トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 渡辺淳一

渡辺淳一

渡辺淳一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。
2014年4月30日午後11時42分、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。享年80。
2015年、集英社が本人の名前を冠した文学賞である「渡辺淳一文学賞」を創設。第1回の表彰は2016年3月に行われた。

受賞歴

渡辺淳一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

渡辺淳一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

aya1tum04awase4いずれ、あなたに飽きられるかもしれない。たとえ、あなたがわたしに飽きなくても、わたしがあなたに飽きるかもしれない。  渡辺淳一(失楽園より)
horiebot失敗したときに大切なのは、渡辺淳一さんの著書にもなっている「鈍感力」だ。これは、どんなことが起ころうとも、物事を前向きにとらえ、何か嫌なことを言われたとしても忘れてしまえる力のことである。
ForProfessional【渡辺淳一】「職場でも男女間でも、褒めることはとても大切。褒められて育った人には、鈍感力が自然と身についてくるものです。」『プロ論 情熱探訪編』Junichi1024
yurubngkbot渡辺淳一文学賞株式会社集英社と公益財団法人一ツ橋綜合財団が主催する文学賞。純文学・大衆文学の枠を超えた、人間心理に深く迫る豊潤な物語性をもつ小説作品が顕彰される。受賞作品は、『すばる』および『小説すばる』で発表される。2016年(H28)~現在
bibun_n_botNo.237 (多答)次のうち、大江健三郎の小説を全て選びなさい⇒○:奇妙な仕事 ×:光と影(渡辺淳一)、暢気眼鏡(尾崎一雄)
otoko_e_onna木の葉には、木の葉なりの意地がある(渡辺淳一)
quiz_star[6278] 渡辺淳一の小説『冬の花火』では主人公として描かれている昭和後期の女流歌人で、乳がんで両乳房を摘出され、死の直前に歌集『乳房喪失(ちぶさそうしつ)』を発表したのは誰でしょう?【解答】https://t.co/z9P80H92Ry
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
渡辺淳一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)