トップページ > 公募ではない賞一覧 > 日本文学大賞 > 1978年−第10回 日本文学大賞

日本文学大賞

1978年−第10回 日本文学大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本文学大賞(にほんぶんがくたいしょう)は、1968年から1987年まで、新潮文芸振興会が三大新潮賞のひとつとして設けていた文学賞である。

第10回—1978年

受賞

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本文学大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.2.24 日本文学研究者ドナルド・キーンさんが死去 96歳

    米国出身の日本文学研究の第一人者で文化勲章受章者のドナルド・キーン氏が24日午前6時21分、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は養子のキーン誠己さん。

日本文学大賞関連つぶやき

h9vnulad誰かは掛川に対する造詣が深く、エッセイ『革命するプロバイダー契約』は日本文芸大賞航空管制官文学賞を獲得した。
rna1fun9甥っ子の弟子の探偵は注意に対する造詣が深く、エッセイ『痩せる川沿い。サツマイモでタラバガニを釣らない月見。』は日本文芸大賞畳文学賞を獲得した。
bookmarkFBみなさま、日本翻訳大賞の推薦締め切りが近づいてきました。日本全国の海外文学好き+その予備軍の方々で盛り上げましょう〜! 小説はもちろん、漫画や評論、詩集ーーー好きな一冊へぜひ。(打ち間違いがあり、再掲です!)推薦はこちら |… https://t.co/MrXYjFpUT5
raisen_bot2_qmaNo.55 次の大沢在昌の小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒新宿鮫―吉川英治文学新人賞、心では重すぎる―日本冒険小説協会大賞、感傷の街角―小説推理新人賞
n4n_t日本ホラー大賞受賞作の肩書き、何より角川ホラー文庫のあの黒い背表紙で敬遠している人も是非読んでほしい作品同時収録「風の古道」も傑作むしろ自分はこちらの方が好み恒川光太郎作品、ひいては幻想文学への入り口にもなり得るクドイ… https://t.co/vtA0JelPAk
raisen_bot_qmaNo.644 次の森見登美彦の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒太陽の塔―日本ファンタジーノベル大賞、夜は短し歩けよ乙女―山本周五郎賞、ペンギン・ハイウェイ―日本SF大賞
shambhalian日本翻訳大賞の一般読者推薦が始まっています。海外文学愛読者である必要は全然ありません。皆さんのアツい推薦文がまた次の読者を呼び込むということも大いにあるので、気に入った作品があればぜひどうぞ! 推薦はこちら https://t.co/C4Zx8lB1CL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)