寂しさは」が選ばれた。選者は篠弘、伊藤一彦、今野寿美の各氏。

  • 2012.11.14 第1回「~家族を歌う~河野裕子短歌賞」

    戦後生まれを代表する女性歌人で、平成22年8月に64歳で亡くなった河野裕子さんを顕彰する「~家族を歌う~河野裕子短歌賞」(産経新聞社主催、京都女子大学共催)。11日に発表された第1回の入賞作品には、家族や日常の風景を大切に詠み続けた河野さんのように、思いのほとばしる力作がそろった。

河野裕子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

minipan0botたとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらって行つてはくれぬか(河野裕子)
springstyle2#短歌『歌集 蟬声』河野裕子 青磁社 2011年より食ふことはなぜかかなしい肘つきておいしいねと言ひ食ひたることも
sera_qualia谷川史子先生の「積極」を読み返す。この作品がきっかけで、作中で使われた歌を詠まれた河野裕子さんのエッセイ(旦那さんが書かれたもの)を読んだなぁ。「手をのべて」は12年前の今日詠まれた歌だったのか。明日が命日なのですね。
wattilove21河野裕子さん好きです琵琶湖を詠んだ歌いいなぁ琵琶湖畔懐かしいな https://t.co/tV2zY4pwz8
rosetanka子がわれかわれが子なのかわからぬまで子を抱き湯に入り子を抱き眠る河野裕子
takeuchiryo短歌の友人(と言ってよいと思うのだけれど)から葉書をいただいてうれしい。わたしは遅く塔に入って河野裕子さんからお手紙をいただく機会はなかったけれど、手紙を送り合うのは短歌の文化のひとつとして残るとよいと思う。わたしも手書きでお返事を書く(=^・_・^=)
kichibo_rakugo「たつぷりと真水を抱きてしづもれる 昏き器を近江と言へり」 河野裕子(カワノユウコ)#今日の辻占 #なんとなく開いた頁から選ぶ #日本名歌集成 #桜森古くは「淡海」と書いて「あふみ(オウミ)」とよんだ琵琶湖は、その長い歴史… https://t.co/0x2MPNMAY7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河野裕子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)