トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 古川日出男

古川日出男

古川日出男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古川 日出男|ふるかわ ひでお|1966年7月11日 - は、日本の小説家、劇作家。
福島県郡山市出身。福島県立安積高等学校卒業。早稲田大学第一文学部中退後、編集プロダクションに勤務。高校で演劇部に所属して以降演劇に関わり、1991年より舞台演出家として活動、戯曲も30本以上書いたという。
1994年、『砂の王(ウィザードリィ外伝)』(現在未完)で小説家としてデビュー。2002年、『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞・第23回日本SF大賞を受賞。2005年、『ベルカ、吠えないのか?』で第133回直木三十五賞候補。2006年、『LOVE』で第19回三島由紀夫賞受賞。
2006年に入って「朗読ギグ」と呼ばれる自作の音読イベントを積極的に行っており、ZAZEN BOYS向井秀徳や吉増剛造と競演するなど、活動の幅を広げている。2011年の東日本大震災以降は宮沢賢治をテーマとした鎮魂のための朗読ライブを展開し、詩人の管啓次郎や音楽家の小島ケイタニーラブとともに朗読劇『銀河鉄道の夜』ツアーを行った。
2014年、書き下ろし戯曲『冬眠する熊に添い寝してごらん』が蜷川幸雄演出で上演され、第59回岸田國士戯曲賞候補にも挙がり、劇作家としての活動も本格化している。
2015年11月5日、『女たち三百人の裏切りの書』で第37回野間文芸新人賞受賞。2016年2月1日、同作で第67回読売文学賞小説部門受賞。

受賞歴

古川日出男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古川日出男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

8823_blue古川日出男『サウンドトラック』感想 - 偽物の映画館 https://t.co/LAX4VYY1om
hit4boy古川日出男『沈黙』血縁関係のある老女を偶然見出し、その家に同居することにした主人公の女性。そこで発見したのは今は亡き住人の、いにしえの音楽”ルコ”に関する手記だった・・・。読者を圧倒的する密度の高い作品ですが、意外すぎる展開にはと… https://t.co/hiuWFJQ91S
sasakiatsushiエクス・ポをやってた時に古川日出男さんに詩を書いてもらえないかと依頼してみたことがあった。その時は果たせなかったけれど、以来十年くらいが過ぎ、突然にこうして彼の初の書き下ろし長編詩が届いた。絵は近藤恵介、装幀は戸塚泰雄、つまりこと… https://t.co/mcUMUBGw86
polarbear128t #名刺代わりの小説10選 ver.22.12夜市/恒川光太郎八朔の雪/高田郁虐殺器官/伊藤計劃家守綺譚/梨木香歩闇の守り人/上橋菜穂子死神の精度/伊坂幸太郎コンビニ人間/村田沙耶香ダック・コール/稲見一良ベルカ… https://t.co/CCr9kW0dUC
koubutuhasakana三人称、やっぱなんか視点オレが近い距離で登場人物についてめちゃくちゃ喋るみたいな書き方になるからアレ〜?ってなってたんだけどわかったぞこれは古川日出男を参考文献に入れてるからだ!
xiaolongpao_mgお前には両手の代わりに前肢があり、それぞれの指には肉趾が付いていて、それらは、ひたすら走るために存在する。疾走するために在る。だからアイスよ、お前は数など、数えない。(古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』116)
naruke_keruma由緒ある茶会に招かれた。見たことない御屋敷だ。茶室は何十畳あるかわからない程広い。各団体の代表者だけが通され、その中でまた選ばれた者だけが茶を戴ける。私たちの代表者、古川日出男氏が茶室に入った。残るものは庭のパイプ椅子にぎゅうぎゅうに並んで座る。果たして、古川氏に茶が振る舞われる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    古川日出男さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)