トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 冲方丁 > マルドゥック・ヴェロシティ

マルドゥック・ヴェロシティ(冲方丁)

マルドゥック・ヴェロシティ(著者:冲方丁)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:マルドゥック・ヴェロシティ〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
  • 著者:冲方 丁
  • ページ数:345
  • 出版社:早川書房
  • ISBN-10:4150308691
  • ISBN-13:9784150308698

マルドゥック・ヴェロシティ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

冲方丁のその他受賞歴(候補含む)

マルドゥック・ヴェロシティ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

be_w_ing冲方丁のマルドゥック各種と、円城塔のエピローグ、森博嗣Vシリーズを数冊あとはギリギリ着られる春服と和服用の草履
chinn_chikurinn同じ作者冲方丁のマルドゥックスクランブルしか読んでないけど。マルドゥックは普通に悪党捕まって終わりで物足りない感じがあったけど(悪党あっけなく負けるので)よかったと思う。っていうか悪と法治と科学調査が得意な作家さんなんだろうか。もしかして法による裁きとリンチの違いなのか?>RT
kaedeofkoリプでお名前上がってるけど、まじで冲方丁の描写力ってエゲツないんだよな。ずーっと思ってるけど、マルドゥックのカジノシーンは全ての人に読んでもらいたい。確かあとがきで著者ご本人もゾーンみたいな状態でガーッと書いて、書き終わった後に吐いたみたいな話をしてた気がするし、あれは神業だよ
thousand_glory冲方丁の言葉遊びやら対比構造やらの辻褄合わせは本当に目を見張るものがあるよね数え方の発想もだけど、マルドゥックとか天地明察でも発揮されてた記憶があるし、感動したわ
hamlet8686ただいま帰ってきました〜
haneee07冲方丁先生のマルドゥックとかアクションの描写が結構長めなところも好きなんだけど、冲方先生の時代小説の剣樹抄もやっぱり刀で戦う時のアクションシーンは短い気がするので(時代小説の中での)刀での戦いがそもそもそういうものとして描かれがちなのかな
makioono本日の購入本。チャーリー・ジェーン・アンダーズ『永遠の真夜中の都市』、冲方丁『マルドゥック・アノニマス7』。『永遠~』は『空のあらゆる鳥を』の作者による本格SF。ローカス賞SF長編部門の受賞作です。『マルドゥック』は7冊目。これま… https://t.co/aoqteZfzz8
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)