トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 歌野晶午

歌野晶午

歌野晶午さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

歌野 晶午|うたの しょうご|1961年 - は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史。東京農工大学農学部卒業。
高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。
1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1、2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。

受賞歴

歌野晶午関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

歌野晶午関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

readingnotebook「水でも飲む?とびきり新鮮な、蛇口から出たての」 『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午
yamiyami_book歌野晶午作品はタイトルを見ただけでもう胸を撃ち抜かれてしまうものが多い。 https://t.co/qUVrvWRnxR
liferens『長い家の殺人』/『死体を買う男』/『絶望ノート』/『密室殺人ゲーム王手飛車取り』 → 歌野晶午
tatsumi_cover歌野晶午「正月十一日、鏡殺し」(1996)講談社ノベルス https://t.co/h71Q3R71W3
67wuqRHhA2HG4pO@oremon_Monster 葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶午仮面山荘殺人事件/東野圭吾仮面病棟/知念実希人ハサミ男/殊能将之グロいのが大丈夫なら、殺戮に至る病/我孫子武丸いかがでしょうか?
_k_i_t_a_c_h_i_@8g286wFkNgrpJ6r 読まれていたらすみません。『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野晶午)オススメです。宜しければどうぞです。
booktitle_bot『ジェシカが駆け抜けた七年間について』歌野晶午
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
歌野晶午さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)