トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋揆一郎

高橋揆一郎

高橋揆一郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 揆一郎(たかはし きいちろう、1928年4月10日 - 2007年1月31日)は、北海道出身の日本の小説家。本名、良雄(よしお)。歌志内市名誉市民。
歌志内市上唄の炭鉱長屋で生まれる。歌志内小学校卒業後、北海道庁の給仕をしながら、庁職員養成を目標とした札幌市の私立昭和中学校(夜間・廃校)を卒業。
卒業後、母校の歌志内小学校で代用教員を2年間勤め退職、北海道第一師範学校(現・北海道教育大学札幌校)に進学するも中退し、住友石炭鉱業上歌志内砿に入社。1970年に退社した後、時事漫画を中心としたイラストレーターの傍ら「くりま」で小説の同人活動を続け、1971年「3年間だけ小説を書かせてくれ」と妻に頼み込み、執筆活動に集中。『仮寓の半生』を「炭労文学」に、『すかんぽ』を北海道新聞文学賞に投稿。
1973年、『ぽぷらと軍神』で文學界新人賞を受賞してデビュー。出版社に『坑夫伝吉』という小説を送るも「主人公を女にしてはどうか」と提案され『観音力疾』を執筆、同作が1977年に北海道新聞文学賞を受賞、また芥川賞候補にもなった。
翌年の1978年、『伸予』で北海道在住の作家として初めて芥川賞を受賞。
このほかの作品に新田次郎文学賞を受けた『友子』など、一貫して庶民を描き、炭鉱や炭鉱労働者を舞台とした自伝的小説を発表した。
2007年1月31日、肺炎のため78歳で死去。

受賞歴

高橋揆一郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.2.8 高橋揆一郎の文学

    ■高橋揆一郎の文学 北の大地に生きて

  • 2013.1.28 炭鉱文学の名作復刊...高橋揆一郎「観音力疾走」

    歌志内市出身の芥川賞作家、高橋揆一郎さん(1928~2007年)の代表作の一つで、すでに絶版になっている小説「観音力疾走」が、同市郷土館「ゆめつむぎ」の支援ボランティア組織「ゆめつむぎ通信員」によって復刊された。

高橋揆一郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

museumnews_jp高橋揆一郎の足跡に思いはせ 歌志内市郷土館、29日から「氷柱忌」 https://t.co/zsAXTj9LdA 芥川賞作家で歌志内市名誉市民の高橋揆一郎(1928~2007年)をしのぶ「第14回氷柱(つらら)忌」(市教委主催)が… https://t.co/XEMeuhHGty
doshinweb高橋揆一郎の足跡に思いはせ 歌志内市郷土館、29日から「氷柱忌」:北海道新聞 どうしん電子版 https://t.co/f9SYn5yVJR #北海道
Verdentine高橋揆一郎の足跡に思いはせ 歌志内市郷土館、29日から「氷柱忌」:北海道新聞 どうしん電子版 https://t.co/lm3mHcs46F
masuya57577高橋揆一郎『伸予』(文春文庫・1983・第1刷)解説が柄谷行人 https://t.co/FJcxlhdc4v
sig_KiP芥川賞作家の片りん、国民学校時代に? 高橋揆一郎は「思索的」 歌志内で学籍簿発見:北海道新聞 どうしん電子版 https://t.co/uQNAJPnsBq
kzhr芥川賞作家の片りん、国民学校時代に? 高橋揆一郎は「思索的」 歌志内で学籍簿発見  https://t.co/lVoVGfmxkcやっぱりこういうものは適切に保管してほしい、廃棄ではなく!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高橋揆一郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)