トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 柳広司

柳広司

柳広司さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

柳 広司(やなぎ こうじ、1967年9月20日。
1998年、「挙匪(ボクサーズ)」で第4回歴史群像大賞佳作。2001年、原書房から刊行された『黄金の灰』で小説家デビュー。2008年に刊行された『ジョーカー・ゲーム』は、「このミステリーがすごい!」で第2位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第3位と高く評価された。2008年、同作で第26回吉川英治文学新人賞と第62回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞。「ジョーカー・ゲーム」シリーズは累計で120万部を突破している。

柳広司新刊

  • 発売日
    2018年10月16日
  • 書名
    幻影城市 (講談社文庫)

受賞歴

柳広司関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

柳広司関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

drudrugyogyogyo「ダブル・ジョーカー」柳広司ジョーカーゲームの続編。前作はD機関のスパイ目線だったが、今回は騙されている側の物語が多かった。読んでいて謎の優越感に浸れました。最後の物語に前作の別視点があった。そういう繋がっている話が私はたまらなく好きです。#読書
erusukumaナイス 【ジョーカー・ゲーム (角川文庫)/柳 広司】日本では珍しい本格スパイ小説。再読でも興味深く読める。時は戦前。D機関と呼ばれるスパイ養成所に集まった男たちは訓練の後、各国で任務を遂行する… → https://t.co/FZTf83n9N3 #bookmeter
sorasaeki柳広司原作入江悠監督、亀梨和也主演で映画化した「ジョーカー・ゲーム」が2位に初登場動員17万4,121人、興収2億713万1,700円を記録した観客の年齢は10代が12.2%、20代が30.4%、30代が14.8%、40代が23.3%、50代が16.7%と幅広い層を集客
jg_yanagi_serih【最新作】2015年1月 柳広司「ジョーカー・ゲームシリーズ」の最新作「ラスト・ワルツ」が全国の書店にて発売中です。結城中佐の凛々しい後姿が目印です。シリーズ四作目になります。 https://t.co/npkH5whZ65
muyan74396378仏印に赴任して以来、すっかり日常になった仕事である。柳広司_ダブル・ジョーカー
SPY__tan陸軍中野学校とは、大日本帝国陸軍の諜報機関やね!諜報や防諜、宣伝など秘密戦に関する教育や訓練を目的としたもので、戦時中の陸軍にもかかわらず、天皇制の是非に関する議論や英語の使用などが認められるという自由さを持っていたんやで!柳広司氏の「ジョーカーゲーム」という小説で有名やね!
words_on_books「求められているのは、結局のところただ一つであった。/言葉にすれば、それは『何物にもとらわれず、自分自身の目で世界を見ること』であり、言い換えれば『自分自身の肉体のみを通して世界を理解すること』だった」(柳広司『ダブル・ジョーカー』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
柳広司さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)