トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 恩田陸

恩田陸

恩田陸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恩田 陸(おんだ りく、本名熊谷 奈苗(くまがい ななえ)、1964年10月25日 - )は、日本の小説家。青森県青森市生まれ、宮城県仙台市出身。
恩田は1964年(昭和39年)10月25日、青森県青森市で生まれ、1966年(昭和41年)ごろに愛知県名古屋市に移住。1979年(昭和54年)の中学3年時から茨城県立水戸第一高等学校卒業まで茨城県水戸市で過ごした。「宮城県生まれ」と書かれることもある。
1983年(昭和58年)に早稲田大学教育学部(東京都)に入学すると、同大のビッグバンドのハイソサエティー・オーケストラに所属してアルト・サックスを演奏した。また2年次にはワセダミステリクラブに所属したが、本格ミステリを読む人がいなかったのでごく短期間だけになる。
1987年(昭和62年)に同大を卒業し、生命保険会社のOLとして働いたが、2年後に過重労働で入院。復帰後に酒見賢一の『後宮小説』を読み、その才能と、いつか遠い先に作家になれたらと思っていたが、作者の年齢が1歳上であまり違わず、ショックを受け、勤務しつつ半年後に作家活動を開始した。その後も忙しく、本が読めないのが主な不満で、入社後4年で退職した。
1991年(平成3年)、退職後に書き終えた『六番目の小夜子』が第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となり、翌1992年(平成4年)の刊行をもって作家デビューを果たした。編集者に再就職を勧められ、不動産会社に勤務。いきなりデビューして修業期間がなかったので、多作することで鍛えようとした。作家として安定してきた後、1997年(平成9年)に専業作家となった。
かつては飛行機恐怖症で、南米とその遺跡を舞台にした『上と外』でも資料だけで書いていた。2003年(平成15年)、恐怖はあるが機上を自分に強いて、イギリスとアイルランドに基礎取材を兼ねた旅行をして、『「恐怖の報酬」日記 酩酊混乱紀行』を書く。それをきっかけに各国に行き、南米も『NHKスペシャル』の仕事でマヤ・インカ文明を取材し、メキシコ、グアテマラ、ペルーを回り、『メガロマニア あるいは「覆された宝石」への旅』を書く。
2004年(平成16年)、2005年(平成17年)、『夜のピクニック』で、第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞を受賞する。
2007年(平成19年)、『中庭の出来事』で、第20回山本周五郎賞を受賞する。同年江戸川乱歩賞選考委員に就任した。
2017年(平成29年)、『蜜蜂と遠雷』で、第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞する。同作品の直木賞と本屋大賞のダブル受賞および同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初である。

恩田陸新刊

  • 発売日
    2017年10月27日
  • 書名
    ユリイカ 2017年11月号 特集=スティーヴン・キング ―ホラーの帝王―
  • 発売日
    2017年10月20日
  • 書名
    2030年の旅 (中公文庫)

受賞歴

恩田陸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.9.4 ブクログ:第5回大賞発表

    書評専門インターネットサイト「ブクログ」(http://booklog.jp/)が、ネットで一般読者の投票により決める、第5回ブクログ大賞の受賞作が発表された。

  • 2017.6.22 【書評】『フォマルハウトの三つの燭台』神林長平 - 横丁カフェ

    第一章の一行目「きょうトースターが死んだ。名前はミウラという。」を読んだ時から今に至るまで、私はどうにかして会社の先輩の三浦さんにこの本を読ませようとしています(「冒頭から同じ名前の人物、いや存在が死んでるんですよ! 読みましょう!」)。

  • 2017.4.11 本屋大賞は恩田陸さん「蜜蜂と遠雷」2回目の受賞は初

    全国の書店員たちが、いちばん売りたい本を投票で選ぶ、ことしの本屋大賞は、ピアノコンクールに挑む若者たちの姿を描いた恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」が受賞しました。恩田さんは、本屋大賞では初めてとなる2回目の受賞を果たしました。

恩田陸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

xiukj舞台は少し離れてるけど、九州滞在中に読んだら臨場感があるかなと思って選んだ恩田陸『月の裏側』某企画の締め切りが背後から腕を回して刃物を俺の首筋に当ててるので読む時間なさそう。 https://t.co/Va5tfwpjdW
thebooksglow『蒲公英草紙 常野物語』 恩田陸著 集英社文庫名家槇村の娘聡子とそのお付峰子。彼女達は槇村の屋敷で、常野と呼ばれる一族の春田一家と出会う。彼らがたどり着く結末とは。常野シリーズの第二作。前巻が短編に対してこちらは長編。常野の人々の違った魅力が見れる物語。ゆっくり読んで下さい
haku_sen恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」読み終えました。
FictionEbook118位『蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)』(恩田陸/幻冬舎) 尼:https://t.co/r3pkdrPcyD 楽:https://t.co/NH0UpgXc6B 俺はまだ、神に愛されているだろうか?3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰の
ohchan_smile更新しました! 【eighter集合!】関ジャニ∞ まとめ速報 : ❆【え~!】本屋大賞&直木賞受賞!「恩田陸」原作ドラマ・映画5選 https://t.co/TvUCaJjOeH https://t.co/1ODFNuY8b8
haru_snow23本とコーヒーとミスチルと。誕生日に買ってからなかなか読み始めてなかった本を最近あるきっかけで読み始めたら、面白い‼「蜜蜂と遠雷」。やっぱり恩田陸さんの書く物語は面白くて、読みやすい。読みだしたら面白くて夢中になって止まらない。今… https://t.co/KOX6HkqIoA
Tokyo_Gorin2020柳広司、中原昌也、松尾スズキ、恩田陸、赤川次郎...高まる"オリンピック圧力"に抗い、東京五輪に異を唱える作家たち - エキサイトニュース https://t.co/4SpQcHfXjx
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恩田陸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)