トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 渡辺淳一

渡辺淳一

渡辺淳一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。享年80。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた。

渡辺淳一新刊

  • 発売日
    2018年12月18日
  • 書名
    短編アンソロジー 患者の事情 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年11月1日
  • 書名
    仁術先生 (大活字本シリーズ)

受賞歴

渡辺淳一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

渡辺淳一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

otoko_e_onna男の幸せは、秘密の多さで決まる(渡辺淳一)
Aria411Daini鈍感なのは素晴らしいことなんですよ。傷ついてもすぐに立ち直れるし、いろいろなことを言われてもすぐに忘れられる。私が言う「鈍感力」とは、どんな時もくよくよしないで、へこたれずに、物事を前向きに捉えていく力のことです。by渡辺淳一(作家)
ano_tokibot2007年(平成19年)ベストセラー:女性の品格 装いから生き方まで(坂東眞理子)/ホームレス中学生(田村裕)/鈍感力(渡辺淳一)/日本人のしきたり(飯倉晴武)/新・人間革命(17)(池田大作)
planets_tako8「リラ冷え」の榛谷(はんがい!読めん!)美枝子は俳人。1960年に「リラ冷えや睡眠剤はまだきいて」で初使用。関東の「花冷え」とほぼ同義。渡辺淳一の小説『リラ冷えの街』で有名になった言葉とのこと。「榛」は漫画家の「#榛名まお」や「… https://t.co/a3irXxxYyD
asaotaro1111鈍感なのは素晴らしいことなんですよ。傷ついてもすぐに立ち直れるし、いろいろなことを言われてもすぐに忘れられる。私が言う「鈍感力」とは、どんな時もくよくよしないで、へこたれずに、物事を前向きに捉えていく力のことです。 渡辺淳一(作家)
aya1tum04awase4いずれ、あなたに飽きられるかもしれない。たとえ、あなたがわたしに飽きなくても、わたしがあなたに飽きるかもしれない。  渡辺淳一(失楽園より)
shiratama000000夫とナベジュン先生の話をしたので、久しぶりに渡辺淳一作品を読みたくなってきたぞー!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
渡辺淳一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)