トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長嶋有

長嶋有

長嶋有さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長嶋 有(ながしま ゆう、男性、1972年9月30日 - )は日本の小説家、漫画家、俳人である。漫画やテレビゲームに造詣が深く、ブルボン小林(ブルボンこばやし)名義で漫画・ゲームの批評も行っている。サブカルチャーの教養をベースにした純文学作家と評される。
=
埼玉県草加市生まれ。幼少期に両親が別れ、母の故郷である北海道へと移り、登別市や室蘭市で育つ。登別市立幌別西小学校、室蘭市立港南中学校(1年後輩に安田顕)、北海道室蘭清水丘高等学校普通科を経て、東洋大学2部文学部国文学科を卒業。
少年時代には漫画やライトノベルを好んで読んでいたが、図書局に所属していた高校時代に高橋源一郎『ジョン・レノン対火星人』を読んで文学の自由さを知る。また色川武大の短編「連笑」(短編集『百』所収)を読んで、「要約できないものを書くのが文学だ」と気付かされる。
1990年代半ばからASAHIネットのパソコン通信に出入りし、「パスカル短篇文学新人賞」に応募するなどしていた。1997年にシヤチハタに就職し、結婚(のちに離婚)。ネットで知り合った仲間と俳句の同人に参加するようになり、その中の一人には川上弘美がいた。1998年に「ブルボン小林のインテリ大作戦」というウェブサイトを立ち上げる。投稿作品が予選通過や佳作を取るようになったため1999年に会社を辞め、作品執筆に専念する。2000年にASAHIネット時代からの友人が立ち上げたメールマガジンにコラムを連載し、フリーライターとして活動を開始。

受賞歴

長嶋有関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.2.10 【今週はこれを読め! エンタメ編】年ごとに移ろいゆく家族の日常〜藤谷治『睦家四姉妹図』

    「定点観測小説」が好きだ。定点観測小説というのはたったいま考えた名称だけれども、場所(=小説の舞台)が固定された状態で、同じキャラクターが年齢を重ねていくor違う登場人物たちが入れ替わり立ち替わり出てくるといった作品を念頭に置いている。ぱっと思いついたものでは、半世紀の間に同じアパートの五号室に暮らした歴代の住人たちが登場する『三の隣は五号室』(長嶋有)とかイングランドの荒野に建つ屋敷の人々を次世代まで描いた『嵐が丘』(エミリー・ブロンテ)とか(テイストはえらく違いますけど)。

  • 2019.2.27 【今週はこれを読め! エンタメ編】そこはかとなくおかしい短編集〜長嶋有『私に付け足されるもの』

    人間関係において、"好きなものが同じ者同士より、きらいなものが同じ者同士の方がうまくいく"というもの言いをたまに耳にすることがある。一理あるとは思うものの、好きなものが同じであるのってやはり乙なものではないだろうか。例えば、長嶋有の小説を読んだ人と出会えたとしたら、「こういうとこ、おもしろかったよね〜」と語り合えたらいいなと思うし。

  • 2017.7.12 【今週はこれを読め! エンタメ編】死と対峙する物語〜長嶋有『もう生まれたくない』

    私がこの本を読もうと思ったのは、長嶋有という作家にこれまでも注目していたためでもあるし、ブルボン小林という別名義からも予想しうるようにどちらかというとユーモラスさが印象的な著者が「死」というものに斬り込んだ作品らしいからという理由もあった。

長嶋有関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gonzohmama_toku特撮アカではない方でブルボン小林さん(長嶋有さん)にドンブラザースの俳句の作者についてDMさせて頂き、ご返信といいねを頂きました。大変光栄でした。縁が繋がる。さすがドンブラザーズ。
jyurinoyama父が買ってきたやつ。マツさんがいるよ。この号の面白いところは、今から二十年前のカルチャーの話も載ってるところ(カルチャーって言い方キモいよね)。長嶋有さんのページが面白い。好きな文章です。仕事進まなそうだし、明日、ジャージ… https://t.co/twfQlxfRbU
hilocoffeeそうか、長嶋有『泣かない女はいない』文庫解説の加藤陽子さんはあの加藤陽子さんだったのか。菅前首相の学術会議任命拒否問題の時に読んだ加藤さんのインタビュー、外された当事者なのにどこか軽妙で面白かったんだよな(ここでも日記が出てくる… https://t.co/BWn8e6OWdc
hit4boy長嶋有『パラレル』妻に浮気をされ離婚を余儀なくされた主人公、元妻、主人公の親友、親友と仲良しのキャバ嬢らのゆるゆるの交流が描かれています。深刻さを胸にしまい込み、折り合いをつけていく様は、あるべきおっさんライフとでも言いましょうか。https://t.co/UO8jCS2CtV
nagashimajoho【ブログ】長嶋有の夏季限定ブログ「ムシバム」gooブログに引っ越しました。今までのteacupブログは8/1で終了するそうです。ブックマークの変更をお願いします。2022年の更新はまだですが、19年分の過去ブログを振り返りが… https://t.co/lgnJUpsBEL
OVh28o9SqPY5UG2#2022年上半期の本ベスト約10冊長嶋有/ルーティンズ都筑道夫/やぶにらみの時計陳浩基/世界を売った男高佐一慈/かなしみの向こう側リチャード・オスマン/木曜殺人クラブジャック・リッチー/びっくりパレードおはしさま… https://t.co/19Fgvmm9Hs
R1izm「かか」 宇佐見りん「真鶴」川上弘美「掃除婦のための手引書」ルシアベルリン「永すぎた春」三島由紀夫「行動学入門」三島由紀夫「タンノイのエジンバラ」長嶋有「ある男」平野啓一郎「1984」ジョージオーウェル「海竜」天須… https://t.co/C7pG14b7Ei
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長嶋有さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)