トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 重兼芳子

重兼芳子

重兼芳子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

重兼 芳子(しげかね よしこ、1927年3月7日 - 1993年8月22日)は、小説家。北海道空知郡上砂川町生まれ。福岡県立田川高等女学校(現・福岡県立西田川高等学校)卒業。
1946年、プロテスタントの洗礼を受ける。1947年に結婚し主婦となる。1969年に「一路」短歌会に入会し歌人として文学活動を出発。同人雑誌『まくた』に参加、日本民主主義文学同盟の「文学教室」や駒田信二の小説教室に通い、1978年、『まくた』に載せた「ベビーフード」、「髪」で続けて芥川賞候補となり、『文學界』掲載の「やまあいの煙」で1979年、芥川賞受賞、主婦作家として話題になった。
しかしその後、がん宣告を受けて大手術の後夫を失うという経験を経て、老い、病、死についての著作を精力的に執筆、がんの再発により66歳で死去した。

受賞歴

重兼芳子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

重兼芳子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

reiko_jp「いのちと生きる」著者:重兼芳子
bibun_n_botNo.30 (線)次の女流作家と芥川賞受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒森禮子―モッキングバードのいる町、重兼芳子―やまあいの煙、山本道子―ベティさんの庭
nagoyan2gou読書案内:「やまあいの煙」重兼 芳子:著https://t.co/8tuvN3DHMC第81回芥川賞受賞作。焼き場の男が主人公。その中のエピソードの一つとして、精神を病んだ息子からその姉妹を守り、「男の喜びを与えるため」自らを… https://t.co/9z4shxUyCQ
harnafri「少しずつ世の中が窮屈になってゆき、なにをするにも戦っているかたちを取らされることに、和子はゆううつになっていたのかもしれない。」(重兼芳子『やまあいの煙』)
klakkerworks1979年に芥川賞を受賞した重兼芳子のことば 女学校は戦時中で勉強はろくにできず、齢を重ねてから定時制高校を受けようにもむずかしい そんなときにカルチャーセンターと出逢った興奮が伝わってくる https://t.co/WOlXBmb7Ve
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
重兼芳子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)