トップページ > 公募新人賞一覧 > アガサ・クリスティー賞

アガサ・クリスティー賞

アガサ・クリスティー賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

アガサ・クリスティー賞(アガサ・クリスティーしょう)は、株式会社早川書房と公益財団法人早川清文学振興財団が主宰する長編推理小説の公募新人賞。イギリスの推理作家で「ミステリの女王」と呼ばれるアガサ・クリスティー(1890年 - 1976年)の生誕120周年を記念したもので、英国アガサ・クリスティー社の協力のもと、2010年に新設された。
400字詰め原稿用紙換算で400枚から800枚の、日本語で書かれた未発表の推理小説を募集する。受賞者にはアガサ・クリスティーにちなんだ賞牌と、副賞の賞金100万円が与えられる。

第2回2012年

第1回2011年(応募総数:107)

アガサ・クリスティー賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

アガサ・クリスティー賞関連つぶやき

zakamatsuvジュンク堂で買ってきた書籍積んでみた(・∀・)
blue_airship西式豊『そして、よみがえる世界。』(第12回アガサ・クリスティー賞受賞作)を読み終えた。中盤以降は①「そうか、作者はこれがやりたかったのか」と大いに納得させられる事態が発生、②そのあと過去に飛んで「何がどうしてこうなったのか」とい… https://t.co/QXi7NolBU5
0426motegi2022年11月29日、埼玉県日高市立図書館で借りた最新刊本! 西式豊著「そして、よみがえる世界」2022年11月25日発行。早川書房。第12回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作。視覚と記憶を失った少女。その“世界”はどこに?仮想と… https://t.co/EI4Aq68YMC
shishibo2書泉ブックタワー2F 文芸 単行本第12回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作「そして、よみがえる世界」仮想と現実のはざまで少女を翻弄する幻影の、その驚愕の正体とは!#書泉ブックタワー #西式豊 #アガサ・クリスティー賞… https://t.co/ntmOghUqVe
welle_design『そして、よみがえる世界。』西式豊(早川書房)、見本いただきました。ありがとうございます。装画は大宮いおさん。SF感と同時にミステリ感を重視した装画。第12回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作ということで、王道感を意識したデザイン… https://t.co/RbKh7VJqJF
kaspar_63ナイス 【そして、よみがえる世界。/西式 豊】アガサ・クリスティー賞受賞作。メタバースを題材にSF展開を持ってきつつミステリで切り込んでいく。これは一体どういう話なんだろうかと読み進めていくと、… → https://t.co/cZxCQWfNit #bookmeter
siyun_bookloverアガサ・クリスティー賞殺人事件 三沢陽一 早川書房読了探偵いるところに殺人事件ありとはよく言うが、小説家のいるところに殺人事件ありとも言えるよな!という作品。複数話が入ってるミステリーで、ラストが表題作。有栖川有栖先生ファン… https://t.co/TbZeUJQMGR
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)