トップページ > 公募ではない賞一覧 > 日本文学大賞 > 1981年−第13回 日本文学大賞

日本文学大賞

1981年−第13回 日本文学大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本文学大賞(にほんぶんがくたいしょう)は、1968年から1987年まで、新潮文芸振興会が三大新潮賞のひとつとして設けていた文学賞である。

第13回—1981年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本文学大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.2.24 日本文学研究者ドナルド・キーンさんが死去 96歳

    米国出身の日本文学研究の第一人者で文化勲章受章者のドナルド・キーン氏が24日午前6時21分、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は養子のキーン誠己さん。

日本文学大賞関連つぶやき

raisen_bot2_qmaNo.55 次の大沢在昌の小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒新宿鮫―吉川英治文学新人賞、心では重すぎる―日本冒険小説協会大賞、感傷の街角―小説推理新人賞
umibeni154(日経新聞)「宣告」などの小説で知られる作家で精神科医の加賀乙彦(かが・おとひこ、本名=小木貞孝=こぎ・さだたか)さんが1月12日、老衰のため死去した。93歳だった。葬儀は近親者で行った。東京都出身。死刑囚の心理を描き、信仰と人間の救済を見つめた「宣告」で日本文学大賞。
ashita_kaeru『機龍警察(3)』著者:月村 了衛/フクダ イクミ出版社:講談社価格:803日本も、戦場だ!! 吉川英治文学新人賞&日本SF大賞受賞の大河警察小説シリーズ、この国の未来を予見する必読コミカライズ!!https://t.co/f1Nch8CASE
s_kitami加賀乙彦さん死去 作家・精神科医、代表作「宣告」: 日本経済新聞 https://t.co/yk7rwGZOmD 死刑囚の心理を描き、信仰と人間の救済を見つめた「宣告」で日本文学大賞、「帰らざる夏」で谷崎潤一郎賞、自伝的な大河小説「永遠の都」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。
fuminyan13@shigekujira @astrocurio1 そうですね…松岡正剛さん工作舎あたりで取り上げられるようになり、日本文学大賞受賞で一気にブーム?が再燃しましたね!ただ、結婚される以前の「横寺町日記」などの私小説も魅かれるも… https://t.co/zvLTV08bup
consabaおくやみ:加賀乙彦さん死去 陸軍幼年学校在学中に敗戦を迎え、戦後、東京大医学部を卒業。東京拘置所医務部技官などを経て、1967年に「フランドルの冬」刊行。「宣告」で日本文学大賞、「帰らざる夏」で谷崎潤一郎賞、「永遠の都」で芸術選奨… https://t.co/KvpPJpHIMl
Infoseeknews【訃報】「宣告」で日本文学大賞 https://t.co/0N2jgebZxq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)