トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾|かわい かんじは、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。横溝正史ミステリ大賞の選考委員であった綾辻行人は、『デッドマン』を"島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」"と評した。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yumi_717_panda後日譚の『デビル・イン・ヘブン』も買わなきゃ!河合莞爾先生の作品は、鏑木特捜班シリーズもジャンヌも大好きで、特に鏑木特捜班シリーズは続編を今でも待ち望んでいる。
_Havona河合莞爾『スノウ・エンジェル』祥伝社文庫。恐るべき麻薬を抹消するために元刑事が活躍するクライム小説。物凄く面白い。単なるクライム小説に留まらず、見事な世界観と驚愕の真相が用意されているのだ。こういう大きな仕掛けが出来るのは河合莞爾ならではだろう。
natsuko_star「ドラゴンフライ」河合莞爾読み終わりました。
shodensha_novel\祥伝社文庫5月刊好評発売中!/『スノウ・エンジェル』                   (河合莞爾 著)究極の違法薬物〈スノウ・エンジェル〉を抹消せよ。全てを捨てた元刑事が孤軍奮闘す!… https://t.co/IYPe13scYH
ShonanSk文庫新刊入荷のお知らせ
Kino_Sendai【文庫】祥伝社文庫5月の新刊発売しました睦月影郎さん『大正浅草ミルクホール』笹沢左保さん『取調室 静かなる死闘』小杉健治さん『容疑者圏外』河合莞爾さん『スノウ・エンジェル』など入荷しています。k.shttps://t.co/09jFfxfJUG
bungei_girl【文庫】スノウ・エンジェル河合莞爾 祥伝社文庫白昼の銀座で薬物中毒の男が41人を殺傷した後、飛び降りて死亡した。現場からは〈スノウ・エンジェル〉と呼ばれる合成ドラッグが発見される。麻薬取締官・水月笙子は、戸籍を捨てた元刑事・… https://t.co/DXfpijYSFO
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)