トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村山由佳

村山由佳

村山由佳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村山 由佳(むらやま ゆか、1964年(昭和39年)7月10日 - )は、日本の作家。恋愛小説を得意とする。
東京都出身。立教女学院小・中・高を経て、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社勤務、塾講師などを経験したあと、作家デビュー。『星々の舟』は第129回(2003年上半期)直木賞を受賞した。長らく千葉県鴨川市に住んでいたが、2007年(平成19年)に、離婚して東京に移住したのち、2009年(平成21年)に再婚した(2014年に離婚)。同じころ、体に3か所に刺青を入れた。2010年(平成22年)に軽井沢へ移った。
『天使の卵-エンジェルス・エッグ』、『おいしいコーヒーのいれ方』はNHK-FM、青春アドベンチャー枠でラジオドラマ化された。また、1999年に『きみのためにできること Peace of mind』が『きみのためにできること』のタイトルで日活で、2006年に『天使の卵-エンジェルス・エッグ』が『天使の卵』のタイトルで松竹で映画化された。
母親が認知症になり村山の小説が読めなくなったことをきっかけに、 2011年に母との長年の葛藤を描いた自伝的小説『放蕩記』を刊行した。

村山由佳新刊

  • 発売日
    2019年6月11日
  • 書名
    はがきの名文コンクール 第4回優秀作品集
  • 発売日
    2019年5月29日
  • 書名
    晴れときどき猫背 そして、もみじへ (ホーム社)
  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    晴れときどき猫背 そして、もみじへ

受賞歴

村山由佳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村山由佳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1731togl1年前の今日渡辺淳一文学館で、村山由佳さんの講演会がありました。あれからもう1年。一緒に写真撮っていただいて、サインいただいて…早いなあ~時のたつのは…
mint130408村山由佳さん『まつらひ』神事である祭り。その非日常と、日常の中にある情愛の話。嫌悪感の募りそうな話でも、なぜだかするすると読まされる村山マジック。幻想的な祭りの世界観の中にすっぽりと取り込まれ、熱に浮かされるように読了。#読了… https://t.co/VHCPvQZDkB
novel_story_bot曲がりなりにもプロと名乗るなら、<三十五か、女性がいちばん魅力的な年齢だね>さらりとそう言ってのけるくらいの芸当ができないものか。たとえばそれが、四十三でも、五十八でも、九十四だとしても。【ダブル・ファンタジー/村山由佳】
haru35525859村山由佳さんの【美味しいコーヒーの入れ方】シリーズ。ヒロインのかれんの声を、主人公のショーリが『アルト』と表現するところが堪らなく好き。好きな人の声って特別に響くし、よく覚えてる。最近は大音量のソプラノとテノールしか聞く… https://t.co/UQcwXkXywZ
je_te_veux_私が男に望むことは少ししかない.ふだんはどんなに勝手なことをしてもいいから,私といる時は私のほうを見ていて欲しい.いくら新鮮味が薄れたからって空気みたいに扱うんじゃなく,一緒に過ごす時くらいは言葉で,仕草で,ちゃんとかまって欲しい.それだけ/村山由佳(ADULTEDUCATION
kinrough<50%オフ・691円セール>「風は西から」村山由佳 (著)過労自死———。決して、彼が弱かったのではない。では、なぜ、彼は死ななければならなかったのか?答えを探して、大企業を相手にした戦いが始まる。… https://t.co/Hyq5GLQgfO
hstrynobuo1297昔読んだ小説を思い出し、心に潤いが生まれました。浪人~大学卒業まで村山由佳さんの作品を読んでたんですよ。おいしいコーヒーの入れ方シリーズ、天使の卵シリーズなど。個人的には『天使の梯子』が好き。前作の『天使の卵』を読んでからをおすすめします。#村山由佳#天使の卵#天使の梯子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村山由佳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)