トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村山由佳 > ダブル・ファンタジー

ダブル・ファンタジー(村山由佳)

ダブル・ファンタジー(著者:村山由佳)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:W/F ダブル・ファンタジー
  • 著者:村山 由佳
  • ページ数:496
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163275304
  • ISBN-13:9784163275307

村山由佳新刊

  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    晴れときどき猫背 そして、もみじへ
  • 発売日
    2019年3月26日
  • 書名
    もみじの言いぶん
  • 発売日
    2019年3月8日
  • 書名
    もの書く人のかたわらには、いつも猫がいた: NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。 (NHKネコメンタリー 猫も、杓子も。)

ダブル・ファンタジー関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.5.7 【今週はこれを読め! SF編】間近にあるディストピア、奪われた声をいかに取り戻すか

    舞台は近未来のアメリカ。いや、近未来というよりも、現代というべきだろう。ここに描かれた事態は、アメリカでまさに進行中の悪夢だ。保守化、パターナリズム、押しつけの道徳、差別の正当化。

  • 2019.2.12 【今週はこれを読め! SF編】幻想への航海、宙づりのままに残る謎

    カール・エドワード・ワグナーが「LSDでぶっとんだメルヴィルが書いた『宝島』」と評した奇書である。ただし、表面的な筋を追うぶんには、ストレートな海洋幻想譚にすぎない。重要なのは、物語の向こう側にある何かだ。

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

村山由佳のその他受賞歴(候補含む)

ダブル・ファンタジー関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1853blackダブル・ファンタジー村山由佳大人の恋愛?主人公の奈津は自由を求めて結婚生活を捨てる。そして様々な男たちと逢瀬を重ねる。奈津は幸せになれなさそう。彼女は夢を見過ぎる。ファンタジーの世界の住人だ。… https://t.co/pB32WBBj4W
1life_5106_hshd裏垢でも言ったけど村山由佳さんのダブル・ファンタジーがめちゃくちゃ好みでツボすぎて久しぶりに読み終えたくない気持ち。
satocchi120【ミルク・アンド・ハニー/村山 由佳】著者の新境地で話題を呼んだ「ダブル・ファンタジー」から9年、あの奈津が戻ってきた。抑圧された結婚生活から、奔放な性の世界に飛び込んだ奈津、本作はそのたどり着… → https://t.co/Pe2OQXn6BW #bookmeter
Shiro_Nazumiカミさんがおいらの本棚から村山由佳@yukamurayama710 さんの『ダブル・ファンタジー』を手に取って読んでる。きっかけは何であれ、おいらの大好きな作家の本を読んでくれるのは嬉しい。ま、『天使の卵』から順番に村山作品の素晴… https://t.co/0rBTyxwgWH
tako877「俺はさ、べつにいいんじゃないかと思うんだよ。さっきお前が原稿をもとに具体的にダブル・ファンタジー 下/村山由佳
AhokaMurakame2若い頃、村山由佳の著書はエッセイも含めて全て読んでいて、なんなら全て所有していたのだが年齢が上がるにつれて言葉が刺さりすぎて読む度に病むから次第に読めなくなったんよな‥‥でもダブル・ファンタジーの続編は気になるわけでw
run4481@lHYb5hWllMSp92 気に入った作者がいると、集中的に読んでますw石田衣良、花房観音、村山由佳が好きかなーミーハーだけどw村山由佳のダブルファンタジーはめっちゃ好き
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)