トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 歌野晶午

歌野晶午

歌野晶午さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

歌野 晶午|うたの しょうご|1961年 - は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史。東京農工大学農学部卒業。
高校時代は漫画研究部に所属。大学卒業後、編集プロダクションで働く傍ら、小説を執筆する。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。
1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1、2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。

受賞歴

歌野晶午関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

歌野晶午関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Harut30199244おはようございます。読垢の皆さん、中学生の娘が歌野晶午先生の本を読みたいと言っています。私はまだ歌野先生の作品を読んだ事がないので、皆さんのお勧めを教えてください。娘は綾辻先生、辻村先生、斜線堂先生を好んで読みます。
Nse9sOn9u2vaiC4歌野晶午『そして名探偵は生まれた』4つの推理小説。それぞれ結末が工夫されている。特に最初の「そして名探偵は生まれた」はそういうことかと感心させられた。#読了#読書好きな人と繋がりたい #歌野晶午#祥伝社文庫 https://t.co/WLz6vtju5L
brat0528ナイス 【葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)/歌野 晶午】★★★☆☆どんでん返しものという事前情報ありの状態で読んだけど、見事に騙された。勝手に40代の主人公を想像していた。 → https://t.co/ZMEEy9qPZs #bookmeter
kbkbkbkbkbkbkboとても興味深く読めた。他の久坂部作品もネット注文したけど、届くまで日が有るので一旦別の本を挟む事にする。次は、これを読みます。歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』
mysterytitle阿闍梨天空死譚(歌野晶午)
tmashikoそのころの世界は、一年じゅうが春でした。一年じゅう、花がさきみだれ、小鳥がさえずり、きもちのよい風がふきそよいでいました。『世界の終わり、あるいは始まり』歌野晶午https://t.co/f93RISRqwc
yonetosati長い家の殺人/歌野晶午 読了
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    歌野晶午さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)