トップページ > 公募ではない賞一覧 > 日本文学大賞 > 1969年−第1回 日本文学大賞

日本文学大賞

1969年−第1回 日本文学大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本文学大賞(にほんぶんがくたいしょう)は、1968年から1987年まで、新潮文芸振興会が三大新潮賞のひとつとして設けていた文学賞である。

第1回—1969年

受賞

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本文学大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

日本文学大賞関連つぶやき

yomyom_book【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最… https://t.co/4ntpeXvS26
logica_mystery志摩子:文学には芥川賞といった賞があるわね。推理小説にもそういうものはあって、日本には本格ミステリ大賞、江戸川乱歩賞、鮎川哲也賞なんかがあるわ。ああ、勿論、海外にも推理小説の賞はあるわよ。
raisen_bot2_qmaNo.319 次の大沢在昌の小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒パンドラ・アイランド―柴田錬三郎賞、感傷の街角―小説推理新人賞、心では重すぎる―日本冒険小説協会大賞
plz8mrxz甥っ子の弟子の探偵は注意に対する造詣が深く、エッセイ『痩せる川沿い。サツマイモでタラバガニを釣らない月見。』は日本文芸大賞畳文学賞を獲得した。
rna1fun9誰かは掛川に対する造詣が深く、エッセイ『革命するプロバイダー契約』は日本文芸大賞航空管制官文学賞を獲得した。
mushikuwasero「KAGEROU」/水嶋ヒロ 読了日本文学史上に残る「問題作」と言わる作品。実際に読んでみて、これは本当に「問題作」だと実感した。チープな比喩、無理な展開、主題に対する内容の軽薄さ。ポプラ社小説大賞受賞は出来レースだったと… https://t.co/JJ30XpFkJ4
dejiboo1@W_Fei_hung 「天地明察」槇えびしコミック 全9巻完結 (アフタヌーンKC)日本の暦を作った者達の物語です原作は・第31回吉川英治文学新人賞受賞・2010年本屋大賞第1位を受賞した『天地明察(てんちめいさつ)… https://t.co/hDoRDuKFKd
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)