トップページ > 作家名一覧 > へから始まる作家名一覧 > 辺見庸

辺見庸

辺見庸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辺見 庸(へんみ よう、1944年(昭和19年))は、日本の作家、ジャーナリスト、詩人。元共同通信記者。
宮城県石巻市南浜町出身。宮城県石巻高等学校を経て、早稲田大学第二文学部社会専修卒業。共同通信社に入社し、外信部のエース記者として知られた。北京、ハノイ特派員などを務め、北京特派員時代の1979年(昭和54年)には『近代化を進める中国に関する報道』により新聞協会賞を受賞。1987年(昭和62年)、2度目となる北京特派員を務めた際、胡耀邦総書記辞任に関連した中国共産党の機密文書をスクープし、中国当局から国外退去処分を受けた。
外信部次長を務めていた1991年(平成3年)、職場での経験に着想を得た小説『自動起床装置』を発表、第105回芥川賞を受賞した。また1994年(平成6年)には、社会の最底辺の貧困にあえぐ人たちや、原発事故で放射能汚染された村に留まる人たちなど、極限の「生」における「食」を扱った『もの食う人びと』で、第16回講談社ノンフィクション賞を受賞。この作品は、小中学生向けに教育マンガ化され、学校図書館にも配架されている。1995年(平成7年)、地下鉄サリン事件に遭遇。1996年(平成8年)に共同通信社を退社、本格的な執筆活動に入った。
近年は「右傾化に対する抵抗」などをテーマに活発な論陣を張っている。2004年(平成16年)には講演中に脳出血で倒れ、2005年(平成17年)には大腸癌にも冒されたことを公表したが、2006年(平成18年)に『自分自身への審問』を復帰作として上梓するなど、精力的な執筆活動を続けている。2011年(平成23年)、詩集『生首』で第16回中原中也賞受賞。2012年(平成24年)、詩集『眼の海』で第42回高見順賞受賞。2016年(平成28年)、『増補版 1★9★3★7』で第3回城山三郎賞受賞。
大震災で大きな被害を受けた石巻市出身(両親も)ではあるが、あふれた「耳障りのいいことばだけがもてはやされ、不謹慎と非難されそうな言葉は排除される」言説に強い違和感を覚え、口を閉ざした。それを破ったのは「語ってはいけないものを語ること」を意識した「フィズィマリウラ」の詩(『眼の海』所収)だった。彼は次のように言う「悲劇にあって人を救うのはうわべの優しさではない。悲劇の本質にみあう、深みを持つ言葉だけだ。それを今も探している」と。

受賞歴

辺見庸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辺見庸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jojo_eggmanブログ公開中だよ!テーマ「日本は"自由”のない戦前に!辺見庸が予知した日本の現在」あなたは戦争で人を殺せるのか?あきらめてはいけない、自由への闘いがいまここにあるhttps://t.co/5qqg6Tp9ZM
110moji辺見庸/佐高信著「絶望という抵抗」株式会社金曜日「喉元に匕首(あいくち=短刀)を突きつけて」という言葉が何度か出てくる。つまり権力と闘うには死ぬ気でなければならないという。作家、辺見庸の匕首はときに対談相手の佐高信にも、読者にも突きつけられる。by冨嶽百太郎
hinokiharappaアキヒト発言を褒めた辺見庸に読ませたい反天皇制運動連絡会の明解な反論 https://t.co/JbxIbbzl4N
wellwellbeing1【日本皇軍の虐殺に目を覚ます】南京、中国の多くの土地で、虐殺を犯した、日本の皇軍。その心理を探る重要作4冊  辺見庸、武田泰淳、石川達三、堀田善衛- キッズ政治クラ https://t.co/ULWQOfTHqI
kitiku_gunnsou辺見庸さんの「もの食う人びと」(角川文庫)によると、辺見さんがウクライナのチェルノブイリに取材に行った際に、老女からアルコール度数50の酒を勧められたそうだ。「あんたも男だったら1リットルは飲まなきゃ」と言われたそうだ。ウクライナやロシアで生きる事は、俺には無理みたいだ。
ikari_meigen食べ物に恵まれて、美味しいものばかり食べているうちに、日本人の人情味が薄れてきてるような気がする。たとえば、怒ることがなくなってきたでしょう。政…(続きはWEBで)(辺見庸)https://t.co/uS8zxQixQv
DurasienneMd辺見庸氏の新聞記事「『オウム全死刑囚の執行終了』ーー気づかざる荒みと未来」に触発されて、『愛と痛みーー死刑をめぐって』(河出文庫)を読む。 https://t.co/IK5RwB60yQ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辺見庸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)