トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中啓文

田中啓文

田中啓文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 啓文|たなか ひろふみ|1962年11月9日 - は、日本の小説家・ホラー作家・SF作家・推理作家。大阪府大阪市生まれ。神戸大学経済学部卒業。
1993年、長編「背徳のレクイエム」(受賞時のタイトルは『凶の剣士』)で集英社が主催する第2回ファンタジーロマン大賞で佳作入選しデビュー(受賞作は藤原京『龍王の淡海(うみ)』)。同年、鮎川哲也が編集を務める公募短編アンソロジー『本格推理2 奇想の冒険者たち』にジャズを題材にしたミステリ短編「落下する緑」が採用される。デビューして5年ほどはヤングアダルト作品を発表していたが、1998年に初のホラー長編『水霊 ミズチ』を、2001年に初のSF短編集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』を発表。同短編集の表題作で第33回星雲賞(日本短編部門)受賞。2009年、短編「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞(曽根圭介「熱帯夜」と同時受賞)。
2016年 短編「怪獣ルクスビグラの足型を取った男」で第47回星雲賞(日本短編部門)を受賞。
*宇宙作家クラブ会員だったが現在は退会している(1999年9月5日の宇宙作家クラブ大阪例会に出席した記録がある)。
*日本SF作家クラブ会員だったが、2015年時点で退会しているhttps://twitter.com/yuusakukitano/status/668323892625170432
*日本推理作家協会会員
*1993年 短編「落下する緑」が、鮎川哲也編の公募アンソロジー『本格推理』(光文社文庫)に入選し収録。同作はのちにシリーズ化され、連作短篇集『落下する緑』(創元推理文庫)に収録されている。
*1993年 『凶の剣士』で第2回ファンタジーロマン大賞に佳作入賞。ヤングアダルト系作家としてデビュー。
*1998年 『水霊 ミズチ』(角川ホラー文庫)でホラー作家として注目される。のちに映画化された。
*2000年 初の短編集『異形家の食卓』(集英社)刊行。筒井康隆が絶賛。
*2001年 初のSF作品集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルはアイザック・アシモフ《銀河帝国の興亡》のもじり。森奈津子とまんがクインテットのメンバーが寄稿。
*2002年 短編「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(上記『銀河帝国の弘法も筆の誤り』所収)で星雲賞短編部門を受賞。
*2004年 短編集『蹴りたい田中』刊行(ハヤカワ文庫JA)。タイトルは、同年出版界の最大の話題となった綿矢りさの芥川賞受賞作『蹴りたい背中』をもじったもの。「茶川賞(芥川賞のパロディ)受賞」という紛らわしい帯の惹句と小松藤茂(小松崎茂のもじり)のカバーイラストの本書は、「第130回茶川賞受賞後、突如消息を絶った伝説の作家・田中啓文。以来10年、その稀有なる才能を偲ぶ“遺稿集”」という設定であり、本文中においても、最終ページに田中啓文の功績を記念し「田中啓文文学大賞」を創設したという「財団法人『田中啓文記念財団』」名での告示が「平成219年2月」の日付で掲載されている等、冗談が尽くされている。
*2009年 短編「渋い夢」(連作短篇集『辛い飴』[創元クライム・クラブ]所収)で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。

受賞歴

田中啓文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中啓文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Bu1chi田中啓文の水霊(ミズチ)が性癖にどーんときての現在の俺がいます。
sug813『蹴りたい田中』田中啓文/ハヤカワ文庫JA こちらの「茶川賞」受賞作品を何度目かの再読。地口…いや駄洒落を超えてそれはもはや暗号ではないか、という域の短編集。「地獄八景獣人戯」「吐仏花ン惑星…」がお気に入り。ちょっと嫌なこ… https://t.co/jDakRYMAl2
E1FcKPcCOGQEBlL田中啓文『信長島の惨劇』を読む。本能寺の変後、信長の書状で孤島に呼び出された武将たちが、わらべ歌通りに次々に殺される、というアイデアだけで8割勝利。そしてどう落し前をつけるのかとハラハラしていたが、実にお見事だった。まさかあの映画のオマージュまでぶっこんでくるとは。傑作!
ultra_marine46今から初めて田中啓文さんの作品を拝読します。楽しみ。「信長島の惨劇」 https://t.co/XmHapufAc2
_satsukiyami_田中啓文「件 もの言う牛」読了。別に人を襲うわけでもないのに小松左京と言い、どうしてこの件と言う怪物ってこうも不気味なんだろう。自分肉食なんだけど、読み終わって牛を食べる行為って実はやってはいけないのではないかと真剣に思った、そんな話だった。晩御飯焼肉だったけど。
myoqoo夢枕獏『エヴェレスト』貴志祐介『天使の囀』京極夏彦『鉄鼠の檻』田中啓文『蝿の王』石黒耀『死都日本』福井晴敏『亡国のイージス』横溝正史『獄門島』長坂秀佳『彼岸花』田中伸一『東京23奴隷区』吉川英治『三國志』#名刺がわりの小説10選
Munekyun_Novels「……ぼくは別に死ぬことは怖くないよ。あなたは怖いの?」【比嘉薫/三人のゴーストハンター 国枝特殊警備ファイル/我孫子武丸・牧野修・田中啓文】
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中啓文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)