トップページ > 作家名一覧 > へから始まる作家名一覧 > 辺見庸

辺見庸

辺見庸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辺見 庸(へんみ よう、1944年(昭和19年))は、日本の作家、ジャーナリスト、詩人。元共同通信記者。
宮城県石巻市南浜町出身。宮城県石巻高等学校を経て、早稲田大学第二文学部社会専修卒業。共同通信社に入社し、外信部のエース記者として知られた。北京、ハノイ特派員などを務め、北京特派員時代の1979年(昭和54年)には『近代化を進める中国に関する報道』により新聞協会賞を受賞。1987年(昭和62年)、2度目となる北京特派員を務めた際、胡耀邦総書記辞任に関連した中国共産党の機密文書をスクープし、中国当局から国外退去処分を受けた。
外信部次長を務めていた1991年(平成3年)、職場での経験に着想を得た小説『自動起床装置』を発表、第105回芥川賞を受賞した。また1994年(平成6年)には、社会の最底辺の貧困にあえぐ人たちや、原発事故で放射能汚染された村に留まる人たちなど、極限の「生」における「食」を扱った『もの食う人びと』で、第16回講談社ノンフィクション賞を受賞。この作品は、小中学生向けに教育マンガ化され、学校図書館にも配架されている。1995年(平成7年)、地下鉄サリン事件に遭遇。1996年(平成8年)に共同通信社を退社、本格的な執筆活動に入った。
近年は「右傾化に対する抵抗」などをテーマに活発な論陣を張っている。2004年(平成16年)には講演中に脳出血で倒れ、2005年(平成17年)には大腸癌にも冒されたことを公表したが、2006年(平成18年)に『自分自身への審問』を復帰作として上梓するなど、精力的な執筆活動を続けている。2011年(平成23年)、詩集『生首』で第16回中原中也賞受賞。2012年(平成24年)、詩集『眼の海』で第42回高見順賞受賞。2016年(平成28年)、『増補版 1★9★3★7』で第3回城山三郎賞受賞。
大震災で大きな被害を受けた石巻市出身(両親も)ではあるが、あふれた「耳障りのいいことばだけがもてはやされ、不謹慎と非難されそうな言葉は排除される」言説に強い違和感を覚え、口を閉ざした。それを破ったのは「語ってはいけないものを語ること」を意識した「フィズィマリウラ」の詩(『眼の海』所収)だった。彼は次のように言う「悲劇にあって人を救うのはうわべの優しさではない。悲劇の本質にみあう、深みを持つ言葉だけだ。それを今も探している」と。

受賞歴

辺見庸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辺見庸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jojo_eggmanブログ公開中!テーマ「現在は戦時、辺見庸のすごみ」作家の辺見庸は現代を喝破した。いまの時代はすでにファシズム真っ盛り。知らぬ間に怖いことに!?ブログhttps://t.co/FKxsJJ2PFT
bunkei_gro_botNo.226(文順)芥川賞『コシャマイン記』(鶴田和也)→『壁』(安部公房)→『裸の王様』(開高健)→『夏の流れ』(丸山健二)→『岬』(中上健次)→『佐川君からの手紙』(唐十郎)→『自動起床装置』(辺見庸)→『豚の報い』(又吉栄喜)
akutagawa_syouぼくと聡は、通信社の仮眠室で仮眠をとる人々を、快く目覚めへと導く「起こし屋」のアルバイトをしている。ところがある日「自動起床装置」なるものが導入された…。眠りという前人未到の領域から現代文明の衰弱を衝いた作品。芥川賞受賞作『自動起床装置』辺見庸
wellwellbeing1【日本皇軍の虐殺に目を覚ます】南京、中国の多くの土地で、虐殺を犯した、日本の皇軍。その心理を探る重要作4冊  辺見庸、武田泰淳、石川達三、堀田善衛- キッズ政治クラ https://t.co/ULWQOfTHqI
wakaba211狂者と厄介者こそ、にんげんという現象の基本中の基本である。盤石の常識人こそが真性の異常者である。  6月20日辺見庸ブログよくわかる。「盤石の常識人」なるものが孤立を怖れ、自己に不利益のないよう、周囲を見回して深く考えることな… https://t.co/9TNx79fpm6
110moji辺見庸/佐高信著「絶望という抵抗」株式会社金曜日「喉元に匕首(あいくち=短刀)を突きつけて」という言葉が何度か出てくる。つまり権力と闘うには死ぬ気でなければならないという。作家、辺見庸の匕首はときに対談相手の佐高信にも、読者にも突きつけられる。by冨嶽百太郎
ShoichiAshihara「第三に、一九八〇年代総体を元凶とする説、ポストモダン主犯説、七五年「スト権スト敗北」起原説、総評解散・連合結成主因説、村山内閣の(安保・自衛隊問題にかんする)裏切り起因説───などなど」。辺見庸「堕落」(『永遠の不服従のために』所載)より。この文章をずっと探していた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辺見庸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)