トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > オキシタケヒコ

オキシタケヒコ

オキシタケヒコさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

オキシタケヒコ(1973年 - )は、日本の小説家。ゲームプランナー、ゲームシナリオライター。徳島県出身。大阪府在住。
1990年代頃からゲームプランナー、ゲームシナリオライターとして、テレビゲーム開発に携わる。代表作にPlayStation 2用ゲームの『トリノホシ 〜Aerial Planet〜』などを挙げている。
オキシタケヒコ名義で、2011年、「What We Want」で第2回創元SF短編賞最終候補。同作が『原色の想像力2』に収録される。2012年、「プロメテウスの晩餐」で第3回創元SF短編賞優秀賞を受賞。
2014年、初のライトノベル作品『筺底のエルピス -絶滅前線-』を刊行。

オキシタケヒコ新刊

  • 発売日
    2019年3月28日
  • 書名
    ユリイカ 2019年4月号 特集=上遠野浩平 ―『ブギーポップは笑わない』『ぼくらは虚空に夜を視る』『殺竜事件』.....真夜中に踊る小説のダンス

受賞歴

オキシタケヒコ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

オキシタケヒコ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

StagInTheGarden「ほら、着替えを持ってきてくれてた、あの」オキシタケヒコ『筐底のエルピス -絶滅前線-』
ayanos_pl窓を通して響いてくる蟬の声が邪魔だったが、ペットボトルを冷蔵庫に並べていく音に混じって、キッチンの入り口からは少女二人の会話が漏れ聞こえていた。(オキシタケヒコ『筺底のエルピス2—夏の終わり—』P141) #小説昆虫採集
char819外連味たっぷりに敵が喋り続けている禍々しい台詞にはもう飽きた、と言わんがばかりに気だるげに歩き出した彼女が、十メートルばかり右手に進み、手荷物のドクターバッグを投げ捨て、あれよあれよという間にコンクリート舗装の上に座り込んでしまったのだ。(筺底のエルピス6/オキシタケヒコ)
aiaisfosarustar書き下ろし宇宙アンソロジーにオキシタケヒコ(敬称略)!!!!!オキシ先生の新作やんけ!!!!
Anna_Kaski「銀河を外から見る」世代をはっきりと想定できた(そのときとなりにいたオキシタケヒコさんもそのひとり)。「俺たちはもうだめかもわかんないけど、でもきみらは違うよね。どこへでも行けるよね」。その希望を語ることでようやくあの小説は結尾を得た…
lanorevi本日感想追加した作品(2):・真面目系クズくんと、真面目にクズやってるクズちゃん #クズ活/持崎湯葉・かくりよの宿飯 十 あやかしお宿に帰りましょう。/友麻碧・筺底のエルピス6 ―四百億の昼と夜―/オキシタケヒコ
chokusinオキシタケヒコとは何者か 理詰めでダマす企み、SFラノベ「筺底のエルピス」 https://t.co/WLbiTI7gci
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
オキシタケヒコさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)