トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾|かわい かんじは、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。横溝正史ミステリ大賞の選考委員であった綾辻行人は、『デッドマン』を"島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」"と評した。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BaddieBeagle"右肘の手術後に行方不明になった天才ピッチャーがハワイの海岸で見つかった。ホームレスで記憶も喪失した男は球界に復帰できるのか?": 河合莞爾『豪球復活』 https://t.co/0dRwiyGKrZ
RS_hon#あなたの好きな本のお話『800年後に会いにいく』河合莞爾読み心地の良い文章で紡がれる恋愛SFミステリ。偏愛の一冊で、もっと多くのひとに読まれて欲しいなぁ、といつも思っている作品です。登場人物のやり取りがほほ笑ましく、クリスマスストーリーに合っているのが好きです。
mysteryEQ【9月の購入予定リスト追加】06 歌野晶午 首切り島の一夜 講談社06 夕木春央 クレプシドラ 講談社14 河合莞爾 豪球復活 講談社27 潮谷験 あらゆる薔薇のために 講談社
tanteiudon80『粗忽長屋の殺人(ひとごろし)』 河合莞爾古典落語を題材とし、長屋のご隠居が探偵役を務める作品。其の四「高尾太夫は三度死ぬ」、落語三席の要素を上手くミックスさせ、クライマックスへと繋げる巧みさに著者の手腕が発揮されていると感… https://t.co/Z9YIYivLsQ
betsumune3baizu河合莞爾氏の「カンブリア 邪眼の章」を読みました。殺人捜査中、超能力が存在する体で進む事に面食らいますが、見所は超能力者の犯罪の立証で、超能力の恐ろしさと法廷での攻防・窮地からの逆転、そして設定を生かした決着が見事です。作者得意の科学知識や硬質な筆によるリアリティある一冊でした。
lionmii117@hecyosu_ASUKA 道尾秀介 「背の目」「骸の爪」河合莞爾 「デッドマン」どちらもシリーズものなので、読み始めると結構はまるかもです
rankingko最安値の「デビル・イン・ヘブン /祥伝社/河合莞爾」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は1円です。https://t.co/mCzWxwpRKe
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)